えっ!自分の星座が違う衝撃!! トロピカルとサイデリアルとは?

複合チャート

長年自分は「おうし座」だと思っていたのに、実は「おひつじ座」だったと判明して衝撃を受けました、スーです。

そう言われてみると、確かに占いの「おうし座」欄よりも、「おひつじ座」の方が当たっているような気がしていたんだよなぁ。。

そうなんだ、そうだったんだ。。

いわゆる占いの12星座

12星座

私たちが普段、テレビや雑誌で見る、「おひつじ座」「おうし座」など、大抵の人は自分が何座か知ってますよね?

と、前回のブログと同じ文で始めてみる(笑

この星座って、「生まれた時に太陽がどの位置にあったか」で区分されているみたい。

なんですが、西洋を始め、日本で採用されている「西洋占星術」のホロスコープ(天体図)は、「トロピカル方式」といって、実際の空(星座帯?)とは違うんですって。

一方、「インド占星術」など、東洋(?)で使われるホロスコープ(天体図)は、「サイデリアル方式」といって、実際の空(星座帯?)らしい。

これは、地球の歳差運動(回転軸がズレていくこと)によって、星座の基準としている春分点が、約72~73年に1度ずつズレていくことと関係しているらしい。

それで、「トロピカル方式」と「サイデリアル方式」では、ホロスコープ(天体図)が約24度ズレている(^^;

ええっ! どゆこと!?

…意味が分からんので、実際にやってみましょう。

ホロスコープの違い

私の誕生日で、ホロスコープを作ってみます。
「太陽のある位置」が、いわゆる私の星座になります。
これまでの区分では、「おうし座」だと思っていましたよ。

誕生日:1976年4月28日 6:18
生まれた緯度経度:福井県のとある病院

トロピカル方式

トロピカルチャート

「西洋占星術」で使われている「トロピカル方式」のホロスコープです。

太陽は、「おうし座」にあります。
月は、「おひつじ座」にあります。

サイデリアル方式

サイデリアルチャート

「インド占星術」などで使われている、実際の恒星基準の「サイデリアル方式」のホロスコープです。

太陽は、「おひつじ座」にあります!!
月は、「うお座」にあります!!

両方を重ねてみる

複合チャート

両方のホロスコープを重ねてみると、こうなります。

えーっ!! つまり、実際の空(サイデリアル)では、私は「おひつじ座」ってこと!?

そう考えると、これまで「おうし座」の占いで、なんか違うと思っていたのが、「おひつじ座」だと納得がいくことが多い!!

西洋占星術では、
「太陽」は、外面や社会的なものを表し、
「月」は、内面や心を表す、
らしい。

私が、太陽「おうし座」、月「おひつじ座」なら、
見た目は落ち着いて物静か、物事は最後までやり抜くが、心ではなにか新しいことに挑戦したい、という思いを持っている感じ?

私が、太陽「おひつじ座」、月「うお座」で考えると、
考えるより行動で、熱しやすく冷めやすい、でも心では「自分がこの世に生きていないような感じがする」のだ(^^;

実際の空の、「サイデリアル方式」の方が、ストンと納得やん!!
私、いわゆる「おひつじ座」じゃん(^^;

これから占いは「おひつじ座」を主に読むことにしよう(^^;

ということで、自分の星座の占いが、なんか当たってないんだよなー、と思う人は、サイデリアルで太陽が何座にあるか見ると、何かヒントになるかもですよ(>▽<)

↓英語だけど、ここでサイデリアルのホロスコープが作れるので、太陽がどの星座にあるかだけ見ると、「いわゆる12星座」が分かります。生まれた場所(Birth City)は、ローマ字でKyotoなどと入れれば候補が出てくるヨ!

じゃあどっちがいいってこと?

じゃあ、「トロピカル方式」より、実際の空の「サイデリアル方式」の方がいいんじゃない!?

と、初心者的には思ったんですが、長い間「トロピカル方式」が採用されているのには訳があるのか?

もうこれが気になって、色々調べたんですが、また英語のyou tubeで、いい動画がありました。

春分点固定(基点)の「トロピカル」方式、恒星基準の「サイデリアル」方式の違い、どっちが正しい、どっちが当たるのか議論に終止符。

動画によると、
トロピカル方式は、星座は季節を表しているので、祖先、補助、本質、目標
サイデリアル方式は、星座は実際の空を表しているので、本来の自分、表に出るもの

なので、どちらも互いに影響しあい、読み取ると良い。

おぉお、素晴らしい結論!!(>▽<)

関連商品:トロピカル

楽天ウェブサービスセンター

タイトルとURLをコピーしました