カプリ島

English Japanese

朝は7時半頃に起きてシャワー。

写真

ヴェスの家のテラスからの風景。

さて、軽い朝食(イタリア人の朝食は、ビスケットとコーヒーという、ものすごい軽い朝食なのである。)をいただき、仕事に行くヴェスと一緒に8時40分に家を出る。

さて、できるだけ広くて安全そうな道を通って港へ行こう。

てこてこてこ。

写真

この道は綺麗な方。

ナポリの街は、何度も言うけれど本当に汚い。
ヨーロッパのインド、それがイタリア。
イタリアのコルカタ、それがナポリ。

写真

道路は車が来ていても、みんなフツーに横断します。
ルールのない街、それがナポリ。

写真

途中にあった教会。

さて、港につき、カプリ行きの船が出そうだったので、急いで切符売り場へダッシュ!

写真

ナポリ~カプリ 片道16Euro(約1850円)
高いっ・・・!!!

これはありえない高さ。
でも青の洞窟を見たいのでカプリ島へ行くぞ!

写真

フェリーに乗ってどんぶらこ~。
波が結構あって、気持ち悪くなる。。。

約1時間ほど船に乗り、

写真

カプリ島に到着~☆

写真

さて、ではでは早速「青の洞窟」こと「Grotta Azzurra」の切符を・・・と、、、

「高潮のために青の洞窟への入場中止になりました」

って、、、

なにぃいいい!!!

ちょ、ちょっと~!!
青の洞窟の為に高いフェリー代出してやってきたのに、そりゃないよぅうう~!!(>_<)

話を聞くと、昨日も中止で、今日も1日中中止らしい。

ガーンガーン。
まさかそんな事があったなんて・・・。

まぁ落ち込んでいても仕方ないので、観光案内所で情報を聞いて町を散策することに。

写真

フニコラーレという乗り物に乗ってカプリの町へ。1.4Euro

写真

う~ん、眺めがいいっ☆

写真

カプリの町の観光案内所で無料の地図をもらい、町を散策~!

写真

細い路地をてこてこてこ。

すると目の前がパッと開けた。

写真

Belvedere Cannone

うわぁああ~! めっちゃ綺麗~!!!

気持ちが良くてしばらくここで休憩♪
周りには誰もいなくてとっても静か。

さて、次はどこへ行こうかな?

地図を見て、一旦中心へ戻る。

写真

教会。

細い路地を適当に歩く。

写真

てこてこ。

写真

てこてこ。

しかしこんな細い路地、交通手段は徒歩しかないよなぁ・・

と歩いていると、

写真

写真

細い車が通り抜けた。

これが庶民の皆さんの交通手段になってるんやな~。
じゃないと歩くのはかなり厳しい。

写真

こんな景色を横目に見ながらてこてこ。

そして歩くこと40分ほど・・

カプリ島の東の端っこにある、
写真

Villa Jovisに到着~。
入場料 2ユーロ(約230円)

写真

写真

写真

写真

写真

写真

こんな感じ。

さて、次は山の中を通ってぐるっと戻るぞ~。

写真

てこてこ。

写真

てこてこ。

写真

毎度ビーサンで歩いてます。
・・ビーサンのスポンサーがついていたら、ほんといい宣伝になるのになぁ。
ヨーロッパ中をビーサンで旅してきました。
靴下も洗う必要ないし(笑)、雨が降っても大丈夫、いつでも川や海に入れるし、砂漠だって砂を気にする必要なしでオールマイティ~♪

さて、山を下り、午後2時ごろ、そろそろお腹が空いてきたんだけど、、、ここはリゾート地だから何でも高いだろうし、、、持参のビスケットでもかじっておこうかな。。。

と再び細い路地を歩いていると、ピザの箱を持った人が向こうから何人か歩いてきたじゃないの!

昨日ヴェスが教えてくれたんだけど、テーブルについて食べると高いけど、テイクアウトにすると安いんだって!

よし、いっちょ買ってみよう!

少し進むと箱に書かれていたレストランが見えてきた。

「チャオ~☆ マルゲリータのテイクアウェイいくらですか?」

「3.5ユーロだよ」

や、安っ!!!!

「それ下さ~い☆」

注文している間についでにトイレを借り、5分ほどですぐにできあがったピザを持って外へ。

写真

これがそれ。
箱がデカい。
ワックワクしながら箱を開けると・・・

写真

ワ~~~~オ!!!
焼きたて釜焼きの直径30cmの特大ピザ!!!

