Let’s note CF-J10を改良でメモリ16G、無線11ac、Bluetoothも可能に! | スーのページ

Let’s note CF-J10を改良でメモリ16G、無線11ac、Bluetoothも可能に!

7年前に買ったノートパソコン(パナソニックのレッツノート CF-J10)を使っています、スーです。

写真

このノートパソコンを旅にも持っていくし、家でも使っています。
2年前、あまりにも動作が遅いと感じ、ハードディスクをSSDに交換してからは、普通に快適に使っています(>▽<)
Let’s note CF-J10 Windows7のHDDをSSDに交換したら早くなって感動!

さて、それでも満足だったんですが、今回、他にもパワーアップしました!
レッツノート CF-J10を使っている人の参考になれば幸いです♪

今回の改良点

・メモリを8G→16Gのデュアルチャンネル
・無線LANのカードを交換して、高速通信11ac対応
・念願のbluetooth対応

いやー、まさか長年使ってきたレッツがこんなに簡単にパワーアップできる機種とは知りませんでした!
実は、モデルの違うJ10を2台持っているので、その違いについても触れていきます。
2011年購入:CF-J10PYAHR(メモリ2G、HDD160Gモデル)
2012年購入:CF-J10TYAHR(メモリ4G、HDD250Gモデル)

メモリを入れる

写真

デュアルチャンネルにするため、8GBのメモリ2枚セットを買いました☆
シリコンパワー ノートPC用メモリ DDR3 1600 PC3-12800 8GB×2枚 204Pin 9350円

J10のメモリは、「DDR3-1066/1333/1600」 SO-DIMM 204pinのどれでも動作するようです。

まず、メモリを増設する通常の方法で、1つ入れます。

写真

裏のここのネジを外してフタを開けます。

写真

両端のステンレスのツメを外側へ動かすと、メモリが外れます。
私は4Gのメモリを入れていたので、これを外し、8Gのメモリに交換しました。

ここまでは、説明書にも書かれているサポートの範囲で、誰でも簡単にできます☆

次からは、サポート対象外になります!

J10を分解する

では、J10を分解していきまーす!
※実は、この記事を書く前に、10回以上分解して、色々交換したりチェックしたりしましたよ…(^^ヾ

作業前は、近くの壁や木、紙などに触って静電気を逃がしておきましょう。

パソコンの電源を切り、コンセント、USB接続類などを外します。

写真

バッテリーパックを外します。

写真

ドライバーでネジを外します。

写真

金具を左にスライドさせて取ります。
ここまでは、HDDをSSDに交換した時の手順と同じです。
Let’s note CF-J10 Windows7のHDDをSSDに交換したら早くなって感動!

SSD(HDD)は、データ消失など、心配なら取り外してもいいですが、取り外さなくても大丈夫かも。(私は初めての分解の時だけ取り外し、その後はつけっぱなしのまま作業してますが、問題ないです。)

写真

赤丸の、全部で17箇所のネジを外します。

写真

ネジには長いの、短いの、中くらいの、とあるので、場所を間違えないように、写真のように並べておくと分かりやすいです。

写真

パソコンを表にし、右下にあるカバーを下にスライドさせて外します。
5ミリほど下に動いたら、カパッと取るような感じ。

写真

左上から、キーボード、ホイールパッド、右上はスピーカーの端子です。

写真
写真

スピーカー端子は、白い部分を左に動かして外します。
※コードを引っ張らないように! 白い部分を爪などにひっかけて外します。

写真
写真
写真

キーボード端子は、白い部分を右に動かします。
右に2ミリほど動いたら、フラットケーブルをそっと外します。

ホイールパッド端子は、黒い部分を右に動かします。
右に1ミリほど動いたら、フラットケーブルをそっと外します。
※私は、爪でカキッとやっていますが(笑)、ドライバーやピンセットなどでやるといいかな?

写真

キーボードケーブルの下のネジを、2箇所外します。

これで、キーボードの部分をそっと上げれば、キーボードが外れます。

簡単に外れない場合は、全部のネジが外れていないので、もう一度確認!絶対に無理に外そうとしないで下さい。

写真

キーボードの裏側。
とりあえず関係ないので、横に置いておきます。

写真

こちらが中身。
J10の中はこんな風になっていたんですね~(>▽<)

「電源スイッチ」と「無線切替スイッチ」は、外れやすくて無くしやすいので、気をつけて!
※外れてしまった場合は、各スイッチのツメがきちんと噛むように戻してね。

初めて開けると、埃だらけで汚いと思うので、私は掃除機で吸って綺麗にしました!

