自撮り棒がいい!三脚付セルフィースティックが旅行で欠かせなくなった | スーの海外旅行記

自撮り棒がいい!三脚付セルフィースティックが旅行で欠かせなくなった

写真

ホテルのプールサイドから、セルフィースティックで自撮りです、スーです。
と言っても、昔は観光地でも、あんまり自分が写った写真を撮らなかったんですよ。
しかし、最近は化粧もして(笑)、服もそれなりに着て、写真を撮ってブログに載せるまでに成長しました!
小汚かった私がそうなったのは、全て旅中に出会った色々な人のアドバイスのお陰であります(>▽<)
その話はまた機会があれば書くとして、今回は「自撮り棒」こと「セルフィースティック」が旅に欠かせなくなったお話です☆

自分で撮る利点

セルフィースティックがあると、こんなに便利!

写真

・人に頼まなくていい
・自分の好きな構図で撮れる
・自分の表情が確認できる
・友達と一緒に撮れる

今まで、人に頼んで撮ってもらうと、なんか斜めになってたり、肝心の対象物が半分写っていなかったり、表情が微妙で半目だったり…したのが、自分の納得した状態で撮れる!

そして、友達と一緒の時、アップでしか撮れなかったのが、引いた状態で撮れるのもいいっ!
はい、では順に紹介していきますよ~。

セルフィースティック(自撮り棒)の詳細

写真


これが、私が使っている自撮り棒です。
「Yunteng」という中国のメーカーの型番「YT-9928」
私はタイで買いましたが、全く同じ物が楽天にありました(^^ヾ

写真

スマホをセットした状態。
【スマホ】Huawei P30 Proのカメラは広角&夜も綺麗で旅行にベスト

写真

スマホをつけず、折りたたんだ状態。
20x6cm、少々ゴツめですが、カバンには入るサイズ。
(私はスマホをセットした状態でカバンに入れています。)

写真

重さは230g
少々重いですが、その分しっかりしています。

写真

Bluetoothリモコンがあり、取り外し可能で凄く便利!
※ただし一部の機種を除き、ズーム機能は使えません。。

写真

リモコンはMicroUSBの充電式なのも便利♪

写真

三脚があるので、立つのも便利!

写真

高さは100cmまで伸びる!

写真

スマホの角度は、360度自由に変えられるのも便利!

セルフィースティックがなかった頃

自撮り棒がなかった頃は、手を伸ばすだけなので、ポートレートのような写真しか撮れませんでした。
写真写真写真

上半身を撮るのが精一杯だった頃。
が、三脚&リモコン付セルフィースティックを手に入れたことで、写真の幅が広がりました!

実際にはこんな感じ

セルフィースティックは、実際にはこんな感じで使っています。

写真

京都の八坂神社にて。
私が自撮りしている所を撮ってもらいました(笑)

写真

そして、実際に撮った写真がコレ。

スティックを伸ばし、やや下側から撮ることで、提灯をバックに、上半身も入ります。

写真

こちらは、ほぼ正面から撮った写真。
後方に広がる街並みと一緒に、バンコクのマハナコンから。

写真

天井が綺麗だったり、大きな建物だったりすると、下からのアングルで撮れば、面白い効果に。
バンコクの、エラワンミュージアムにて。

写真

上から撮れば、ラーメンの美味しさも一緒に伝わるかな?
最近は、一蘭のラーメンが一番美味しいよ~♪

写真

大人数での食事も、この通り♪
誰か一人が抜けてカメラ役になることもない!
しかも、上の方から撮れるので、食事も一緒に撮れる!

写真

三脚とリモコンを使い、こんな写真も撮れる!
これは、握っている右手にリモコン持ってます(笑)

三脚付セルフィースティックが旅行で欠かせなくなった

写真

この三脚付セルフィースティックを手に入れてから約1年になりますが、使い始めてからというもの、自分を撮るのも、友達と一緒に撮るのも、凄く楽しい!(>▽<)

もう、私の旅には必需品になりました!
しかも、使い込みすぎて、同じ物を2つ目です(^^ヾ

三脚でリモコンも使えるので、一人旅だったり、あんまり写真を撮ってこなかった人にもオススメです☆


旅行前のお役立ち情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品:Yunteng YT-9928

3800円~
レビュー(0件)
楽天ウェブサービスセンター