暴力をふるったあの男がサンデーマーケットで違法営業!!

==========
ワンディ先生の名簿から見つけた、
奴の名前は「アベナオキ」の可能性が高い。
福島の人間で、チェンマイに2年ほど住みついている。
何箇所かでタイマッサージを習ったらしい。
タイ語も英語も話せず、日本語を話せるタイ人の彼女がいる。
詳細は暴力をふるわれた記事へ
=========

ターペー通りからサンデーマーケットを西へ歩き、警察署50m手前ほどの道の左側にへっこんだスペースがあってそこに服やらが安く出ていて、地元のタイ人が集まっていたので私もそこへ入ってみた。

すると角に日本語で「手相」と書かれていたので、ふーん・・・と通り過ぎようとすると・・・

!!! 私に暴力をふるったあの男がいるではないかっ!!!

即効でツーリストポリスに電話したいのに、何でこういう時に限ってカメラも携帯も持ち歩いてないかな~!!!!

私が「見つけた・・・」と言うと、男は「オマエか、キチガイか・・・! 店の邪魔するな! 帰れ・・!!」と言ってきた。

それでも私が店の前に立っていると、男の顔はピクピクひきつる。

「オマエ死ねよ! キチガイが!! また殴るぞ!!」

・・・すごい、よくこんなこと平気で言えるもんだ。。。

「あの~、人を殴っておいて何で平気でいられるんですか? どうしてそんなにお口が悪いんですか?」
「オマエが殴られるようなこと言ったから当たり前だろ!!」
「初対面なのに殴るなんておかしくないですか?」
「オマエ死ねよ! 今度こそ殺すぞ!!」
「殺すつもりだったんですか?」
「あぁ、殺すつもりだったよ!!」

やっぱ殺すつもりだったんだ・・・。

「店の邪魔すんな! あっち行けブス! どっか行かないなら警察呼ぶぞ!!」
「警察? 呼んでください! ほら、早く呼んでください!!」
「このキチガイが!!」

そう言って、私の肩をつかんで向こうへ行かせようとしてきたので、
「触らないで!!!」と言って手をどける。

男はプルプル震え、私を殴りたい様子。
でも周りには人がたくさんいて、殴れないので代わりに私をどついた時に私が「キャァ!!」と声を出したので回りがざわつき始める。

「ホラこいつキチガイだ! オマエのこと、みんな死ねと思ってるよ!!」

とりあえず私はこの男の名前を確認したかったので、一緒にいた彼女らしいタイ人女性に「この人私を殴ったんです! この人の名前を教えてください、お願いします!」と何度も懇願したのだけれど、「何も言うな! コイツはキチガイだ!!」と大声で叫んで静止する。

そうしても私がその場にいる限り、どうにもならないので、
「オマエどうしたいんだ!!」と言ってきたので、
「警察呼べばいいじゃないですか。警察行きましょうよ」と言うと、タイ人の彼女に声をかけて一緒に警察の方へと歩き出した。

タイ語ができない分、不利っぽいのだけれど、まぁ警察に行けば男の身元も割れるだろう。
・・・しかしそのタイ人の彼女がついてこない。怖いんだろう。

ついてこないと分かった男は立ち止まる。
「・・・タイ人がいなくても警察行けばいいじゃないですか」
「タイ人がいた方が話が早いんだ」
「来ませんね」
「・・・俺に復讐するのか? このキチガイが!」
「他人をキチガイと呼ぶのはどうかと思いますが」
「じゃあ頭の悪い人だな」
「私があなたをキチガイとか頭の悪い人って呼んでもいいんですか?」
「呼びたければどうぞ。それよりオマエどうしたいんだよ!!」

どうしようか。。。

「・・・殴ったことを謝ってください」

「・・・オマエはキチガイで殴られて当然だが、確かに手を出したのは悪かったな。すいませんでした」

そういって頭を下げる。

・・・・言葉は簡単だ。
・・・まぁしかし、一応まじめな顔で頭を下げた。

「でも俺はオマエが大嫌いだ。死ねばいいと思ってる」

なんでこんなこと言うかな~・・・。

とりあえず通りが少し騒がしく人通りの邪魔になっていたので、「もう少し横へそれませんか?」と提案すると、「じゃああそこの寺の裏へ行こう」と、人気のない暗いところへ行こうとする。

ヤバい。今度こそ本気で殺されるかも。。。

「そっちへは行きません。ちょっと怖いんで・・・」
「話すだけさ。・・・殴らんよ」

そうして男の話を一旦聞く。
しかしとにかくこの男は信じられないぐらいに口が悪く、また喧嘩をしたいのか私を怒らせたいのか、録音機があったら録音して皆に聞かせたいほど凄い。
頭を下げて謝りはするものの、それ以上に余計なこともたくさん言ってくるので、逆に感心してもいいぐらいだ。

男の話を一通り聞いたので、じゃあ私も謝りましょうと、
「負け犬と言ったのは悪かったです。殴られて、指が動かなくなり、アザもできて全治3週間だったんですが・・・」と話し始めると、

「オマエ、ヤクザか? 俺をおどしてるのか? 嘘を言うな! 俺は殴ってない! 本当のことを言え!」

・・・は?

