オーストラリア(ケアンズ)旅行記 | スーの海外旅行記

オーストラリア(ケアンズ)旅行記

オーストラリア(ケアンズ)旅行記

シンガポール旅行記が完成できた事に味をしめ、これからは写真付で楽に作ろうと思った結果、動画にまで手を出してしまった。
2005/11/1~11/5 (3泊5日)

11月もお忙しいですよね。。旅行なんて無理無理ですよね。。(上目)

2005/10/06 ちーから携帯にメールが届いた。
ふ、カワイイあの子から、それも上目遣いで言われては仕方あるまい。

どこへどのくらい行きたいか話してみる気はあるかな?お嬢ちゃん?

こうして唐突にちーと海外旅行へ行く機会が訪れた。

すぐにちーが送り返してきた内容は、 香港観光&ディズニーランド3泊4日

・・全く行きたいと思えなかった

逆に私が提案したのは、 台湾観光3泊4日

・・全く行きたいと思ってもらえなかった

という事で、今回もお決まりとなった
エイビーロードネット
をお互いに開いて、電話で連携を取りながら慎重に談義が進められる訳だが、
予算は高くても8万くらい、ちーはビーチを希望する、私は観光を希望する。

ソウル、チェジュ島、上海、台湾、カナダ、ロサンゼルス、ベトナム、オーストラリア、ハワイ、トルコ、プーケット島、バリ島、フィリピン、、、等、お互いに言ってみるも、イマイチ気分じゃなかったり高かったり危険だったりでどうも噛み合わない

唯一2人の意見が一致したオーストラリア
ツアー料金だけで10万超え。諸経費交通費その他合わせたら17万くらい?
わー!お前死ぬ気かーっ!そんなの新婚旅行だろがーっ!
小市民な2人はワーワー叫び、惜しまれながらも行き先から外れる。

私は、シンガポール旅行の後、台湾かベトナムへ行きたいと思っていたし、ちーもベトナムなら一応納得していたので、ベトナムにする事に。
しかしなんだ、これも安くて79800円とかだったんだよね~!

という事で、ベトナム3泊5日のツアーに決め、ちーが問い合わせをしてくれる事で話は決まり、深夜1時過ぎに就寝。(平日)

次の日、会社のトイレで私は考えた。
・・オーストラリア、行ってもいいんじゃないだろうか?
考えると、ちーには3年くらい会ってないし、オーストラリア見ときたいし、これは思い切って新婚旅行いってもいいんじゃないだろうかーっ!?

と、心が決まるとすっげーウキウキしてきた!
でも、一人ウキウキしてたって、あい方がそんな金はねえと言えばそれまでなのだ。
夜になり次第、ちーに恐る恐る問いかけてみるってーと・・・

ベトナムに8万払うくらいなら、あとちょっと出してオーストラリア行こうぜ!

って、ちーも同じような事考えてたぁー!!!イヤッホウィ!
新婚旅行だ新婚旅行だーっ!(笑)

かのような経緯でオーストラリアに行く事が決定したのでありました。
(ちなみにちーには、1年半前のプーケット旅行で会ってたわ(笑))

ちゅー事で、今回のスケジュールはコレ。

日程 時刻 スケジュール
11/01(火) 20:30発 ケアンズへ(翌日着)【機中泊】×/×/機内
11/02(水) 04:55着 ご到着後、一旦ホテルへご案内します。(チェックインは午後からとなります。お荷物をホテルにお預けください。)再集合の後キュランダ観光へ。片道は開拓時代からある列車キュランダ鉄道にご乗車。美しい高原の街キュランダではキュランダマーケットなど散策をお楽しみ頂けます。【ケアンズ泊】×/昼食付/×
11/03(木) 終日 世界遺産グレートバリアリーフ内にあるグリーン島へご案内します。グラスボトムボート、シュノーケリングなどでお楽しみ頂きます。
【ケアンズ泊】ホテル/昼食付/×
11/04(金) 終日 自由行動
【ケアンズ泊】ホテル/×/×
11/05(土) 12:35発19:10着 ホテルチェックアウト後、空港へご案内。大阪へ
ホテル/機内/×

って、載せる程のスケジュールでもない・・っていうか全日自由行動なんだけど、
オプション2万円で申し込んだので、その分のイベントが入ってるだけだったり(笑)

つー事で、ツアー会社(今回は阪急e-veryってとこ)に先払いした費用はコレ。

旅行代金 79,800
旅行オプション 20,000
関西空港使用料 2,650
現地空港税 7,470
国際線燃油サーチャージ 10,630
合計 120,550

ケアンズの空港税たけぇーっ!!!!
燃油サーチャージもハンパねぇーっ!!!!

しかも、恐ろしい事に、オーストラリアはETAS(イータス)っちゅー短期観光ビザまで
取らなきゃなんないので、最低金額はまだ上がる(涙)

イータスは旅行会社に申し込むと、2500円だったんだけど、調べた所、このビザはネットで簡単に申し込める事が分かった。

オーストラリア大使館のとこ(20豪ドル)
オーストラリアETASセンター(1200円)
http://www.australia-visa.jp/
テレキュートETASセンター(1260円)
http://www.telecute.co.jp/etas/

つー事で、賢く手堅く?一番安いオーストラリアETASセンター(1200円)で申し込んださ!
申し込んだ次の日には「オーストラリア入国許可登録証明書」がメールで送られてきたので、プリンタで印刷してパスポートに挟んでおく。(別に挟まなくてもいいんだけど、なくすと嫌だから)

つー事で、120,550+1,200=121,750円が、今回のオーストラリア旅行に必要な最低金額となる。しかし、これは私が関西国際空港に住んでいたらの話であり、実際には住んでいないので、

行きの交通費6,650円
帰りの交通費7,710円
たすと、全部で136,110円だーっ!

さ、長くみみっちぃーお金の前置きはこれで終わりとして、ケアンズ旅行はこんな感じだったよ~ん☆写真を使って紹介!(シンガポールで味をしめた結果(笑))

機内食
関空を20:30に出発して、1時間半後に
オーストラリア航空の機内食

ラビオリ
パン
サラダ
ケーキ
ビール

ラビオリなかなかおいしかった!
ケーキもいい感じ♪


朝食?
そして深夜2時に出た朝食・・?

