上海観光2日目 地下鉄で朱家角へ行き、夜は外灘の夜景観賞が素敵 | スーの海外旅行記

上海観光2日目 地下鉄で朱家角へ行き、夜は外灘の夜景観賞が素敵

今日はゆっくりしてもいいのだけれど、やはり観光せねばと、朝7時半に起きて準備。
しかし実は、旅行が始まってから、お母さんが「足が痛い」と、しょっちゅう言っていて、今日観光に行けるか心配だった。

確かに予想以上に、かなり歩いている。。でも、休めば歩けるだろうに、すぐに「痛い」と言い出すので、どうしようかと思っていた。

旅行の前に、母には、「履きなれた靴を履いてきてな!」と何度も言っていた。
なのに、あまりに痛い痛い言うので、初めてお母さんの靴をチェックしてみたら、、、

アンタ、普段履いてない靴履いてきてるやん!!(>△<)

旅行にでかける前に、私が下駄箱をチェックし、「この靴かこの靴かこの靴がいいよ」と提案したのに、いつの間にか奥から知らない靴を出してきて、それを履いてきていたのだ。。
しかも、普段履いている靴と色が同じだから、私もこれまで気づかなかった。。

なんでこんな靴履いてきたの。。(涙)

私と母は足のサイズが同じ23.5cmなので、履いてみると、ちょっと小さいし、硬い!

こんなの、足が痛くなるに決まってるやん!!(>△<。

「小さくないもん! いつも履いてるもん!」という母。

分かったよ、じゃあ、今から朝食行くけど、お母さんの靴私が履いていくから、お母さんは私の靴履いて行って。

私がいつも旅に履いていく靴は、長距離を歩いても疲れにくく、水陸両用で、カジュアルでも、フォーマルでもギリギリいける、キーンのローズサンダル(グリーン)。

写真

9時に、ホテルの朝食会場へ。

写真
写真
写真

こんな感じの朝食、美味しくておかわり(>▽<)

朝食を終え、部屋に戻る。

お母さん、私の靴、どうやった?

「う、ん、、歩きやすいね」

一方私の方は、ホテルの中で、朝食を食べに行っただけなのに、足がむちゃくちゃ疲れた!
アンタ、、よくこんな靴履いて、この3日間一緒に歩き回れたね。。
私なら無理だよ。。

こんな靴、足痛くなるに決まってるやん!!(>△<)

かと言って、上海で今から靴を買いに行くのも悔しいので、靴の後ろを踏んで、スリッパのようにして歩いてもらうことにした。

お母さんの靴は、少し小さくて、足が締め付けられるよう。
なので、行儀はよくないけれど、踵を踏んでスリッパのようにすれば、歩けるハズや!

よし、靴の問題が解決したところで、今日の観光に出発じゃー!

荷物をまとめ、ホテル受付で預かってもらい、11:40にチェックアウト。

豫園駅から地下鉄に乗り約1時間半後の13:15に朱家角(ジュージアジャオ)駅に到着。

朱家角駅の1番出口から出て、左へ進み、大きな通りに来たら、看板通りに進む。

写真

大通りの交差点にある看板。
ここを右に曲がり、まっすぐ10分ほど進む。

写真

この看板があり、橋の下を左へ曲がって進んで行くと、朱家角古鎮(ジュージアジャオグージェン)に入れた。

あとは、川に沿って、こんな感じで歩いていく。

写真

本当にこっちで合ってるのかな? と進む。

写真

カッコイイ橋があった! もう古鎮に入ってる!

写真

狭い通りには、お土産屋さんがズラリ。

写真

わー、素敵!(>▽<)

写真

川沿いでパチリ☆

写真

橋を渡ってレストランに行けるようになっているみたい?

写真

古鎮を歩き周るのは無料だけど、所々にあるスポットは、チケット制。

参考 通常価格:60→57元に!
入場料の必要な8スポットに入れるセットチケット

写真

川沿いの行き止まりにあったお寺。

写真

観光用の舟がたくさん。
向こうに見えるのは、朱家角のメインの橋、放生橋。

写真

舟をバックにパチリ☆

写真

時間があれば、舟に乗るのも楽しそう!

写真

再び細い通りを歩いて行く。
当然ながら、午後1~2時あたりは、一般観光客に加え、ツアーの観光客でいっぱいで、なかなか先に進めない(>△<)

写真

放生橋に到着~!

