マレー鉄道の旅始まる | 思いっきりニュージーランド!

マレー鉄道の旅始まる

朝9時に起きて外へ朝食を食べに。
昨日食べたおばちゃんの露店で食べようと思ったら、出てない!
ガーン、大晦日だから店出してないのー?
どこか他にないかな・・と探して見つけた。
写真
10バーツ

や、安い!怪我の巧妙!

朝食を食べた後は銀行へ行ってUSドルを少し用意。
2000バーツ→59USドル

ランプーハウスに戻ってチェックアウトした後はお昼までネット。
12時すぎにそろそろ時間がヤバいなと思い昼食を食べに。
写真
25バーツ

おいしかった!!

時間を見ると1時半すぎ、そろそろ行かねばとタクシーに乗る。
写真
カオサンからフアランポーン駅まで51バーツ

タクシーが止まった直後に53バーツになったんだけど、それを言うと50バーツでいいよ!って言ってくれた。でももうバーツ使わないし51バーツ払った。
タクシーの兄さんはなかなかいい人で、今日は鉄道でマレーシアまで行くと言ったら、列車の中で出される食料は食べちゃ駄目だよ、気をつけて旅してね!と言ってくれた。

写真
フアランポーン駅到着。
カオサンからタクシーで15分。

写真
出発時間は14時45分、到着したのは14時。
そそくさとホームへ。

写真
バタワース行き
Special Express 35

これに乗り込むぞー。

写真
バンコクからハジャイまでの車両と
バンコクからバタワースまでの車両がある。

バタワース行きのプレートが貼ってあるのを確認し中へ。

写真
座席。
既に枕だけは置いてある。
この4人用座席に2人が割り当てられている。

隣にいた男の子に話しかけてみると日本人だった。
コーヘイくん(26:東京人、短期の旅行者)は日本の旅行会社を通してマレー鉄道のチケットをとってきたようで、予定を聞いてみると、ななんと全く私と同じスケジュールだった。

彼は今回初めてバックパッカーの旅をしたいと思い、カオサンに来て、カンチャナブリーやアユタヤにも行ったそう。
アタシと一緒じゃん(笑)
しかしチケットがなかったとかでビジネスクラスで来たそうな。
バックパッカーじゃない・・(笑)

コーヘイくんとは本当は相席じゃなかったんだけど、タイ人の男の子が座席の間だけ譲ってくれて楽しい時間を過ごせた。

そしててっきり食事はサービスで出るのかな?と思っていたけど出ず、車内のご飯10バーツだけを注文。
コーヘイくんがスープを分けてくれて本日の夕食はこんな感じ。
写真
スープがトムヤンクンでめちゃ辛かったけど何とか食べた。

夕食後、タイ人の男の子も一緒になって会話していたんだけど7時すぎにベッド組み立て。
写真
私のベッドは2階なのでこんな感じ。

写真
カーテンを閉めると完全な個室、なかなかいい。

写真
しかもラッキーな事に私のベッドの隣にはコンセントが!!
ヤッター!!

探してみたけどコンセントは他にあまりないみたい。
本当に私はいつも運がいいなぁ♪

写真
カーテンを閉めると中はこんな風。
結構狭いので寝相の悪い人は下に落ちるんでは・・?

ちなみにバンコクからシンガポールまでのマレー鉄道の料金は以下。

バンコク~バタワース 2等エアコン上段1120バーツ(約4000円)
バタワース~クアラルンプール いいベッド下段85リンギット(約3200円)
クアラルンプール~シンガポール 普通ベッド下段43リンギット(約1600円)
合計 約8800円

コーヘイくんは日本の旅行会社に頼んで全部で3万くらいだったとか。
旅行会社、手数料取りすぎやろ。
マレー鉄道の旅を考えてる人は自分で取った方が全然いいよ!!
(タイ国鉄はネットじゃ取れないので現地の旅行会社に頼むのがいいかと。)

初めての寝台列車でワクワク!そして年越し!タイ27日目終わり。


私、スーが書いた、ニュージーランドの本です(^^ヾ
思いっきりニュージーランド―短期旅行からワーキングホリデーまで
2018年に情報一新。
ワーホリ時代の体験記と、思いっきりニュージーランドを楽しむための情報満載。ニュージーランドの雰囲気や出来ることを分かりやすくまとめています。 是非、渡航前に一度読んでみて下さいね☆
「思いっきりニュージーランド!」の詳しい内容紹介
写真で旅するニュージーランド(kindle版)
ニュージーランドの美しい景色を集めた写真集を作りました。 一緒にニュージーを写真で旅しましょう!
Booking.comで2000円キャッシュバック! お友達紹介キャンペーン
海外旅行保険付クレジットカードを詳しく紹介します
旅のクーポン・割引・お得情報
海外旅行に便利なトラベルグッズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【楽天市場】ランキング市場 【スイーツ・お菓子】

楽天ウェブサービスセンター