県別コロナウィルス病床数

Kindle for PCで洋書をDeepL翻訳を使ってスラスラ読む方法

数秘術にハマり、日本の本では飽き足らず、洋書にまで手を広げました、スーです。

さて、洋書と言っても、紙の本を買ったら読むのに超時間かかってヤル気消失したので、Google PlayやKindleで電子書籍を買いました。

スマホのアプリで洋書を読むと「翻訳」機能があるのに、パソコンの「Kindle for PC」で読むと「翻訳」がない!?(>△<)

なので、仕方なくいちいちコピーして翻訳にかけてたら、途中で制限がかかったので、方法を模索した結果、こんな方法がありました。

ここではKindle for PCでの例を書いていますが、画面に映るものならなんでも翻訳できる(一部を除く)ので、Google Playブックス、PDFやスキャン画像、写真も可能だよ!(>▽<)

※Koboは、通常は無理ですが、「kobo スクショ」等で検索すると、何か分かるかもね。

Kindle for PCのコピーには制限がある

Play ブックスもKindleも、スマホのアプリには、「翻訳」があるけれど、小さい画面でちまちま選択して翻訳にかけるのが面倒。

なので、パソコンの「Kindle for PC」でざっと選択して「コピー」→DeepL翻訳→そして読む、ということを1ページずつやっていたんですよ。

ところが、12%読んだところで、こんななった。

Kindle for PCのコピーには制限がある

「出版社がこのタイトルに設定したコピー制限に達しました。」

えええー!(>△<)

翻訳機能がないから、コピーして翻訳にかけてるのに、だったら翻訳機能つけてよっ(>△<)

ということで、通常の方法ではもうコピーできなくなったので、何とかいい方法はないのかと探し、それで見つけた方法です。
結果的に、逆に楽になりました!(>▽<)

準備:翻訳を楽にするためのソフト等をインストールする

それでは手順を説明します。

インストールするものは3つ。

  • Windows向けのDeepLアプリ
  • 翻訳支援ツールPCOT
  • Windows言語パック「英語(米国)」の追加

では、順番に説明していきます。

DeepLアプリをインストール

google翻訳だけでいい人は必要ありませんが、DeepL翻訳の方が自然な日本語なのでオススメ!

ここからダウンロードWindowsとmacOSへDeepLを組み込む

ファイルをダウンロードし、インストールします。

翻訳支援ツールPCOTをインストール

画面に映るもの(多言語対応、フルスクリーン以外)を何でもOCRで読み取って翻訳してくれる翻訳支援ツール「PCOTピコット」です。

ここからダウンロードヌルポインターストライク

ファイルをダウンロードし、解凍しておきます。

このPCOTは、主にゲームの画面の英語翻訳に使われているみたいですが、画面に映るもの何でも翻訳してくれるので、Kindle for PCにも使える!!(>▽<)

Windowsシステム言語「英語(米国)」を追加する

OCRの読み込み用に、最初から使える「Tesseract OCR」よりも、精度の良い「Windows10 OCR」を利用するため、システム言語を追加します。

Windows言語パック「英語(米国)」の追加

デスクトップ左下の検索窓に「言語」と入力し、上に出てきた「言語の設定」をクリックして開く。

Windows言語パック「英語(米国)」の追加

「言語の追加」をクリック。

Windows言語パック「英語(米国)」の追加

「英語(米国)」を選択し、次へ。

Windows言語パック「英語(米国)」の追加

オプションを選択し、インストール。

Windows言語パック「英語(米国)」の追加

ダウンロード~インストールとしばらく待ち、追加完了。

Kindle for PCで洋書をDeepL翻訳を使ってスラスラ読む

Kindle for PCで洋書をDeepL翻訳を使ってスラスラ読む

下準備が済んだら、Kindle for PCを立ち上げ、読みたい洋書を開いておきます。
ここでは、2021/1/1に著作権の切れた「The Great Gatsby(華麗なるギャッツビー)」を例に使用します。

PCOTを起動する

PCOTを起動する

解凍したPCOTフォルダの中の、「PCOT.exe」をクリックで起動。

「【必読】りどみ.txt」は、マナーとして目を通しておきましょう。

PCOTを起動する

プログラム一覧から「Kindle for PC」を選択。

もし一覧になかったら、一度Kindle for PCを再起動し、左下の「リスト更新」をクリックすれば、一覧に出るハズ。ただし、「最小化」ボタンでKindleを最小化していた場合は一覧に出ない場合があるので、画面に出した状態が吉。