写真

放生橋からの眺め。

写真

放生橋からパチリ☆

写真

橋の近くにこんなものがあった。
中国建国70周年、、え! そうなんだ!?
中華人民共和国の歴史

さて、この辺のカフェでも入って休憩しようかな、って、お金がない。。(>△<)
実は、空港でお金を両替したりお金をおろしたりすると、高い手数料がとられるので、街中のATMでおろそうと思っていたのに、ATMがなかった。。
なので、これまで前回の中国旅行で余った127.2元(約1900円)でやってきていた。
カフェの金額が結構高くて、ちょっと厳しい。。
ちょうど無料の休憩所があったので、そこで休憩(^^;

放生橋を渡ってもう少し行こうかなと思ったけど、民家っぽくなってきたので、そろそろ戻ることに。

写真
写真

あれ、行き(2時)はあんなに混んでいたのに、帰り(3時)は全然人がいない(^^;

写真

古鎮エリアを出た先の、普通の川沿いの家はこんな。
急に中国の現実っぽくなる。

来た道をまた地下鉄の駅まで戻り、地下鉄で豫園に着いたのがもう5時。
朱家角は、地下鉄での移動が1時間ちょいかかるので、半日でいいと思っていたけど、1日かかるね…(^^;
そして、あとで気づいたけど、豫園~朱家角は片道8元で、往復16元かかったので、最初に1日券(18元)買っておけばよかったと気づいたよ。。(>△<)

朱家角(ジュージアジャオ)観光
上海から1時間ほどで行ける水郷の町、朱家角は半日ほどで観光可能

駅にファミマがあったので、肉まんを買ってホテルへ。
ロビーの無料のコーヒーと肉まんで休憩~(>▽<)

受付で預かってもらっていた荷物をピックアップし、そのまま荷物をゴロゴロと外灘(ワイタン)へ歩く。


外灘に出ると、銀行があったので、ATM!? と見るも、なんかどこも電気が暗くて入るの怖かったので、結局お金おろせず。。
ま、明日出るし、大丈夫でしょ!

そして、外灘がライトアップされてるー!!(>▽<)

写真
写真
写真

うわーい、綺麗~!!(>▽<)
荷物ひいてでも来て良かったー!!
お母さんにコレ見せたかったんだよね!!

写真

外灘でパチリ☆

写真

しばらくいると、ライティングが変わり、動いたり、色が変わったり!
なんか、バットマン出てきそう!(>▽<)

動画でもお楽しみ下さい♪

写真

上海と言えば、やっぱりこの夜景だー!!(>▽<)
楽しいなーっ!!

写真

ここでもパチリ☆
人がむちゃくちゃ多かったけど、人がいなくなった隙を見てサッと撮るのです。

1時間ほど外灘の夜景を堪能し、南京東路(ナンジンドンルー)へ向かってゴロゴロ。

写真

南京東路は、上海一の繁華街。
中国はどこでも人が多いけど、ここは歩行者天国になってて特に多い!

ここから地下鉄2号線に乗り、「唐镇(タンジェン)」へ向かう。

あとは乗ってるだけで到着と思っていたのに、1つ手前の駅「广兰路(グァンランルー)」でほとんどの人が降りた。
でもそのまま乗っている人もいたので、ただの人がたくさん降りる駅かと思っていたら、なんと逆方向へ進みだしたっ(>△<)

嘘でしょ、、凄い疲れてるのに、なにこの仕打ち。。(>△<。。

仕方なく、次の駅で降りたら、次の電車が来るまで10分ぐらい待たなあかんしで、30分のところ結局1時間ぐらいかかってしまった。。
ちゃんと調べてあったハズなのに、疲れすぎて油断していた、なんたる失態。。
そして、お母さんごめん。。

やっと「唐镇駅」に着き、今夜のホテルへゴロゴロ。

写真

8時半、ホテルに到着~。
ホリデイインエクスプレス上海唐镇

今夜のホテル
唐镇駅から徒歩5分、朝食付、洗濯機無料、空港へ地下鉄で30分

写真

「スタンダードルーム」を予約したけど、部屋が広かったので「スーペリアルーム」にアップグレードされてたと思う!(>▽<)
朝食付 399.20元(6,178円)

そんなこんなで時間は9時前、、どこかで何か食べないと。。

写真

近くにモールがあるので、そこを歩く。
フードコートは既に暗くなっていて、スーパーも閉まる寸前。。(>△<)

フライドチキンのテイクアウトがあったので、銀聯カード使えないか聞いてみるも無理。。

するとスタバがあった! スタバならどのカードも使えるでしょ!(>▽<)

写真

チキンラップとサラダセット47元(735円)

あ~、スタバが開いてて良かった(>▽<。

ホテルの部屋に戻り、タブレットで日本のテレビをお母さんに見せながら夕食。

シャワーを浴び、ホテルの4階で服を洗濯。

写真

ホテルの4階にある、無料の洗濯機と乾燥機(>▽<)

乾燥が終わるまで待って、荷物をまとめたら、既に夜中の2時半。。

おかしい、、なんで毎日こんなに遅くなるんだろう。。
今日は予定ではゆっくりできるハズだったのに。。
ま、明日は移動だけだから、本当にゆっくりしよう。。
あ! そういえば、靴の踵を踏ませたおかげで、お母さんが全然「足が痛い」と言わなくなった(>▽<)
高齢の親(母は66歳)と旅行する時は、いろんなことに気をつけねばならないと、改めてこの旅で実感したよ。


上海
上海
上海のホテル
上海の現地ツアー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品:メキシカン

楽天ウェブサービスセンター