海外旅行保険付クレジットカードを詳しく紹介します

海外で何度も海外旅行保険付のクレジットカードにお世話になっています、バックパッカーのスーです。

今までに覚えているだけでも、
海外で病院に行ったのは、ベトナムで1回、タイで5回。
海外で旅行用品が壊れて保険料が出たのは、ニュージーランドで1回、オーストラリアで1回、アメリカで1回、タイで数回。

ホーチミンで体調を崩して病院へ~その後回復して観光
海外旅行保険を使って2回も病院に行ってきました
猫にひっかかれて狂犬病と破傷風の注射を打ってきました

こんな私の経験をふまえて、友達に海外旅行保険付クレジットカードをすすめ、友達が保険を請求したのが、
怪我をしてタイで1回、
盗難に遭ってタイで1回、ベトナムで1回、メキシコで1回、
携行品が壊れてカナダで1回、
です。

海外旅行保険付のクレジットカードは、楽天カードを始めとして10年ほど前からずっと持っていますが、最初の頃は、手続きも面倒だろうと、海外で病気や怪我をしても我慢していた時期もありました。

しかし、ここ最近は、この手軽さとありがたさがよ~く身に染みているので、勇気を出して保険を使わせてもらうようにしています。
(日本人気質のためか、無料の保険を使わせてもらうのは、なんだか悪い気がしておっくうになるんですが、対応も素晴らしく、いつも感謝しています!)

そんな、私が何度もお世話になっている、クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険について、詳しく書きます。

これで海外旅行のもしもの時も安心!

海外旅行保険付クレジットカードとは?

写真

その名の通り、クレジットカードに海外旅行保険がついています。
カード会社と保険会社は別で、海外からの電話対応も比較的早く、頼りになります。
また、海外旅行保険付クレジットカードを複数枚持つことで、保険額が合算されるというメリットもあります。(※死亡保険金だけは、カードの中で一番高い補償額が適用。)

保険金額を上げるため、私は海外旅行保険付クレジットカードは常に複数持っていくようにしています。

また、カード保険には自動付帯利用付帯があって、更に利用付帯にも2種類あるんです。

海外旅行保険が自動付帯

持っているだけで、海外渡航と同時に自動的に始まる日本出発から最長90日間の保険。

例:エポスカードJCB EIT三井住友VISAクラシックカードA

持っているだけでOKという手軽さがいい!

海外旅行保険が利用付帯 その1

ツアー代や航空券代、空港までの交通機関代をカードで支払うことで発生する日本出発から最長90日間の保険。
例:楽天カードリクルートカード

一番簡単なのは、空港までの電車・バス代をカードで支払うことで保険発生。
ちなみに私は航空券の支払はいつも楽天カードで決済しています。

海外旅行保険が利用付帯 その2 長期滞在向け

上記の利用付帯 その1にも適用されるけれど、それ用に使わず、日本出国後に現地での公共交通機関代をカードで支払うことでその日から適用される最長90日の保険。
例:リクルートカード三井住友VISAクラシックカード

90日以上の旅行(世界一周など)、ロングステイなどの人は、自動付帯保険の90日が過ぎる直前にでも、このカードで現地の電車代などを決済すれば、さらに90日の保険が適用されるという仕組み。

つまり、利用付帯 その2のカードが複数枚あれば、90日ごとにずっと延長していくことができるんですね~。(ただし、金額は高くないので大きな病気・怪我の場合は保険の併用をおすすめします)

オススメのクレジットカード

私が持っている、海外旅行保険付のクレジットカードをオススメ順に紹介します。

海外旅行保険で、お世話になる確率が高いのは、怪我・病気なので、傷害・疾病治療費用が高い方がいいです。

表は、保険で支払われる最高額です。
保険金額の高い項目はオレンジ色をつけました。

エポスカード

写真

1番のオススメ!
年会費無料で90日間の海外旅行保険が自動付帯。持っているだけでOK。
しかも初回のキャッシング金利は30日間無料。

年会費無料傷害(怪我)・疾病(病気)の保険金額が高いのがポイントです。

傷害死亡・後遺障害 傷害治療費用 疾病治療費用 賠償責任 携行品損害 救援者費用 保険会社
500万 200万 270万 2000万 20万 100万 三井住友海上

申し込みはこちら年会費は永久無料!エポスカード

楽天カード

写真

年会費無料で、旅行の交通費、ツアー代をこのカードで払えば3ヶ月間の海外旅行保険が付く。
楽天ポイントも1%貯まってお得。
一番簡単なのは、空港までの電車・バス代を楽天カードで支払うことで海外旅行保険が適用されます。
なので、私はいつも航空券代や空港までの支払は楽天カードで支払っています。