これが400円なんて嬉しすぎる~~~☆☆☆

一人でベンチに座ってホクホク食べていると、通りかかる人が私を見て「ボナペティート!」と笑顔で言ってくる。

「グラ~ツィエ☆」と笑顔で返す。

楽しいな~☆☆☆

ちなみに直径30cmと言っても、生地が薄いので、小食の私でも食べられるのである。

さて、次は別の見所へ向かっててこてこてこ。

写真

写真

Acro Naturale
う~ん、美しいっ☆

さて、次は洞窟の一つでも見ておこうかと思うも、ちょっと道を見つけられなかったので、カプリの中心へ戻り、隣町へ行こう。

写真

バスに乗って、隣町のアナカプリへ 1.40Euro(約160円)

写真

写真

写真

写真

写真

アナカプリの町はこんな感じ。

写真

さて、次はチェアリフトに乗ってお山のてっぺんまでレッツラゴ~☆
チェアリフト往復 9ユーロ(約1050円)

写真

すっごい気持ちよくて眺めがいい~~~~!!!
チェアリフト最高~~~!!!!

ソラーロ山Monte Solaroへは徒歩でも登ることができるんだけれど、徒歩の道はチェアリフトの後ろ側にあるので、見晴らしはチェアリフトの方が断然上!
なんてったって飛んでるような気分なので、チェアリフトをおすすめ☆

写真

頂上からの眺め。
気持ちええの~☆

ってことで、帰りのチェアリフト、
写真

ゴミ箱も乗ってました(笑)。

カプリ島、青の洞窟には行けなかったけれど、その代わりに島を15~20kmぐらい歩き回って大満喫☆

次に行く時には、青の洞窟の運行状況をここに電話して聞く。
081 837 837 0686
081 837 837 0634
のどちらか。

バスでアナカプリ~マリーナ・グランデ 1.40Euroに乗って港へ。

写真

18:10のフェリー 16Euroに乗ってナポリへ帰る。

そしてヴェスの家へ荷物を取りに戻る。
本当はヴェスの家には2泊泊まっていいよということになっていたのだけれど、バスルームの電気が壊れているし、次のホストが今夜から来てもいいよと言ってくれたので、移動することに。
外も暗いし、すぐに移動するつもりだったのだけれど、良かったら夕食食べて行きなよというヴェスのお誘いを断るのも気が引けたので、
写真

トマトパスタをいただく。

そしてお礼を言って外に出、次のホストの家までてこてこてこ。

しっかし、広くて明るい道だから安全とはいえ、よく夜の9時にナポリの道を一人で歩いてるよな~・・・。

まぁ、実際、イタリア人は夜に出歩くのが大好きで、私の通っている道は賑やかなので、危険はほぼ感じない。
バルセロナもそうだったけれど、治安に関して言えば、私が最初に恐怖を抱きすぎていたよりもずっと安全。

そして夜の9時40分に次のホスト、アンドレア(41)の家に到着~。

妙にデカい門を通り抜け、家にお邪魔すると・・・

広い家にピアノ、豪華な調度品、飾られた絵、、、

「ここが君の部屋ね」
「あっ、どうも」

宮殿で見たような部屋・・・。

つっ、ついに、、、

マフィアの家に泊まりに来てしまったぁああ!!!

というのは半分冗談としても(半分?)、宮殿みたいな部屋に泊まれるなんて素敵☆☆☆
お姫さまお姫様~☆☆☆

早速アンドレアは夕食に連れ出してくれようとしたのだけれど、うぅぅ、ヴェスの所で庶民パスタ食べてきちゃってお腹いっぱいだよ・・・(涙)

じゃあ何が食べたい? と聞かれたので、デザートってことで、

写真

コロネット☆

カリカリうまうま~☆☆☆

写真

そして夜景☆

う~ん、ゴッドファーザー☆☆☆

家に戻り、軽くタイマッサージをさせていただき就寝。
今日も楽しかった~!

おぉ、今日の写真、過去最高の47枚!
自分すごいな~。


旅行前のお役立ち情報

Booking.comで2000円キャッシュバック! お友達紹介キャンペーン
海外旅行保険付クレジットカードを詳しく紹介します
旅のクーポン・割引・お得情報
海外旅行に便利なトラベルグッズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【楽天市場】ランキング市場 【チーズ・乳製品】

楽天ウェブサービスセンター