「俺は髪の毛はひっぱった。しかし殴ったり蹴った覚えなどないぞ! 脅すのやめてもらえませんか~?」

そう言って、顔を不快な距離まで近づけてくる。

「でも実際に私は怪我しましたし、指も動かなくてアザもできましたが・・・」

「オマエ、ヤクザみたいなこと言ってくるな!! 俺は髪の毛をひっぱったことは認めるが、それ以上はしていないぞ! キチガイヤクザが! オマエは女だから何とでも言えるさ! 俺の方が立場が弱くなるんだからな! これは脅しだ!」

・・・どうやら髪の毛をひっぱった後の記憶はたった今消えたらしい。
ヤクザだ脅しだ言ってくるので、もうそれ以上話してもどうにもならない。(どっちがヤクザだ?)

「・・・顔を離していただけませんか?」(顔先10cmほどの距離。)
「アンタが人の目を見て話せって言ったんだろ~~~?」
「顔を離しても目は見れますけど」

とにかく男はかなりの負い目を追っているらしく、全く何でもない私の経歴と比べるようなことを言ってきて、それでも「アンタもただマッサージ習いに来ただけの人間で、何でもない人間だろ?」と言うので、「ええ、その通りですけど・・?」と返す。

「アンタのブログを本にしたような本も見たけどな、よくあんなもんで本書いたなんて言えるな~!」

うーん、やはり見つけたか。
直感でそれは感じていた。(このブログも読んだであろう。)

まぁ、この人もどのようなものか知らないけど本を書いた人らしいし、実際にブログを本にしたのだからその通りですが。

「どこで見たんですか?」
「アンタから本を買わされたって人からだよ~!」
「どなたですか?」
「さぁね~」

うーん、私が会った人でこの男とつきあいのあるような人がいるのか・・?
チェンマイ滞在中に私の本を手に入れた人と言ったら、1人しか思い当たらないけれど、その人とは到底考えにくいのだが・・。

まぁこんな感じで、いつ殴られるか殺されるかという状況下、とりあえず謝ってくれたということだけは確か。(それ以上に酷いことたくさん言われたけど。)

チェンマイでの生活を脅かされたくないらしく、「俺に復讐したいんだろ? 死ねと思ってるんだろ~? だけど俺は生活があるんだ! あの手相の店だってな、タイ人の彼女の名義で借りてもらってるんだ・・・!」と言ってくる(違法に働いてんの?)ので、まぁ私だって2度と会いたくないわけだし、「まぁ、本気で謝ってくれたなら、別に復讐とか考えてませんけど・・」と答えると、「じゃあお互いにもう知らないってことで!」と言って男は店へ戻っていった。

・・・は~、どうすれば良かったんだ~。。。
まぁ、どーのこーの言っても、後は天がやってくれるだろう。
天は必ず見ているもの。

嫌なものが交錯する微妙な気分で、家路につき、ツーリストポリスへ連絡した。


旅行前のお役立ち情報

Booking.comで2000円キャッシュバック! お友達紹介キャンペーン
海外旅行保険付クレジットカードを詳しく紹介します
旅のクーポン・割引・お得情報
海外旅行に便利なトラベルグッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【楽天市場】ランキング市場 【パソコン・周辺機器】

楽天ウェブサービスセンター

コメント

  1. 匿名 より:

    ほんとに蹴っても殴ってもないですよね。
    被害妄想大丈夫ですか?

    === no name ====
    adsl-pool-124.157.191-161.dynamic.tttmaxnet.com
    MSIE 7
    Windows XP
    1280×1024

  2. スー より:

    いらっしゃると思っていました。
    タイからの書き込み、ご苦労様です。
    一緒に警察に行っていただけますか?
    タイ語、英語、日本語の通訳人もおります。

  3. 匿名 より:

    私が一緒に警察行っても意味がないでしょう。本人でないのだから。
    相手から言われたことばかり書いておられますが、
    あなたが仰った暴言もきちんと書いてはいかがでしょうか。
    そうすれば、相手を怒らせた理由も見えてくるのではないですか。

    === no name ====
    adsl-pool-124.157.189-183.dynamic.tttmaxnet.com
    MSIE 7
    Windows XP
    1280×1024

  4. スー より:

    タイからの書き込みご苦労様です。
    本人でなくともいいので一緒に警察に行っていただけますか?
    貴方が見知ったことを話してくれるだけでよいです。

  5. Ami より:

    はじめまして。
    旅行の情報を探していて貴ブログを見つけ、
    楽しく拝読させていただいていたところ、
    この記事を見つけました。

    ひどい暴力被害に遭われたのですね。
    このチェンマイの手相占いの日本人男性は、
    警察に逮捕されるべきですね。
    被害の写真もあるし、明らかに傷害罪に
    該当しますね。どんな理由であれ、
    暴力をふるった側が100%悪いのであり、
    この男性は、警察に逮捕されるべきだと
    思います。