海外でもスマホでネットに楽々接続! 海外旅行で便利なSIMカード一覧

写真
海外でのSIMカード変更歴(?)は、10年以上になります、バックパッカーのスーです。

海外旅行先でも日本と同じようにスマホでネットが使えたらとても便利ですよね。
以前は、現地でSIMカードをいちいち買っていましたが、最近はamazonや楽天などでも買えるので、出発前から手に入れることができ、とても楽になりました!

旅行記では、その都度ちょこちょこ書いていましたが、今後の自分のため、そしてまだほとんど知らない方のために、まとめることにしました。
海外旅行に行かれる皆さんのお役にたてれば幸いです☆

携帯会社のローミングは高い!

海外で日本の大手電話会社の海外ローミングサービスを使うと、1日1000~3000円ぐらいかかるみたいですね。
docomo 海外パケ・ホーダイ
au 世界データ定額
ソフトバンク 海外パケットし放題

以前はこういう定額サービスもなかったので、タイで会った人が「友達の子供の写真をメールで6枚受け取っただけで、6万円の請求がきた」と言ってました(^^;

最近は以前に比べると安くなってますが、それでも1日1000~3000円は高いですよね。。
でも、現地で使えるSIMカードをスマホに入れれば、同じぐらいの金額で1週間以上使えるんですよ(>▽<)

現地のSIMカードを使うためには

写真

さて、現地のSIMカードを使うためには、以下のことが必要です。

・SIMフリー、またはSIMロック解除したスマホ
・自分で入れ替え、設定できるぐらいの簡単な知識

SIMフリースマホについて

既に契約している大手電話会社のスマホをお店でSIMロック解除してもらえば、SIMフリースマホになります。
または、ネットで販売されているSIMフリーのスマホを購入します。
メーカーは、Huawei、Asus、Oppoあたりであれば、問題ないと思います。
(私はどのメーカーも使ったことがありますが、Huaweiがオススメです。今はHuaweiのP10 Plusを使っています。)

また、最近はSIMカードを2枚入れられる機種が普通なので、1枚は日本のSIM、もう1枚は海外のSIMと入れられて便利です♪

入れ替え、設定できる知識について

写真

SIMカードの入れ替えは、左は裏カバーを外すタイプ、右はピンで押し出すタイプです。

SIMカードを入れるだけですぐに使えるようになるものもあれば、設定が必要なものもあります。

設定と言っても、大抵は、「設定→無線とネットワーク→モバイルネットワーク→アクセスポイント名」を変更するだけといった簡単なものです。複数国対応SIMだと、ローミングをオンにしたりだとか。
SIMカードには説明書が同封されているので、その通りにすれば繋がるはずです。

ただ、androidだと上記のように簡単ですが、iPhoneだと「プロファイル」を削除、インストールしたりする必要があり、ちょっと面倒です。

なので、海外によく行かれる人は、androidのSIMフリースマホを1台持っていると便利ですよ。

SIMカードを入れるタイミング

写真

・海外に行く1日前(←私はコレ。)
・日本の空港で
・海外に向かう飛行機の中(無くすかもしれないので危険。)
・現地の空港に到着してから

と、こんな感じのタイミングでいいかなと思います。
現地の空港に到着した時点で、自動的にSMSが届いたりし、あとは普通にネットが使えるようになります☆

繋がらない場合の可能性&対処
・国、地域によっては3Gにしか対応していないので、モバイルネットワークの設定で「4Gをオフ」にする。
・その国のSIMカードでない場合(香港、タイSIMなど)、「ローミングをオン」にする。
・「デュアルSIM設定」の「デフォルトのデータ通信」でそのSIMを選ぶ。
・そもそもスマホの周波数が対応していないと、無理(電波を掴んでいれば、対応しているよ。)

SIMカードを選ぶポイント

色んなSIMカードが販売されていますが、いくら安くても、すごく遅かったり、地方では繋がらなかったりするのでは意味がありません。
なので、その国の大手キャリアに繋がるSIMカードを選ぶのがポイントです。
では、各国のSIMカードをキャリア付で紹介します。

日本から近い国のSIMカード

台湾用SIMカード

台湾の3大キャリア:
中華電信(Chunghwa Telecom)/台湾大哥大(Taiwan Mobile)/遠伝電信(FarEasTone)

Amazonでも評判がいいのは遠伝電信(FarEasTone)。
検索で上位に出てくる「亜太電信」のSIMは遅かったり、地方では繋がらなかったり。

韓国用SIMカード

韓国の3大キャリア:
SKT/KTF/LG Telecom

香港の3(Three)と中国聯通香港(China Unicom HK)がお手ごろ価格。
香港からローミングして使うことになります。(ローミングをONにする。)

[Three] 韓国 4G-LTE(FDD) データ通信 使い放題 プリペイドSIMカード 6日間 PLUG TO GO[並行輸入品]
Three(香港ローミング:SK Telecom)-3GB以上は速度制限128kbps データ専用 6日/8日用

【中国聯通香港】韓国 8日間 データ/音声通話 SIMカード
中国聯通(香港ローミング)3GB以上は速度制限128kbps データ専用 5/8日

香港用SIMカード

香港の大手キャリア:
香港移動通信(CSL)/中国移動香港(China mobileHK)/中国聯通香港(China Unicom HK)/3HK/SmarTone