パン1個・・・!?

おいしかったんだけど、こ、これだけかよ~!!
またちゃんとしたの出るのかな・・?そりゃあ出ますよね?
と思っていたけど、朝食これで終わり。


飛行機に7時間半程乗った後、ケアンズ空港に現地時間早朝5時(日本時間早朝4時)頃到着(日本より1時間進んでいるので時差は1時間だけ)

すぐに入国ゲートがあったんだけど、一緒の飛行機で到着した日本人だらけで、ゲート通るだけで1時間・・・!!
しかも、その列に並んでる間、検疫についてのビデオがずーっと流されてて、持ち込み禁止のものを持ち込んだり、申告しなかったりすると、大変な目に遭うぞといったメッセージが・・(汗)

オーストラリアは、検疫が非常に厳しくて、卵使用製品(のりたまふりかけとかも×)や乳製品、肉製品、生きた動植物、ナッツ、果物なんかは持込禁止なのです。
それ以外の食品や、植物を使ってできた品物などは申告しないと駄目なのです。
もし違反すると220ドルの罰金が・・!!

ちなみに、入国ゲート通る時って、ノーマヨノーライフT着てたんだけど、入国審査官がそれを見て、「日本のマヨネーズって本当においしいよね、フフ」(英語)と言ってくれたので、ちょっと会話しちゃったぞー☆早速オージースマイル体験♪

ゲートを出たらすぐに、両替所があったので、そこで日本円1万円と、昔ハワイ旅行で余った40米ドルを交換。
現地の空港で両替する方が安いと思っていたし、ネットで見つけた手数料無料券もあるという変な安心感もあって、両替レートを見なかった。

その日の実際の為替レートは1ドル=84円くらいだったんだけど、交換した後に、なんか少ないなー??と思って、両替レートを見たら、、ななんと1ドル=98円!!いくらなんでも高すぎやろーっ!!(涙)

という事で、オーストラリアに行く時は、空港で両替せず街中の安いとこで両替する事をおすすめします・・・オロローン。

という事で、入国ゲート→両替と進み、いよいよ検疫へ。
自分の持ち物には細心の注意を払ったつもりだったんだけど、あらためて鞄の中を見てみると扇子の枝の部分が竹でできてるやんけー!!

ヒー!と思いながら、入国カードの申告欄に○をし、ドキドキしながら検疫官に見せたら、笑顔で「OK!日本のその工芸品いいよね!」(英語)と言われました。

ホッ、、扇子なかったら暑いんだよね。

ケアンズ
無事にケアンズ空港を抜け、
お迎えのバスに乗ってホテルへ

さー、やっと憧れの地、オーストラリアだぞーい!

しかし、疲れと眠さと空腹がオーストラリア入りを果たした全員を襲うのだった


ケアンズ空港から、街まではそんなに遠くなかったかな。
ガイドのお姉さんが、「ここがダンディーズですよ~、ここがカフェチャイナですよ~、
覚えておいて下さいね~。」と通りながら説明をした後、リッジスホテルという所で一旦降ろされた。

見た目は、ん?だったけど、ロビーはなかなか素敵。
その素敵なロビーのふかふかソファーに座って、オプションの予定表とか説明を聞く。
ツアー参加者に予定表が行き渡った所で、「さ、では出発しましょうか」とガイドさん。
どうやら説明だけは、綺麗なホテルでしてくれたようなのだ。

このホテルでいいよぉー!と心で叫びながら、リッジスホテルに泊まる人たちを後にした。

ケアンズプラザホテル(ツナタワー)
そして7時40分頃に我らが泊まる
ケアンズプラザホテル(ツナタワー)に到着

なんだかとてもコンパクト☆

うっ、、流石にしょぼ・・
と、私とちーは顔を見合わせ、思わず失笑。
しかし、安いツアーなので仕方あるまい。
とりあえず食堂の横のトイレに行くも、
がっかり度が上乗せされた感じ。


鳥
ホテルに到着っていっても、チェックインは午後からなので部屋には入れず、
荷物だけフロントで預かってくれるという事で、
オプションの迎えが来るまで近くを少し散歩。

するってーと、近くの泥海の所にこんな奴らが!(笑)
数字の2発見!


鳥
ケアンズの横にある海は泥の海で、泳げないんだそうで、
こんな鳥がたくさーんいたのだ。

結構デカいし、日本では見慣れないので、見ててちょっと面白い(笑)


8時10分にオプションの迎えのバスが来た。

うちらが申し込んだオプションは、キュランダ鉄道乗車&グリーン島1日で2万円だったんだけど、事前にネットで調べたら、鉄道に乗車するにはスカイレールというゴンドラに乗って行くらしかった。
だから、私はてっきりスカイレールもオプションに含まれているものと思っていたのに、違うというのだーっ!!

ガガーン!!

ガイドのお姉さんは、「他の方達は、スカイレールとミニ動物園に行かれますが、どうされますか?」とにこやかに微笑む。

動物大好きっ子のちーの方を見ると、口からよだれを垂らさんばかりに行きたいオーラが立ち上っている。
スカイレール36ドル、ミニ動物園40ドルか・・、ふ・・せっかくオーストラリアに来たからには体験せねばなるまい。っていうか、思ったより安かったので、申し込む。支払いがカードでできたので良かった~!(換算レート88円で6700円)

ちなみに、もしこれを申し込んでいなかったら、2人だけキュランダ村(小さい)で先に下ろされて他の皆さんを待つ事になっていたようです。

スカイレール
そーれ、スカイレールに乗るぞーい!
グォオングォオン・・

ちなみに乗り場にて正規料金をチェックしたら、36ドルだった。
コミッションとってないなんて良心的じゃーん!