PCOTの設定をする

快適に読む為の設定をします。

システム設定

PCOTの設定をする

「設定」→「システム設定」

PCOTの設定をする

「ショートカット使用」を選び、「ショートカット設定」をクリック。

PCOTの設定をする

「ショートカット設定」で、自分の使いやすいように変更できます。

とりあえず、Kindleで洋書を読むのに利用するのは、この3つ。

  • 翻訳ボタン
  • フリー選択
  • 連続翻訳有効/無効

頻繁に利用する、「翻訳ボタン」と「フリー選択」は、Ctrlのみが楽。

「連続翻訳」は、ページがまたがった時に、前の文章に続けて翻訳するかどうかの機能。

PCOTの設定をする

ショートカットは、アルファベットの青い部分は、右クリックで他のキーに変更可能。

なので、分かりやすいように、「連続翻訳有効/無効」をCtrl + Rに変更しました。(れんぞくのR)

PCOTの設定をする

  • 翻訳ボタン Ctrl + 0
  • フリー選択 Ctrl + F
  • 連続翻訳有効/無効 Ctrl + R

のように、ショートカットを設定して、「閉じる」

PCOTの設定をする

設定が済んだので、「確定」をクリック。

OCR読取設定

OCR読取設定

「設定」→「画像加工&OCR読取設定」

OCR読取設定

下の方にある、「使用OCRエンジン」を「Windows10 OCR」にし、「保存」

右上の×(閉じる)ボタンをクリックして、ウィンドウを閉じる。

改行詳細設定

改行詳細設定

「設定」→「改行詳細設定」

改行詳細設定

好みにより、
「1行開けて改行」「字下げスペースを挿入」
どちらか、または両方にチェックを入れる。

とりあえず、例として、ここでは両方にチェックします。

チェックを入れない場合、字下げや段落の改行がされず、文が繋がった状態になります。また、字下げは半角スペース4つ分。

行末改行文字は、一般的な「.!?:;”‘」に初期設定されていますが、自分で追加や削除が可能。
まぁ、普通はコレで充分なので、「確定」

DeepLと連携する

DeepLと連携

メイン画面中央の、「DeepLと連携」で翻訳が連携できます。

チェックは、同時にDeepL翻訳
■は、上部ウィンドウの英文を右クリックするとDeepL翻訳

PCOTを使って翻訳する

さて、いよいよ翻訳して読みますよ~!

PCOTを使って翻訳する

開いておいたKindle for PCの画面を開きます。

PCOTを使って翻訳する

まずは、翻訳する範囲をCtrl + Fで、「フリー選択」します。

暗い画面になるので、本の範囲をマウスでドラッグして指定。
すると、PCOTが開きます。

この「フリー選択」の範囲は、次のページへ進んでも同じ範囲を記憶してくれているので、ページ全体を選択しておくと楽。

PCOTを使って翻訳する

上に英文、下に翻訳が出ました!!

一番最初の翻訳時のみ、少し遅かったり、DeepL翻訳がされない場合があります

PCOTを使って翻訳する

と、少し遅れて「DeepL」の画面でも翻訳されました!(>▽<)

Google翻訳と比べると、DeepLの読みやすさは歴然(^^;

ちなみに、この読み取った英文は、クリップボードにコピーされているので、Ctrl + V で、エディタ等に貼り付けできます♪

文章を修正する

文章を修正する

洋書にありがちな、章の最初の文字が大きいため、「In my younger」が「n my younger」となり、「I」が読み込まれていません。

また、「,’」が、「;」になっていて、文章が少しおかしくなっています。

文章を修正する

英文を自分で修正し、「即時翻訳」をクリック。

すると、正しい英文になり、翻訳内容も変わりました。

※Google翻訳、ダメすぎる..(^^; だからDeepLがないと理解できない。。

連続翻訳する

1ページの文章が、次のページへまたがっているので、最後は訳文が中断されてしまいました。
なので、次のページも続けて翻訳します。

連続翻訳する

Ctrl + R で、連続翻訳モードにします。

タイトルバーに、「連続翻訳」の表示が出ます。

※解除する時も、同じCtrl + R

連続翻訳する

Kindleを次のページへ進ませます。

最初にフリー選択した範囲は記憶されているので、選択範囲が変わらなければ、Ctrl + 0 で即時翻訳されます。(これが凄く便利!)
※選択範囲が変わる場合は、再度Ctrl + Fでフリー選択する。

連続翻訳する

次のページの文章が、1ページ目に続いて読み込まれました。

同時に、翻訳の文章も繋がります。

ただし、無料版のDeepLは5000文字までなので、キリの良いところで切らないと。長い文章だと時間もかかるしね(^^;

DeepL翻訳のみにする

Google翻訳だけでいい場合は、「DeepLと連携」のチェックを外せばいいだけですが、逆にDeepL翻訳だけ使いたい場合。

DeepLのみにする

「設定」→「翻訳機能を無効」

これで、DeepLのみで翻訳がされます。

以上で、Kindle for PCをDeepLで翻訳して簡単に読むことができるようになりました☆

ポピュラー・ハイライトは消しておく

ハイライトした人数は消しておく

本文中に、他の人がハイライトした点線で表示される部分は、うまくOCRで読み込めないので、Kindleの設定で消しておきます。

「ツール」→「オプション」→「注釈」→「ポピュラー・ハイライト」

PCOTを終了する

PCOTを終了する

翻訳を終了する場合は、右下の「PCOTを終了」をクリックして終了。

普通に右上の×でウィンドウを閉じただけでは、終了しないので注意。

次回のための応用:タイトル設定する

以上で、ひととおりの手順が分かりました。

が、毎回フリー選択しなくても、翻訳範囲を設定保存しておける「タイトル設定」が便利!