メモリを交換して16Gにする

写真

CF-J10TYAHRには、なんと韓国製のメモリ(4G)が入っていました!!
※CF-J10PYAHRの方は、日本製のメモリ(2G)でした。

黒いテープをペリペリと剥がします。
写真

両端のステンレスのツメを外側へ動かすと、メモリが外れます。

写真

メモリ2枚組みのもう1枚(シリコンパワーのメモリ8GB DDR3-1600 CL11)を入れました。
これで、デュアルチャンネルです(>▽<)

無線LANカードを交換して11ac対応にする

写真

J10に使われている無線LANカードは、「インテル Centrino Advanced-N + WiMAX 6250」で、300Mbps 802.11a/b/g/n + Wimaxですが、これを交換します。

WiMAXは必要ないし、高速通信の11acに対応していません。

写真

テープをペリペリ剥がし、黒と白のコードを真上に引いて外します。

写真

コードが外れたら、両端のネジを外し、無線LANカードの交換をします。
新しく取り付けたカードは、「インテル Dual Band Wireless-AC 7260」で、867 Mbps 802.11ac/a/b/g/n + Bluetooth 4.0です。2800円

これで11acに対応し、bluetoothも使えるようになるハズ。

ドライバーをインテルのホームページからダウンローしてインストールすれば、新しい無線LANカードが使えるようになります♪(wifiとbluetoothの2種類のドライバが必要です。)
インテル® Dual Band Wireless-AC 7260 用のダウンロード

既に別のbluetoothドライバがインストールされている場合、古いドライバを削除しないと、機能しないようです。

bluetoothは、J10のモデルによる!?

なんと、bluetoothの機能は、J10のモデルによって機能するものとしないものがあるようです(>_<)
私が持っている2台に取り付けた結果、
2011年購入:CF-J10PYAHR(メモリ2G、HDD160Gモデル)は、何もしなくてもbluetoothが使えるようになりました。が、
2012年購入:CF-J10TYAHR(メモリ4G、HDD250Gモデル)は、何をしてもbluetoothが使えません。。(51pinマスク、ドライバのアンインストールをやっても駄目。)

ということで、11ac対応になっただけでも良しとし、CF-J10TYAHRの方は、bluetoothアダプタを使いました。
TP-Link Bluetooth4.0 USBアダプタ 980円(Win7で動作OK)
写真

元に戻す

さて、メモリや無線LANカードなどの交換が無事にできたら、分解した時とは逆順に元に戻していきます。

上でも触れた、「電源スイッチ」と「無線切替スイッチ」が、いつの間にか取れている場合があるので、キーボードをはめる前に確認しましょう(^^;

そして、電源を入れてみます。

チェックする

写真

メモリが16GBになりました~!ワーイワーイ!(>▽<)
※「コンピューター」を右クリック→「プロパティ」で確認

写真

リンク速度も866Mbps出ています!ワーイワーイ!(>▽<)
※「コントロールパネル」→「ネットワークと共有センター」→「接続」で確認

J10のパワーアップ完了

HDD→SSD
・メモリ→16GB
・Wifi→11ac対応
・Bluetooth→対応

これで更に快適にレッツノートが使えるようになりました☆
皆でレッツノートCF-J10を末永く使っていきましょう(>▽<)


Amazonのちょっとお得情報 1件

【2019年4月9日~終了日未定】3ヶ月音楽聴き放題!
Amazon Music Unlimited」が、無料でなんと90日間お試し可能!
6500万曲以上が、90日間も音楽聴き放題なんて!(>▽<)

【条件】まず、amazonから楽曲をダウンロード(無料~)し、それからAmazon Music Unlimited(月額)の無料体験に申し込むこと。
【対象者】登録画面「30日間無料体験を始める」と表示される方。
【対象かどうかの確認】登録画面の個人プラン表示の下に「90日間0円」と表示されていること。
【新規登録限定】MP3ダウンロードでAmazon Music Unlimitedが 90日間お試し可能
無料~の楽曲はコチラ!→「無料&スペシャル・プライス」
Amazon Music Unlimitedの申し込みはコチラ!
※退会・解約は「Amazon Musicの設定」→「会員登録をキャンセルする」で、いつでも可能です♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【楽天市場】ランキング市場 【惣菜】

楽天ウェブサービスセンター