スカイレール
わーい、高いぞ高いぞー

熱帯雨林の上をグォオングォオン・・


スカイレール
途中の駅で一度乗り換え

乗り換える時に、熱帯雨林の中を少しだけ歩く

あぁ大自然よ・・


スカイレール
見渡す限りの森の上。

ここから落ちたら生きて帰れんな


スカイレール
こんな滝の上も通っちゃうぞー

グォオングォオン・・・


スカイレール
最後に川を横断して、約50分の空の旅は終わり

中年のご夫婦と相乗りだったので、会話してて外見てたのは半分くらいだけど、楽しかったー(笑)


レインフォレステーション
レインフォレステーション

この中にミニ動物園とアーミーダックがある

中に入ると、コアラを抱いて一緒に写真を撮るのが20ドルだった。
お金を払ったのはちーだけだったんだけど、私も一緒に入っていいと言われたので、
横に立って、ちーに抱かれるコアラの尻を触りながら、一緒に撮影してもらった。


つー事で、いよいよミニ動物園に入るんだけど、
その前に正規料金をチェーック!
35ドルだった。
なるほど、じゃあコミッションは5ドルなのかぁー、と思っていたんだけど、
後の昼食代を考えると、やっぱりコミッションとってないよなぁ。
良心的ーっ!!

ミニ動物園
さー、中へ入場だー☆

って、うわー!いきなりカンガルーが放し飼いにされてる!
こんなに近くで見れると思ってなかったので、ちょっと感動。
普通に触れたよ、ゴイスー!

なんかこれ、目がサイボーグみたいだけど、ちゃんと自然に動き回ってましたので


カンガルー
林の中で一服中のカンガルーさん

人間に触られまくる仕事はキツいぜ


ワニ
クロコダイルダンディー!!(は、オーストラリアの奥地のジャングルが舞台)

さすがにワニは、仕切られている所にいたけど、やっぱ怖いよ(笑)


コアラ
匠の表情を見せるコアラさん

動物園の中でもコアラは見れたけど触れないので、
コアラに触るにはお金を払った写真の時だけのようです


アーミーダック
アーミーダック

水陸両用6WDの戦車らしい

一番前に乗ってしゅっぱーつ!(ビシッ)



アーミーダック
んとね、凄い音と凄い揺れ(笑)

ギー!ゴゴゴゴゴゴ!
グギュルルーギゴー!

ガコンガコン、グエエエー!

マップ付で珍しい植物などを説明してもらいながら進む。


アーミーダック
沼の中もスイスイ行っちゃうぜー


トカゲ
途中、土手の所にトカゲ発見。
ドライバーさんが親切に止めてくれた。
長い尻尾がカッコE!

アーミーダックは全部で30分くらいだったかな?

なかなかワイルドで面白かったよ!


アーミーダックから降りた後はしばらくその辺をウロウロして、いつものバスでキュランダ村へ。

昼食はキュランダ村の真ん中あたりにあるフロッグスレストラン(Frogs Kuranda)って所だったんだけど、テーブルについて料理をワクワク待ってたら、、、

ガリガリバァリバリ・・ズガガァーーン!!!

もう、真後ろでカミナリが落ちたんか!?と思う程デカい音がして、
一体何が起こったのか分からず振り向いたら

上から人が降ってきた・・・!

皆一体何が起こったのか分からなかったんだけど、どうやら屋根に登ってたおじさんが、
その体重の重みでかバランスを崩してか、屋根を突き破って落ちてきたのだ。
ちょうどそこのテーブルには幸い誰も座ってなかったから良かったけど、もし座ってたら・・!!

落ちてきたおじさんは、ドーンガシャーンって落ちた勢いで椅子も壊し、床に倒れて動かなくて、すぐに店員の人たちが集まって救急隊員を呼んだんだけど、意識もあって命に別状はない様子だったので安心しました。でも、5~6メートルくらいある高さの所から屋根をつきやぶって腰から床に落ちたんだから、骨の1本くらい折れてたのかも・・

と、いつまでも心配している訳にもいかないので、後は救急隊員に任せ、私たちは食事をいただく事に。ガイドのお姉さんも、何事もなかったかのように、仕事の説明に入る。いやぁ、しかし、ほんと大事に至ってなくて良かった~。

という事で、気を取り直してご飯だ~!腹へった~!(食べてる後ろでおじさんと救急隊員がワイワイやってる状況ではありますが・・(笑))

魚・チキン・ビーフの3種類の中から選べたんだけど、
お姉さんによると、おすすめはチキン、珍しいのは魚(天然記念物の為?日本では食べられないとか)って事だったので、

魚
魚料理

日本では食べられないという魚(名前忘れた)の料理

ちょっと生臭かったけど、なかなかイケた!


チキン
チキン料理

お姉さんおすすめのチキン料理

うん、やっぱ無難にコレだね!


という事で、どっちもなかなかおいしかったー☆(惜しむらくは背後)
ご飯食べた後は、1時間くらい自由行動で、キュランダ村を散策。

アイス
キュランダ村のアイス

おいしいと評判らしい露店のアイス屋に行ってみた。
1個3ドル。高い。

アイス大好きな私は、どんなにおいしいんだろー!?とワクワクしながらカブつきましたが、
うーん、それほどでもなかった。うちの近くの店の方がうまいな


キュランダ鉄道ゲート
村内を少し歩き回ったものの特に魅かれる物もなく、しばしの散策の後はキュランダ鉄道のゲート

人々がわらわらと集まってきたぞー

ちなみにゲートでピースしてる人は知らない人です


キュランダ鉄道駅
ゲートを通って階段を降りた所にキュランダ鉄道駅発見

階段が急だから気をつけろ~


キュランダ鉄道
さー、これがオプションメインの一つ、キュランダ鉄道だーい☆

ケアンズ旅行に来たら、これは外せないね!これに乗るためにケアンズに来たと言っても過言ではないっ!

鉄道もレトロちっくでかわいい!


キュランダマーク
プレートもかわいい


途中下車
キュランダ鉄道に乗って森の中~

ここで途中下車して、スカイレールでも見た滝を見る

下車したのは一回だけ


さ~、一緒にキュランダ鉄道の雰囲気を味わおうぜ!