この機能は、次にKindle for PCで洋書の続きを読む場合に便利ですが、Kindleのウィンドウが同じサイズの場合に限ります。(普通は最大化状態で読むから大丈夫よね?)

タイトル設定する

「タイトル設定」をクリックし、「固定翻訳タイトル設定」を開く。

適当な名前をつけて、「新規作成」

タイトル設定する

フリー選択の時と同じように、本の範囲をマウスでドラッグして指定。

タイトル設定する

選択した範囲がPCOTで翻訳され、画面左上に、先ほど設定した名前が表示されました。

これで、翻訳範囲が記憶設定され、次回KindleとPCOTを使う時、Ctrl + 0 のみで翻訳されちゃいます! ラク~(>▽<)

この「タイトル設定」は、ゲーム画面用に複数個所設定できる機能で、「ショートカット設定」の「固定翻訳1~9」に対応しています。
が、Kindleでは1つで足りる(よね?)ので、「翻訳ボタン」のCtrl + 0か、「固定翻訳1」のCtrl + Shift + 1が対応することになります。

翻訳してスラスラ読む手順まとめ

※このショートカットは、初期設定から変更したものです。

  1. フリー選択 Ctrl + F で、読み込む範囲を設定する
  2. 翻訳を読み、おかしな英文は修正し、「即時翻訳」をクリックする
  3. 文章が2ページにわたる場合は、Ctrl + R で、「連続翻訳」モードにする
  4. 次のページへ行き、Ctrl + 0 で、翻訳する
  5. エディタ等に貼り付けたい場合は、Ctrl + V で、クリップボードからペーストする
  6. 終了時は、右下の「PCOTを終了」で終了

Kindle for PCで洋書をDeepL翻訳を使ってスラスラ読む方法

どーですか!? PCOT凄い便利ですよね!!(>▽<)

これで洋書をかなりスラスラ読めるようになりました☆

PCOTの作者、ぬるっぽさんに感謝です!!

Kindle for PCで洋書をDeepL翻訳を使ってスラスラ読みたい方は、参考にしてね☆

スーパソ 目次一覧

楽天市場:英語

楽天ウェブサービスセンター

人気の記事

スマホのGoogleカレンダーに過去の予定が表示されない場合の対処法
Kindle for PCで洋書をDeepL翻訳を使ってスラスラ読む方法
冬が寒すぎる!室内用テントを自作してみたら9度も暖かい!!
ダイソーのマッサージグッズが凄くいい!すっきりバーは神レベル!
布とミシンで手帳型スマホケースの作り方 画面の傷も防止
アマゾンで注文 China postが遅すぎる! が、無事に到着
便利☆Windows10で、Androidスマホの画面をPCの画面にミラーリング
Bluetoothリモコンで電子書籍のページ送りが楽!
全治1か月?病院でレントゲンを撮って薬をもらってきたよ
スーめも
全治1か月?病院でレントゲンを撮って薬をもらってきたよ
2021.11.26
階段を上から10段落ちて寝たきり生活。経過や状態、使用した薬など
スーめも
階段を上から10段落ちて寝たきり生活。経過や状態、使用した薬など
2021.11.23
【作り方】布とミシンで猫のベッドを自作★猫が体を伸ばせるニャ
スーレポ
【作り方】布とミシンで猫のベッドを自作★猫が体を伸ばせるニャ
2021.11.07
6か月のオスの子猫を去勢したよ。去勢の料金とその後の様子
スーめも
6か月のオスの子猫を去勢したよ。去勢の料金とその後の様子
2021.10.26
もっと新着記事を見る

コメント

  1. いお より:

    はじめまして!『kindleとdeeplが連携できたらいいのに…』という検索ワードから辿り着き、非常に助かりました。私も同じくいちいちコピペしていたら制限に引っ掛かり、フラッシュカード機能からならコピーできるという記事を参考にしていたところでした。すばらしい記事をありがとうございます。

    • スー より:

      いおさん、初めまして^^
      私も最初いろいろ検索しましたが、コレという方法が見つからなかったので、この記事を書きました(^^ヾ
      お役に立てて良かったです☆

タイトルとURLをコピーしました