年会費無料保険金額が全体的に高いのがポイントです。
ただ、海外でキャッシングをするとリボ払いになってしまうので、あらかじめリボ払いの設定額を確認しておいた方がいいです。

傷害死亡・後遺障害 傷害治療費用 疾病治療費用 賠償責任 携行品損害 救援者費用 保険会社
2000万 200万 200万 2000万 20万 200万 三井住友海上

申し込みはこちら楽天カード

三井住友VISA クラシックカードA

写真

安心と信頼の大手ブランド。
3ヶ月間の海外旅行保険が自動付帯。持っているだけでOK。
さらに国内旅行保険も自動付帯。

初年度年会費無料で、翌年以降も、「マイ・ペイすリボ」登録 & 前年1回以上のカード利用で無料です!

マイ・ペイすリボはリボ払いなので、リボ払いの設定額を確認しておいた方がいいです。
「クラシックカードA」と「クラシックカード」があり、「クラシックカード」の方は利用付帯になります。

※死亡・後遺障害の場合は、自動付帯は300万、利用付帯で2000万円に。

傷害死亡・後遺障害 傷害治療費用 疾病治療費用 賠償責任 携行品損害 救援者費用 保険会社
300/2000 100万 100万 2500万 20万 150万 三井住友海上

申し込みはこちら三井住友VISAクラシックカードA

リクルートカード

写真

年会費無料で、旅行の交通費、ツアー代をこのカードで払えば90日間の海外旅行保険が付く。
もしくは、上の条件を使用せずに、日本出国後に海外で現地の交通費をこのカードで支払った日から90日間の海外旅行保険が付く。
さらに国内旅行保険(利用付帯)もある。
このカードで購入した品が90日以内に破損・盗難にあった場合のショッピング保険付。

3ヶ月以内の旅行の保険料の合算用に、または海外に3ヶ月以上いる予定の人に、海外旅行保険が延長できる頼もしいカード。

ポイント率は1.2%と高く、旅人がよく利用するであろう「じゃらん」だとさらに+2%になるので、じゃらん利用の際はこのカードで支払しています。

傷害死亡・後遺障害 傷害治療費用 疾病治療費用 賠償責任 携行品損害 救援者費用 保険会社
2000万 100万 100万 2000万 20万 100万 損保ジャパン日本興亜

申し込みはこちらリクルートカード

JCB EIT

写真

年会費無料で3ヶ月間の海外旅行保険が自動付帯。持っているだけでOK。
常にポイント2倍というのも嬉しい。
このカードで購入した品が90日以内に破損・盗難にあった場合のショッピング保険付。

JCBカードは海外旅行でお得になるキャンペーンがよくあるので、1枚は持っておくといいですよ!

リボ専用カードなので、リボ払いの設定額を確認しておいた方がいいです。海外キャッシングは不可。

傷害死亡・後遺障害 傷害治療費用 疾病治療費用 賠償責任 携行品損害 救援者費用 保険会社
2000万 100万 100万 2000万 20万 100万 損保ジャパン日本興亜

申し込みはこちらJCB EIT

保険金額の比較

保険金額の高い項目はオレンジ色をつけました。
こうして比較してみると、エポスカードと楽天カードの最低2枚は持っておきたいです。

カード 傷害死亡・後遺障害 傷害治療費用 疾病治療費用 賠償責任 携行品損害 救援者費用 保険会社
エポスカード 500万 200万 270万 2000万 20万 100万 三井住友海上
楽天カード 2000万 200万 200万 2000万 20万 200万 三井住友海上
三井住友VISAクラシックカードA 300/2000 100万 100万 2500万 20万 150万 三井住友海上
リクルートカード 2000万 100万 100万 2000万 20万 100万 損保ジャパン日本興亜
JCB EIT 2000万 100万 100万 2000万 20万 100万 損保ジャパン日本興亜
三井住友VISAクラシックカード 2000 50万 50万 2000万 15万 100万 三井住友海上

複数持つメリット

海外旅行保険付のクレジットカードは、大きな怪我や病気をした時に、1枚だと心もとないですが、カードを複数持つことで、「傷害死亡・後遺障害」は、最高額が、それ以外は合算され、保険金額をあげることができます。

例えばエポスカードと楽天カードの2枚持ちの場合:

傷害死亡・後遺障害 傷害治療費用 疾病治療費用 賠償責任 携行品損害 救援者費用
2000万 400万 470万 4000万 40万 300万

例えばエポスカードと楽天カードとJCB EITの3枚持ちの場合:

傷害死亡・後遺障害 傷害治療費用 疾病治療費用 賠償責任 携行品損害 救援者費用
2000万 500万 570万 6000万 60万 400万

保険説明

保険の種類がぱっと見ただけではイメージ湧きにくいので、簡単に書きます。
やはり一番お世話になるのは、海外で怪我や病気をした場合、旅行用品が盗まれたり壊れたりした場合でしょう。

保険の種類 簡単に説明
傷害死亡・後遺障害 事故による怪我で死亡/傷害が生じた場合
傷害治療費用 怪我をして病院で治療を受けた場合
疾病治療費用 病気になって病院で治療を受けた場合
賠償責任 他人を怪我させたり他人のものを壊したりした場合
携行品損害 旅行用品が盗まれたり、事故で壊れたりした場合
救援者費用 親族が現地へかけつける場合

海外旅行保険の使い方

さて、海外旅行保険付クレジットカードを持っているので、もし何かあった時も安心! ・・・って、そのもしもの時にどうすればいいんでしょうか?

海外旅行保険付クレジットカードを申し込むと、大抵カードと一緒に保険の冊子がもらえます。(エポスカードはサイトから請求が必要。)

写真

この冊子を海外旅行時に持っていきます。
(私はPDFアプリでスマホに入れています。)

手順

写真

三井住友VISAカードの冊子が分かりやすいです。

事故が起こったら、できるだけ早め(30日以内)に保険会社に連絡します。

連絡時に聞かれることは、「カード名・カード番号」「事故の日時」「日本の出国日」「帰国日」「(現地からの場合)折り返しの電話番号」など。

海外で病気、怪我をした時

■ キャッシュレス診療の場合(自分でお金を払わない) ■

キャッシュレス診療を受けたい場合は、冊子の連絡先に電話。(日本語なので安心!)

その30分~1時間後あたりに折り返し電話があり、病院を予約・紹介してもらえます。(自分で指定も可。)

パスポートとクレジットカードを忘れずに病院へ持っていき、受診。
お金を払う必要もなく、とても楽です。

田舎や小さな町だと、提携病院がなく、一旦自分で立替えになります。
その場合は「領収書」「診断書(Medical Certificate)」をもらっておきます。(※金額が10万円以下の場合、診断書はなくても可。)
病院への交通費等も保険で出るので、タクシー代のレシートも保管。もらえない場合はメモしておきます。
■ 立替の場合(一旦自分でお金を払う) ■

病院へ行って受診し、お金を払い、領収書と診断書をもらう。

保険会社に連絡し、状況を伝え、帰国後に保険請求。

海外で盗難に遭った時

最寄の警察署へ行き、ポリスレポートを作成してもらいます。
いつどこで何を盗まれたかという証明書です。
盗まれたものは細かく書いてもらった方がいいです。
(スマホを盗まれた場合の例:スマホの機種名、スマホケース、ストラップ、Simカード、SDカード等)

旅行のスケジュールの都合や凄い田舎で警察がいなかった場合などは、保険会社に事情を話せば保険金が出る場合もあるので、諦めないでとりあえず保険会社に連絡した方がいいです。

海外で旅行用品が壊れた時

自然の消耗や機器の故障で壊れた場合は、保険が適用されませんが、「事故」による故障なら適用されます。
例えば、「つまづいて転んだ時に、手に持っていたカメラが落ちて故障した」など。

旅行中に用意するものは、壊れた品の写真を撮っておくぐらいで特にないので、とりあえず保険会社に連絡して、あとは帰国後に修理の見積書購入時の領収書(ない場合は保証書など)を用意する感じです。

海外旅行保険が支払われない場合

クレジットカード付帯の海外旅行保険が、カバーしていないもの、保険が支払われないものがあります。

・歯の治療、妊娠、出産費用
・危険なスポーツ中の怪我(本格的な登山・スカイダイビングなど)
・無免許運転による事故など
・盗難でなく、不注意による荷物の置き忘れ


以上、海外旅行中に何もないのが理想ですが、もしもの時のために、海外旅行保険付のクレジットカードの使い方、覚えておくといいですよ!

年会費無料のクレジットカードで、海外旅行保険が使えるなんて、本当にありがたいです。
日本のカード会社は凄いです!

では、よい旅を!

写真

写真はアメリカ旅行グランドキャニオンにて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【楽天市場】ランキング市場 【食品】

楽天ウェブサービスセンター