ゆっくりキュランダ森の中(前半)



森を抜け出すキュランダ(後半)

最後にカメラを落としたわけではありません


平地
最後の方は、こんな感じのただ広い所を進むキュランダ

っていうか、あんなに楽しみにしていたキュランダ鉄道の旅、
正直半分寝てました・・うわぉおおー!!
やっぱね、飛行機降りてからアーリーチェックインとかで寝とかんとキツいっす。
頑張って起きてても意識朦朧。ちーと一緒に映ってる写真、あとから見たら白目でうつってやんのワシ(笑)


バス
キュランダ降りたら迎えのバスじゃ~!

いつもこのバスに乗って移動してました。
確か運転手の名前はデイビッド。


バスに乗って、さ~やっとホテルじゃ~!と思いきや、格安ツアーの運命(さだめ)、おみやげ屋さんへ。

オパールカズ
その名の通り、カズさんのオパールの店(だろう多分)
綺麗なオパールがたくさんあって、ちょっと欲しいなーとも思ったけど、
高くて手が出ねっす。目の保養をして終わり。

ワインパラダイス
4種類のワインの試飲をさせてもらった。
おいちかったー!

と、おみやげ屋さんは2件だけだったけど、どっちも日本人スタッフでした。
日本人の為のおみやげ屋さんやね。

と、みやげ屋の後は、やっと念願のホテルへー!!
最初の写真に映ってたコンパクトなホテル、ケアンズプラザ、愛称まであるぞツナタワー。
こじんまりとしたフロントでチェックインを済ませ、自分達の部屋へ。

ドアを開けて恐る恐る中へ入る。
ドアチェーンをかけようと思うも、なんだかさびついているのかひしゃげているのかよく分からんが、とれないチェーン(涙)
無理やりチェーンかけようとすると2度と出られなくなるかもしれなかったので、危険だけどチェーンあきらめる(涙)

あぁ・・やっぱ安いホテルやからな・・と2人落胆して中へ入りカーテンを開けると・・・

部屋
ワーォ!
なかなか素敵じゃないのコレ!?

ベッドも3つあって広いじゃーん☆


キッチン
しかもキッチンまでついてるぞー!!
戸棚の中には、食器類やポットが入ってて、インスタントセット(コーヒー・紅茶・緑茶)と
クッキーが置いてあった。

結構いいじゃん!


アメニティー
アメニティーグッズ

石鹸、シャンプー、リンス、ボディーソープ、あと1個なんだっけか?
とにかく、一応揃ってる。
でも、泡立ちはイマイチ

そういえば歯ブラシはなかったよー。(自分で持っていった。)


景色
ホテルのベランダからの眺めも結構いい感じ!

つー事で、コンパクトツナタワー、部屋の中はまぁまぁ良かったぞー♪
(でも、風呂はちょっと汚かったけど)

シャワーを浴びて一休み。


マンゴスチン
夕食を食べに街へ繰り出し。
色々歩き回って、結局「マンゴスチン」という店で食べる事に。

なんかねー、どこも高いんだよー!!
せっかくだから安くておいしいシーフード・・とか思ってたのに、
どこも時価

でも、メニューは大抵の店は日本語も用意されてるんだなー


夕食
ビール 5ドル×2
殻付カキ 14.50ドル
エビのクリームリゾット 16.90ドル
リブロース300g 29.50ドル

夕食合計 70.90ドル

ちーのお母様が、これでスーちゃんとおいしいものでも食べなさい、とおこづかいをくれたそうなので、ちー様のおごり。


おありがとうごぜえます!ちー&ちーママ!
おかげで旅らしい豪華素敵料理がいただけましたーっ!!

この3品でお腹いっぱーい☆
中でもエビのクリームリゾットがクリーミィでおいしかったー!

夕食を食べた後は、ナイトマーケットやらをブラブラしてみたけど、
なんか期待してたより全然興味のそそられる物はなくて、観光客向けの
おみやげばっかだったよーな?

ナイトマーケットの横にあったアイス屋さんでアイス(3.80ドル)を買って食べてみたけど、高いわりには味は普通。しかも店員のおばちゃんの愛想が悪かった。オージーで愛想の悪い人初めて発見(笑)

こうして、長い長ーい1~2日目終わり(ホテル帰ったの23時・・そりゃ眠いっす眠いっすよ!)

リーフ・フリート・ターミナル
3日目、迎えの大きなバスに乗ってリーフ・フリート・ターミナル

オプションのグリーン島ツアーへ出発なのだー!


中
中はこんな感じになってて、カウンターで各自、グラスボトムボートに乗るかシュノーケリングセットを借りるかを申請。

うちらはグラスボトムボートに乗る事にしたよ。


船
船に乗って、いざグリーン島へ!
後ろのでっかい方の船に乗ったよ。

ちなみに、船の上の人だかりは、修学旅行の高校生。
くっ・・なんてリッチなんだーっ!!



さぁ、船の上からの雰囲気を味わってみよう!

ビデオビデオ!


グリーン島
グリーン島

う、美しーっ!!!
プーケットのピピ島より綺麗かも!!

高校生もいたけど、うちらは人気の少ない所へ行ったので、ほぼプライベートビーチ状態



グリーン島
砂に埋まるワシ。

赤いモノは、タオルをかぶった私の頭

あー、ホカホカ~☆



と、実は、グリーン島へは必要最小限の持ち物って事で、ちーのカメラしか持って行かなかったんだけど、私が先に海に入って体をならしていた時、はしゃいで写真をパシャパシャ撮っていたちーの新品のカメラのレンズ部に、ななんと風に吹かれた砂粒めが入りやがって、壊れてしまったらしいのだー!!

