ソーセージ作り

English Japanese

ナカノさんは、週末に町内会のレクリエーションで他県に行くと聞いていたので、それに合わせて帰ろうかと思っていた。
どこに行くのか聞いてみると、どうやら手作りソーセージを作りに行くらしい!?
なにそれ! 面白そう!! それって私も参加できないんですか!?
本来は町内の人だけらしいのだけれど、席も空いているし、参加費は2000円で、多分大丈夫とのこと。
じゃあご一緒させてくださ~い!!!
写真
というわけで、大型バスに一番乗り♪
ご町内の皆様、どうぞよろしくお願いしま~す☆
バスの中ではお菓子やビールなどをいただき、和気藹々。
ガイドさんが道中色々と解説をしてくれて、バスに揺られること約1時間。
写真
滋賀県甲賀市にある、モクモク手作りファームという所にやってきた☆
ここでは豚が放し飼いにされていたり、馬に乗れたり、いちごを摘んだりパンを作ったりできる自然教室みたいなところ。
そして早速ご町内の皆さんで、ソーセージ作り教室へ。
写真
テーブルの上には既にソーセージ作りの道具と材料がスタンバイ。
それぞれのテーブルに10人ほどに別れて、みんなで協力してソーセージ作り開始ぃ!
写真
お姉さんの説明をまずは聞いて、近くのテーブルでまず見本を見せてくれる。
赤身と白身の肉を素手で混ぜ、スパイスも混ぜ、その後テーブルに細かい氷が運ばれてきて、今度はその氷も一緒に素手でまぜまぜ。
写真
これがものすごく冷たいっ!! なので皆さん交代で氷とまぜまぜ。
というか、ソーセージ作るのに、肉に氷を混ぜるなんて、全く知らなかったよ!!
写真
混ぜた肉を容器にポンポンと9割ほど詰めて、
写真
ニュージーランド産の羊の腸を先っぽにつけて、
写真
カチカチとトリガーをひくと、肉が腸に押し出されてくる。
写真
全部肉を詰め終わったら、腸をハサミで切って先を結び、2つに折って、
写真
真ん中でクルクルひねる。
写真
またその半分の真ん中をクルクルひねり、そのままにしておくと、また戻ってしまうので、ひねった一方のソーセージを輪の中に通す。
写真
そうして出来上がったのが、ジャーン、これでーす!
写真
これをスタッフの方が茹でてくれて約20分、
写真
自分たちで作ったソーセージのできあがり~☆
おいし~~~☆☆☆
写真
試食以外の残ったソーセージは、小袋に入れて、おみやげに♪
一人10本ずつぐらいかな? 結構多い!
ソーセージってこうやって作られてたんだね~、面白かった~!!!!
写真
さて、次はファームの中へ移動して、お昼すぎからミニぶたショーを鑑賞♪
写真
カワイイ子豚くん達がのそのそ現れて、ジャンプしたり滑り台を滑ったり、くす玉を割ったり。
写真
お昼ごはんは食べ放題飲み放題の地豚バーベキュー☆☆☆
地ビールも3種類ぐらい飲んで、もうめっちゃおいしいいいいい!!!!
とにかく豚肉がうますぎ!!!
あ~、参加させていただけて、本当にありがとうございます~!!!(>▽<)
いい気分でお腹いっぱいになった後は、ファーム内を一周。
写真
てこてこてこ。
写真
ジャージーソフトを食べたり、
写真
馬を見たり♪
そうして1日、モクモク手作りファームで満喫っ!!
超楽しかった~~~☆☆☆
帰りのバスではオレンジジュースまでいただけて、ご町内の皆様、本当にありがとうございましたっ!!!
そんなこんなで2~3泊予定が、京都で8泊もお世話になってしまいました☆
写真
というわけで、京都から持って帰ってきたおみやげ☆
アメリカから輸入されていたチェダーチーズとモッツァレラ(味)チーズが売られていたのでまとめ買いしてきた。
実は、私はヨーロッパから帰ってきてからというもの、毎日チーズとワインを食しているのだ・・・。恐るべしヨーロッパ!
写真
そしてこれがナカノさんに作ってもらったテーブル。
おおお、パソコンの下に色々置けるようになって凄く便利っ☆☆☆
あ~、京都行ってきて良かったなぁ☆
ナカノさん、どーもありがとうございました♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【楽天市場】ランキング市場 【食品】

楽天ウェブサービスセンター

コメント

  1. 空想 より:

    色白なソーセージですね☆

  2. スー より:

    はい、色白です☆