マカオにも行く可能性がある人は、マカオでも使えるSIMにするといいです。


【中国聯通香港】 NEW! 香港・マカオ 4G 3日間 データ 使い放題 プリペイドSIMカード [並行輸入品]
China Unicom HK 香港/マカオ-900MB以上は速度制限256kbps 3日 マカオではローミングオン

中国、香港、マカオ用SIMカード

中国の3大キャリア:
中国移動(China Mobile)/中国聯通(China Unicom)/中国電信(China Telecom)

香港のSIMで、香港経由。
中国政府のネット規制対象外で、Google Map、Facebook、Twitter、Instagram に接続可能。


【中国聯通香港】大中華 30日間 3GB 中国全省 香港 澳門 台湾 4G接続 データ通信 上網SIMカード 4GB FUP
中国聯通 中国全省/香港/マカオ/台湾-2GB以上は速度制限128kbps データ専用 15/30日

東南アジアの国のSIMカード

タイ用SIMカード

タイの3大キャリア:
AIS/Dtac/True Move

3大キャリアともAmason等で買えますが、内容はほぼ同じです。ただ、チャージがAISのアプリを通してLineから簡単にできるのがAISなので、AISをオススメ。

ベトナム用SIMカード

ベトナムの3大キャリア:
Viettel/Vinaphone/mobifone

マレーシア用SIMカード

マレーシアの3大キャリア:
Celcom Axiata/Maxis/DiGi

その他、アジア周遊SIMカード

アジア、東南アジアを複数国行く場合は、周遊SIMカードが便利です。
何種類かあって、カバーしている国や値段も違うので、行く予定のある国がリストにあるものを買うといいですよ。
海外旅行に年1回以上行かれる方は、AISのSIM2FLYがオススメです。

【中国聯通香港】東南アジア 11ヶ国 8日間 データ SIMカード
China unicom(香港ローミング) 香港/マカオ/シンガポール/タイ/マレーシア/ラオス/インドネシア/フィリピン/ベトナム/カンボジア/ミャンマーの11か国-3GB以上は速度制限256kbps データのみ

【中国聯通香港】アジア 13ヶ国 8日間 データ SIMカード
China unicom(香港ローミング) 日本/韓国/タイ/ベトナム/マレーシア/インドネシア/フィリピン/シンガポール/カンボジア/台湾/香港/マカオ/ラオスの13か国-4GB以上は速度制限256kbps データのみ

【AIS】 SIM2FLY アジア20ヶ国 SIMカード 6GB 8日間
AIS(タイローミング) 日本/韓国/台湾/中国(チベット含)/香港/マカオ/マレーシア/シンガポール/ブルネイ/カンボジア/ラオス/ミャンマー/インドネシア/フィリピン/ベトナム/インド/ネパール/スリランカ/カタール/オーストラリアの18か国-6GB 8日間 タイの番号付+タイでは500M 10日間使用可能

各国キャリア情報:
インドネシア:Telkomsel/Indosat/XL
フィリピン:Smart/Globe/SUN
シンガポール:Singtel/Starhub/m1
カンボジア:Metfone/Smart/Cellcard
ラオス:LaoTelecom(LTC)/Unitel/Beeline/ETL
インド:BSNL/Airtel/Jio
ミャンマー:MTP/Telenor/ooredoo:地方で繋がったのはMTPのみ
スリランカ:Dialog/Mobitel/airtel

アメリカ、カナダ用SIMカード

アメリカ:Verizon/AT&T/T-Mobile/Sprint
カナダ:ROGERS/TELUS/Bell

アメリカは広いので、大都市から動く場合は、できればVerizon、最低でもAT&Tに対応しているのが必須条件。

【AT&T】ハワイ・アメリカ本土 プリペイドSIM 30日 データ容量8GB 大容量通話付き
3HK(香港ローミング) AT&T 香港の番号付 アメリカ内3000分/国外100分-8GB以上は速度制限128kbps データのみ 30日間

オーストラリア、ニュージーランド用SIMカード

オーストラリア:Telstra/Optus/Vodafone
ニュージーランド:Spark/Vodafone/2degrees


【中国聯通香港】「 オーストラリアとニュージーランド 10日間 データ 使い放題 上網 / SIMカード 」
China Unicom(香港ローミング) オーストラリア/ニュージーランド-1.8GB以上は速度制限128kbps データのみ 10日間

ヨーロッパ、世界対応SIMカード

AIS プリペイドSIMカード データ通信 15日 4G/3G
AIS(タイローミング) 世界72ヶ国対応 4GB タイの番号付、タイでは追加チャージの上、パッケージを申し込めば使用可能 15日間

一時帰国 外国人旅行者用 日本用SIMカード

海外から日本へ一時帰国する場合や、日本を訪れる外国人の友達へ。
引越しなどで、一時的にネットが使えない場合などにも非常に便利です!


旅行前のお役立ち情報

Booking.comで2000円キャッシュバック! お友達紹介キャンペーン
海外旅行保険付クレジットカードを詳しく紹介します
旅のクーポン・割引・お得情報
海外旅行に便利なトラベルグッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【楽天市場】ランキング市場 【ダイエット・健康】

楽天ウェブサービスセンター