いつまでたっても海に入ってこないから、どしたのかなー?と思って、陸に上がってみると、カメラをいじっているちーが。

貸してみて?と言ってみたけど、新品のカメラをこれ以上壊したくないと、触らせてもらえなかった・・。(信頼されていないワシ(涙))

内心かなりのダメージを受けたが、ちーはカメラの心配ばかりしているので、海外旅行保険の説明と確実にメーカー保証期間内である事を説明し(私は一体何者だ)、せっかくの美しい海を楽しもう!と、ちーを海へ連れ出した。(青春)

その後は、カメラに縛られる事なく思う存分美しい海を楽しみましたとも、えぇ☆
いやぁー、皆さんに美しい海を見せてあげられないのは至極残念~えへへ~(笑)

海の中もほんとすっごく綺麗で、近くに魚も寄ってきて、動物好きのちーはその魚にヨシオという名前をつけ、2人でおいかけっこして遊びました。1匹だと思っていたヨシオは実はまわりに10匹くらいいて、とても人懐っこいヨシオでした。

~ヨシオとの日記 完~

昼食は、船の中でバイキング。
私が2人分の水を取りに行っている間に、ちーが中国人のおっさんに何やら話しかけられていた。戻って私も話に加わってみると、おっさんは日本に興味津々のようで、日本語も話せた。
せっかくなので、中国のマヨネーズ事情について聞かせてもらった。(外国人を見るとマヨネーズの質問をするワシ)

昼食後は、また少し海で遊んで、グラスボートへ。
グラスボートというのは、船の底がガラス張りになっていて、海の中がよく見えるボートの事。このボートに乗って、世界遺産であるグレートバリアリーフの珊瑚や魚達を、日本語の説明付で鑑賞。(30~40分)

シュノーケリングセット借りて自分で思う存分海の中を見るのもいいと思うけど、
私的にはグラスボートに乗ってちょっと深い海の中を見る方をオススメっす。

美しく楽しかったグリーン島1日ツアーを終えて、帰りの船の中、カメラの事で沈んでいたちーに再び、カメラ見せてもらえんかな?と恐る恐る言ってみる。・・・すると今度は貸してくれたではないかーっ!!私の心のダメージは少し和らぎ、カメラのスイッチを入れてみる。

普通に動きました。

・・って、まぁその後もたまに調子がおかしくなったんだけども、カメラのレンズ部分に砂が入り込んだという事だったので、という事は砂を取り出せばいい訳だから、爪でコンコンと小さな振動を与えて砂を取り出し、一応普通に使えるようになりました。(帰国後はもちろん無償修理で直ったよ。)

ウールワース
グリーン島からは、5時頃に帰ってきたので、その後おみやげを買いに、近くにある唯一のスーパーウールワースへ。

街中の唯一のスーパーだからかなー、あんまり安くなかったよ~。
おみやげの詳細はあっちのページでね。

おみやげ買っちゃうともう精神的にかなり楽(笑)


1時間半くらいみやげ選びに費やした後は、夕食へ。
夕食っていっても、前日探してみて分かった通りどこも本当に高い!
安いと思われたナイトマーケットの横のフードコート(小さいファーストフード?が立ち並んだ界隈)でさえ一番安いの10ドルとかだし・・・

つー事で、歩いてる途中で見つけたのが、ギリシャ料理フェッタ・グリーク(多分)

~セットメニュー(一人30ドル)~
☆各種ディップス
☆グリークサラダ
☆シーフード
☆肉料理
☆チキン
☆デザート
☆コーヒー

シーフードも肉もデザートもあって30ドルならいいんでない!?
って事で、私がここにしない?とワクワク提案したんです。

ビール
ビール ライトアイス

色んな種類のビールがあったけど、
中でも安かったのと、名前がおいしそうだったのでコレに。

もち、ビールは別料金。(金額忘れた)
ちなみにオーストラリアで有名なビールはビクトリアビターらすぃ。


各種ディップス
まず最初に
各種ディップス

もの凄ーくお腹すいてたので、
喜び勇んで食べる。

4種類のソースに、フランスパンとクラッカー


シーフード
次に出てきたのは
タコ足のから揚げと、チーズの鉄板焼き

このタコ足がシーフードって
事なんですよ・・・

カニとかエビとか期待してたんだけどなぁ


グリークサラダ
次はやっとこグリークサラダ
そして肉料理

サラダ出てきてくれないと、油っこくてたまりません。

肉料理は、スペアリブの上にチーズが散らしてあります。


チキン
もう終わりかと思いきや、更にチキン(奥)、
そしてラム肉(手前)

ってゆーか、メニュー間違ってないっすか!?
と不安になり、途中ウェイターさんに聞くも、ニッコリオージースマイルで
大丈夫というお返事

2人分の量じゃないっすよコレ。
お腹パンパンなんですけど・・


ポテト
もう来ないよな・・!?
という不安と恐怖をよそ目にまたなんか来た

しかもまた肉料理。拷問です。太らせてワシらを喰うつもりじゃありますまいな!?
(なぜか敬語)

肉ミンチの上にポテトのすりつぶしたものが乗っているホクホク料理


デザート
がんばって半分くらい食べ、もうこれ以上無理っす、と言って、最後の
デザートコーヒー

昨日は高かったけどおいしかった。
今日は安いけど量が多すぎた(しかも肉ばっか)

残したくなかったけど、あれは4~5人分あったよ~!


こうして、ありえない程、腹パンパンになって3日目終わり。
ホテルに帰りついたのまたもや23時・・・腹の中身は肉ばかり。


朝食
4日目 朝

ホテルのモーニング

3、4、5日目の朝食はいつもここでいただきました。

横にはプールがあって、さわやかな雰囲気~☆


シリアル
おかずの種類はそんなに多くなかったけど、
シリアルの種類が6種類も(笑)

フルーツもたくさんあったし、りんごジュース、オレンジジュース、ミルク、
ヨーグルト、と一通り揃ってました。

日本人の為に緑茶のティーパックまで置いてあったよ~。
メーカーはYAMAMOTOYAMAって書いてあったけど、あの山本山だろうか?


朝食
こんな感じの朝食を毎日食べてたよー

味はなかなかおいしかったー!

あと、テーブルに小さいパックのベジマイトが置かれていたので、ベジマイト初賞味。
・・・マズ~いっ!!が、ちょっとまた食べてみようかな・・と好奇心を起こさせるお味でした。


川岸
4日目は何も予定を入れていなかったので、ケアンズの街中散策

街までは歩いて15分くらいあるんだけど、毎回
この海沿いに作られた高床を歩くのがとても気持ちいい~!

景色も美しいし、風もさわやかで、とにかく気分は晴れやか☆


アスレティック
途中にはこんな感じの運動器具がいくつか設置されていたりして、
とても健康的な道なのだ。

散歩したり、自転車に乗ったり、スケボーしたりしている人もちらほら。
こんなに綺麗で気候もいいなら、毎朝運動するのも楽しいだろうなー。


ピアー
そんな海沿いをずっと歩いてて辿り着いたのが、
大型ショッピングセンターピアー

なんか工事してる所もあったんで、やってるのかな?と思い、とりあえず中に入ってみる

とにかく地元民が行くショッピングセンターに行きたかったんだけども、


ピアー中
ガラーン・・・と、なんか、無駄に広いスペース(笑)

というか、できたばかりで店舗がまだあまり入っていない!?
ケアンズの街中で結構宣伝をしている割には何もなかったピアー。

ジモティーは一体どこで買い物をしているんだ!?という疑問は晴れないのでした


ナイトオウル
あとは適当に街中をブーラブラ

これはコンビニナイトオウル(夜のフクロウ、夜更かしする人の意味)

結構狭くて、日本のコンビニみたいに何でも売ってなかったよ


飲み物
途中、飲み物を買う。

ちーは水
私は赤い水(笑)

いやぁ、なんだ、やっぱり外国に来たらこういうの飲まないとネ☆
(ちーの驚きの視線を尻目に)


ブラブラしてる間にお昼になってお腹も空いてきたので、何か食べたかったんだけど、
ちーは昨日の肉の悪夢が頭から離れないらしく、肉は絶対嫌だという。
更にパンも嫌だという。

実は私は、名物でもある泥ガニのサンドイッチ(値段も手頃)を食べたかったんだけど、ちーは絶対に嫌だとおっしゃる。もう、別々に食べようかと思ったくらい、泥ガニのサンドイッチが食べたかったんだけど、ちーに夕食をご馳走になった事を考えここはアデュー泥ガニ(涙)。じゃあ何がいい?と聞くと、パスタかな~?というので、パスタを探す。

P.J.オブライエンズ
で、見つけたのが
P.J.オブライエンズ

外で食べてる人達を見ると、とても雰囲気良さげだったんだけど、
中に入ると・・暗くてなんだか怖い雰囲気。お酒臭いし。
っていうか、どうやって注文をしていいのか分からない(涙)

テーブルに座ってみたり、外に出てみたり、オロオロ状態でどうしていいか
分からない日本人2人(どう見ても子供)


店の中の人も外の人も、大丈夫かあのジャパニーズ・キッズは?、という感じで心配げに見ている。
そんなこんなで10分程オロオロした後、勇気を振り絞って店の奥まで入ってみると、お酒を注文するカウンターとは別のカウンターがあったので、多分ここで注文するんだきっと!と思い切って注文してみた。

するってーと、なんとか片言の英語が通じたらしく、こんなものくれた

呼び鈴
何かの通信機のようだ

ほんとにちゃんと注文できたんかなー?
と、ワクワクソワソワしていると、

ビーーーーーーッ!!

と通信機が鳴ったので、ギャッ!とびっくりしてあわててカウンターへ走った


パスタ
ほうれん草を練りこんだフィットチーネの上にイカが乗っているトマトソースがけ
と、オージー温野菜サラダだったかな?(名前は適当)

これ、一人分らしいんだけど、2人で分けて食べてもお腹一杯になったよ。


ちなみに、食べ終わった後、外へ出て店のメニューの横にある紹介とか見てみたら、
アイリッシュ・パブらしい。
夜にはダンサーとか来て、怪しげな雰囲気になるらしい。ヒェー、子供の来れる所じゃ
ねーぞ(笑)

と、またもや腹もパンパンになった所で、次なる目的は、無料グッズをもらいに行く事だ。

引換券
ツアー客用に、なんか無料引換券とか用意してあんのね、ケアンズ

お金をかけずして旅行を楽しむ一つの秘訣です


OKギフト
つー事で、
大橋巨泉のOKギフト

ええ、あの世界まるごとHOWマッチ!の巨泉さんです。
ってか、ケアンズに店出してるなんて・・・

若者は知らんだろうて(笑)


OKギフト
どうもどうも!
入り口で迎えてくれる巨泉さん(握手もできるぞ☆)

つーか、こんな日本人向けの高い店なんか誰も行かんやろ?
と思っていたんですが・・いやぁ、品揃えはおさえてるし、値段もまぁお手頃で、
おみやげはここで買ってもいいね!って思えました。すいません巨泉さん。


ここではミネラルウォーター(オーストラリアではスプリングウォーターと言うらしい)を一人一本いただきました。ありがとう巨泉さん。

ちなみに、日本に帰ってから見つけたんだけど、
OKギフトのウェブサイトには、プレゼント引換券付マップが用意されてるので、カナダ・ニュージーランド・オーストラリアのOKギフトに行く可能性がある時は是非印刷して持っていこー☆
(幅広いね巨泉さん)

OKギフトの次は、近くにあったカサブランカという
皮製品の店へ行って、コアラをかたどった皮のキーホルダーもらいました。(店の写真なし)

ワインパラダイス
次は・・って、全部同じ通りにあって周るのラクチン(笑)なんだけど、
ワインパラダイス

ここへは到着した2日目にもツアー上連れて行かれてたんだけど、
写真入りワイン無料プレゼント券があったので自主的に再訪。


ワインのテイスティング
再びワインのテイスティング♪

左から
貴腐ワイン
コアラステーション
シャルドネ
シラーズ

貴腐ワインはすっごくおいしくて、買って帰りたかったけど、
重いのと割れると嫌だったので断念さ~。


無料グッズ
つー事で、これが全無料グッズ

写真入りワインは、以外に大きくて嬉しい!
中も白ワインで飲みやすくておいしかったよー。
これがタダでもらえるなんて太っ腹ー☆

ワインの上の方には、皮のコアラキーホルダーつけときました


カジノ
ケアンズにはカジノもあるのだー!

人生初のカジノにドキドキワクワク!
サンダルや短パンでない限り、普通の格好で入れるのでそのままカジノへ

結構広くて色々あったけど、ルールとか知らないので静かな2階へ行ってスロットをやってみる事に


でも、スロットも色々あったんだなー。
20ドルスロット、1ドルスロット、1セントスロット・・・

当然1セントスロットにする

って事で、1ドルを入れれば100回まわせるんだなー?と、ちーが先に
1ドルコインを入れてみた。反応がない。もう1枚入れてみた。反応がない。

・・・つまった

異国の地でつまってしまった

異国のカジノでスロットつまらせてしまった

シェエェエーー!!
と、この2階、周りにはほとんど人がいなかったので、ちーをそのままスロットの前に
待たせておいて、私は1階へ走りブラックジャックの所にいるスタッフの方にあわわと話しかける。あせっているし、2階のスロットがつまったなんて、一体どうやって英語で説明すりゃいいんじゃー!?

と、自分でも訳の分からない英語で説明すると、スタッフの方は優しく微笑み、カウンターにいる日本人スタッフの所へワシを連れて行く(笑)

あぁ、ここにもいたのね日本人・・(涙)

という事で、1セントスロットは、お札は使えるけど、コインは1セントしか使えないつー事で、つまったのでした。無事に2ドル返してもらい、スロット始め。

いあー、結構楽しい!
大勝もしないけど、大負けもしない。
日本のスロットと比べたらゲーム性とか少ないだろうけど、本物のお金を入れるってのがなんかスリル(笑)
ちーはすぐに飽きてしまってつまらなそうにしていたので申し訳なかったけど。
(もう行きたいというちーに、私が金を出すからもうちっとやらん?とひきとめると、何がそんなに楽しいん?と言われ、落ち込む、まるでダメ男のワシ)

スロットの払い出しボタンを押すと、チャリンチャリーン☆って
1ドルコインがいっぱい出てくるのでちょっと嬉しい(出てきたのは15ドル程)

結局、5ドル勝ったのかな?負けたのかな?って、そんな程度(笑)

ナイトサファリ
1時間程カジノで遊んだ後は、あの何もないピアーへ戻り、コーヒーブレイク

歩き回って疲れたので甘いものでも食べて一休みせな


ホワイトチョコレートマッドケーキ
小腹も空いていたので、私だけコーヒーに加えてホワイトチョコレートマッドケーキを頼む

これがね・・こんなに薄っぺらいのに、すごく凝縮されていて腹の中で膨らむんですよ。
なので、これを全部食べきるので精一杯、夕食が食べれない腹に(笑)
いあー、オージーは凄いよ!(色々)


夕暮れ
ホワイトマッドを腹に抱えながら、ケアンズ最後の夕暮れを見つつ、
荷物を置きにホテルへ一旦帰る

なんて寂しげなんだろう、あぁ・・


ホテルへ帰って、荷物をパッキング
とにかくね、何が重いって、マヨネーズですよ。
ほんとにね、何でプラ容器に入れてくれないのかと。瓶なのかと。
小一時間問い詰めたい衝動を抑え、ちーのスーツケースに入れてもらう。
(お前が持っていくんじゃないのか!(笑))

無事にパッキング終わり、さー夕食を食べに再び街へ繰り出しますよ~!

と言っても、先に書いた通り、ホワイトマッドが私の腹を占領しつづけ、隙間を開けてくれる事はなかった為、街をブラブラして、もう一度最後にスーパーへ行き、余ったお金でおみやげを購入。ちーは夕食にカップラーメンを購入(すまん!ワシのホワイトマッドのせいで(笑)しかし、ちーはカップラーメンが至極美味だと気に入っていたさ有難し)。

お馴染みとなったスーパーウールワースには、閉店までいたんだけど、最後はレジが混みまくり!
うわー・・と思っていたら、ちーが、裏のレジが空いている事を嗅ぎつけ、早速150m程離れた見晴らしの悪い裏のレジへ。こんな所にレジあったんやー!?という感じの所にあった。
ちーのお手柄に世は満足。

お金を払ってスーパーの裏から出ると、シティ・プレイス
という広い場所に出たんだけど、そこで野外コンサートをやっていて、いい感じで人が集まっていた。

近くのベンチに座り、しばし鑑賞。
最後の夜やな~、とまたしみじみ。

その後、通りにあったみやげ屋に寄ったんだけど、これまたスタッフ日本人。
店の客も全部日本人。
ケアンズ、ほんと日本人だらけ
こんなに日本人だらけとは思わなかったなー

ファイヤーショー
さーて、帰るかー・・って、今度は海沿いでファイヤーショーやってた!

まぁ、これもお決まり、メンバーに日本人が数人いたり(笑)

ドコドコドコーってダンサブルな音楽と共にゴォーと、
結構楽しかったっす


光り物
海沿いの敷床を通って帰るんだけど、所々にこういう光る屏風のような
魚の説明パネルが置いてあって綺麗だし明るい

夜の散歩をしている人もちらほらいるし、なんか日本より安全やなー、と思いました

4日目 ケアンズ最後の夜 終わり
(やはりホテルには23時着)


5日目 朝
さー、最終日の朝じゃーい!
いつも通り、ホテルのモーニングを食べた後は、迎えが来るまでしばらく散歩する事にした!

プール
ホテルの玄関横にあるプールを横目で見つつ、外へ出る

最初見た時は、こんなお子様プール誰が入るんやろ?
って思ってたけど、皆普通に入るのを見て、
うちらも入りたくなったんだよな~(笑)
しかも、夜は炎でライトアップされて結構ロマンチックなのよ。
屋根もついてて日よけもバッチリだし。


と、最初はしょぼ・・と思ったツナタワーも、なかなかどうして気に入っていた。

泥海
いつもは敷床の道を歩いてたけど、今日は反対側を行ってみよう!

床の道は、途中からアスファルトになっていたよ

しかも、、、海との境目が・・床の時は高かったけど、これはない!
つまり、泥海に下りれるという事なのだ


ワニ
下りれるという事なのだ・・!が、
なんでしょうこの標識は?

ワニ注意!?泳ぐの禁止!?

ワニいんのかよー!!危険危険!

そんな標識を横目に、泥の上を走り回っている子供達いましたが・・


マディーズ公園
ホテルと海の間にあったマディーズ・プレイグラウンド

マディーさんの遊び場らしいっす
結構広くて、水とか出てて楽しげ

こんなんあるなんていいなー


マディー
そぉーら、大口あけたマディーさんの中へ入れ~!

てか、マディーさん、かわいいよ(笑)


DFS
迎えのバスも来て、DFSギャラリア

ケアンズのDFS小さいよー
って事で、DFSの時間は外へ出てもいい事になっていたので、近くのOKギフトと
ワインパラダイスへワインを買いに、その後ウールワースへ小銭を消費に行った


ケアンズ空港
で、昼前にケアンズ空港到着

小さい空港なので、あんまり店もなかったけど、残った最後の2人の小銭合わせて1.55ドルで
マカダミアクッキーを買って、全豪ドル消費成功~!



オーストラリアン航空
さー、これがオーストラリア航空の飛行機だよー

オレンジでかわいいなー!
無事に日本に送り届けておくれよ~!

こうしてケアンズ 12:35発


機内食
離陸して1時間半後に機内食

グラタン
そば
パン
フルーツゼリー

グラタン食べたいと思ってたら出たよー
イヤッホーイ(味は普通)


機内食
こっちは上のチキン版


アイス
機内食の3時間位あとに出たおやつのアイスがこれまたおいしかったんだなー


おやつ
更にその1時間半後にお菓子の詰め合わせもらえる

パン
クラッカー
チーズ
おっとっとみたいなお菓子
ビスケット



7時間半程飛んで、関西空港到着~。
行きは食べ物あんまり出なかったけど、帰りはおみやげたくさんって感じで
ちょっと嬉しかったよオーストラリア航空!
(ちなみに上映映画はチャーリーとチョコレート工場見たよ)

シンガポール旅行記に次いで、また旅行記書けた~(笑)
てか、帰国してこれ作るのに1ヶ月以上かかってるよヲイ。

ケアンズに一緒に旅してる気分になれたかな?

ケアンズ旅行の際は、参考に!・・・なるだろうか(笑)

巡った順番

[1、2日目]自宅→関空→オーストラリアケアンズ空港→ホテル荷物置き→スカイレール→ミニ動物園→アーミーダック→キュランダ村→フロッグスレストラン(昼食)→キュランダ鉄道→オパールカズ→ワインパラダイス→ホテルチェックイン→マンゴスチン(夕食)→ナイトマーケット→ホテル

[3日目]ホテル→リーフ・フリートターミナル→グリーン島→ウールワース(みやげ)→フェッタ・グリーク(夕食)→ホテル

[4日目]ホテル→ピアー→DFS→ウールワース→ナイトオウル→PJオブライエンズ(昼食)→OKギフト→カサブランカ→ワインパラダイス→カジノ→ピアー(コーヒー休憩)→ホテル(パッキング)→ウールワース(みやげ)→ホテル

[5日目]ホテル→マーディーズプレイグラウンド(散歩)→DFS→OKギフト(ふらりと)→ワインパラダイス(ワイン買い)→ウールワース(小銭消費)→DFS(集合)→オーストラリア ケアンズ空港→関空→自宅

オーストラリア ケアンズ旅行の印象

3泊5日と、そんなに長くないしあんまり周ってないけど、その中で思った印象です

・初日はキツい
日本からは夜に出て、あっちに朝に着く、というのがオーストラリア旅行のようです。だから、飛行機の中で充分に眠れないと(ってシートも硬いし狭いしリラックスできないし、お酒でも飲んで無理やり寝ないとね)、到着した朝からのスケジュールはかなりキツい! せっかくの楽しい旅行を楽しむ為には、アーリーチェックインにするか、アクティビティは2日目以降の方がいいのかも?

・物価が高い?
まぁ、これはレートの高い空港で換金してしまったというのもあるんだけど、 安いなー! って思ったのは一個もなかった。観光地ど真ん中だったからかな、日本と同じで変わらない感じ。オーストラリアは最近景気がいいので、昔よりは安いと感じなくなってきたみたい。

・外が気持ちいい
行ったのは初夏の季節だったけど、カラッとした暑さで風も気持ちよく、何の不快感もなかった! 青い空と白い雲と美しい緑の木々が気分をリラックスさせてくれる

・日差しがキツい
日本の10倍の紫外線とか聞いてたけど、ほんと日差しは痛いほどキツい。もちろん何もなしで歩いてる人はたくさんいたけど、皮膚の弱い人は日焼け止めと日傘帽子は必須だね

・笑顔が素敵
みんなとても愛想がいい☆ ニコッとさりげないオージースマイルは人柄の良さを感じさせてくれる

・小さい
ケアンズという街は、小さいと聞いていたけど、本当に小さかった(笑) 観光客が行く所は大体決まっているし、メインのスーパーは一つ。 ちょっと足を伸ばして遠くに歩いていってもいい感じ(実際歩いていける) こじんまりしているので、1日をケアンズ散策にあててもいいと思う。

・日本人だらけ
ここは日本人の為の観光地ですか? と言いたくなるくらい日本人だらけ。店のスタッフも日本人。そこらじゅうで日本人を見かける。店のメニューやパンフレットも 日本語が用意されていて便利なんだけど、海外気分は多いに味わえないかな? 逆に言うと、年配の方にはオススメ。安全な街だったし。


旅行前のお役立ち情報

Booking.comで2000円キャッシュバック! お友達紹介キャンペーン
海外旅行保険付クレジットカードを詳しく紹介します
旅のクーポン・割引・お得情報
海外旅行に便利なトラベルグッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品:オーストラリア

楽天ウェブサービスセンター