あつみ~加茂

昨夜は、あつみ道の駅「しゃりん」の休憩室で寝たけれども、マットが寝にくかったのもあって快眠できず、朝起きたらありえない程顔がムクんでいた・・・。
こんな顔、誰にも見られたくないよ~!! 歩けないよ~!! との悲しい気分になるも、とりあえず顔を洗って、シャワー。

ここのシャワーは200円で5分という、激高(?)なのだけれど、停止ボタンを押せばその5分がカウントされないので、アンティの提案により、100円で半分の時間を2人で使用することに。
先に私がシャワーを浴び、途中で停止ボタンを押したまま瞬速で着替え、休憩室で待っているアンティを「早くシャワーに行ってボタンを押して!」と呼びに行くという・・・(ちなみに停止ボタンは5分以上になると、シャワー自体が自動的に停止してしまうのだ。)
なので、先に入った私は、最初に冷たい水が出る上に着替える時間が忍者ぐらいの時間しかないという、役回り的にハズレの方であった。(私が先に入ると言ったのだが、朝にシャワーを浴びたいという提案はアンティである。)

さて、朝食は近くのコンビニでおにぎりとフルーツジュースにブラックサンダー。
そうして朝の9時半にあつみ道の駅をしゅっぱーつ!(予定より凄く遅いって?)

写真
てこてこてこ。

写真
歩き出してしばらくしてから「あつみ温泉」に到着~。

カシャと写真を撮る・・・。

そしてコンビニに寄ったりしながら、綺麗な景色をカメラに収めようといつものように電源を入れると、

ジーッカカカーッ、ジーッカカカーッツ・・・

か、カメラがおかしいっ!!!

何度トライしてもレンズが出てすぐに戻り、ななんと壊れてしまったぁあああー!!!!(>_<。

旅に出てまだ1週間も経っていないというのに、なんたること!!!
家にいれば、アマゾンとか楽天とか価格コムとかで安い奴を買うのにっ!!(涙)

しかしここは東北の日本海側沿い。。。 どこか大きな街で新しいカメラを買わねば・・・オロローン。。。

ということで、ここからのブログは写真なしで・・・ではなく、アンティのカメラから拝借! ヨカッター!

写真
お昼は「ダイゴ」というパン屋さんで昼食。1人500円ぐらい。

アンティのカメラを拝借・・と言っても、アンティのカメラも電池がほとんどなく、綺麗な景色や面白い景はたくさんあったけれど、

写真
これだけでやんす(涙)。

でも、なんか松尾芭蕉になったみたいな景色がたくさんあったよ!!
やっぱり歩くと全然違うね~!

さて、今日はあつみ道の駅から歩き出して、その先30kmほどの所にある加茂という所まで歩いてきたのだけれど、アンティは寺に泊まらせてもらおうと提案していた。
しかも交渉役は私である・・・。

寺なんて泊まったことないけれど、まぁやってみましょうかね・・・。

アンティのiphoneに映し出されたgoogleマップの寺マークを見ながら行ってみる。
途中でバス停があったので、泊まれるかどうかチェック、少し狭すぎる。

「○○寺駐車場」という看板があったので、行ってみるも、どれが寺かちょっと不明で、少し先にも寺マークがあるので、そっちへ行ってみようとなった。

本当にお寺なんて泊まれるのかしら・・・。

あっ、ジュースとか日用品を売っている小さな商店がある。中におばあさんがいるのが見える。あのおばあさんに何気にこの辺に泊まれる所がないかどうかを聞いてみて、あわよくば家に泊めてもらえないかしら・・・。

アンティに聞いてみる。

「まぁ、やってみれば?」

ふ・・・相変わらず冷たいなぁ。交渉するのはどうせ私ですよっと・・・。

「すいませーん」
商店のドアを開いて中に入る。
しかし更にその奥にいるおばあさんには聞こえていない。
奥のガラス戸を開けて、こんばんはー! こんばんはー! と叫ぶとやっとおばあさんが出てきた。

「あの~、歩いて旅をしているんですけれど、、この辺にお寺とか、泊まれるところないですかね~・・・?」
「お寺? この辺のお寺はみんなしまってるからの~」
「えっと・・・じゃあどこか泊まれる所ありますか?」
「加茂にはそんな泊まれるような所はないの~。もうちょっと先の方に行けばあるかもしれんの~」
「そうですか・・・どうもありがとうございました」
笑顔で立ち去る。

うーむ、「じゃあ家に泊まって行きなされ」という言葉は引き出せなかった・・・まぁ普通無理か。

さて、じゃあこの小学校前にあるお寺行ってみようか。

てこてこてこ。

行くとそこは神社。階段を上ると、完全に閉まっている。無理っす。。。

じゃあ、他のお寺・・・と歩き出すと、人がいた。

「すいませーん、歩いて旅をしているんですが、この辺に泊まれるような、お寺とかありませんかね~?」
「寺!? 寺はいくらでもあるけんども、人がいねえからな~。それよりもあすこに灯台見えるだろ? あの辺の人が詳しいからあすこで聞くといいよ」
「そうですか。あのお寺って閉まっていても、雨風はしのげますよね・・?」
「あぁ、避難所になっているからね」
「じゃあちょっとその先のお寺に行ってみます、ありがとうざいます!」

と、小学校の裏の寺を目指そうと歩いていくと、小学校の前の車からおばさんが3人降りてきた。

あっ! この人たちに聞いてみよう!

「こんにちは~! あの~、歩いて旅をしているんですけれど、、この辺にお寺とか、泊まれるところないですかね~・・・?」
「お寺? 寺はあんけども、人もいないし泊まるごとできんかね~?」
と、おばさんたちが顔を見合わせて言う。
すると、「うぢに泊まるかね?」と1人のおばさんが言ってくださった~!!

「いいんですかっ!?!?」
「うぢ、空いてる家がいっごあっげど、シャワーが使えるかどうか分がんねえんだけどね」
「いいですいいです! 寝られさえすればいいんですっ!!」
「ところでご飯はどうすんの?」
「あ、いや、、何も食べてないんで、どこかで食べようかと思っていたんですが・・」
「じゃあ、なんが作って持って行ってあげる! 冷やし中華でいいがね?」
「いいんですかっ!? あ、ありがとうございます!!」

とのことで親切なキミさんの車に乗って、おうちへ!! ヤッター!!

一部始終を見ていた他のおばさんたちも、「なんがTVみたいやね」と、私もそう思います☆

家に到着すると、寝室、キッチン、お風呂、トイレの場所を教えてくれて、「ゆっくり休んでな~」とキミさんは出て行った。

すごーい、すごーい!!
ついでに、「きみ、凄いね」とアンティにもお褒めの言葉をいただいた。

キミさんが出て行ったあと、玄関が開いた音がしたので、キミさんが戻ってきたのかと思ったら、知らないおじいさんがヨロヨロと入ってきたではないかっ!?

看護婦の娘さんが朝の3時に帰ってくるだけと聞いたけれど、このおじいさんのことは聞いてないっ!(汗)

とりあえずこの家の人だろうけど・・・

アンティに、こっそり「おじいさんが来た、おじいさんが来たよ!」と小声で合図する。
アンティも玄関に出てきて、おじいさんの動きをうかがっていると・・・

「こんばんはー!」とアンティが声をかけた。

うわ、この人凄い! ドキドキドキ。。。
しかしこちらの存在を知られてしまったからには私もすかさず挨拶だ!
「こんにちは~! 今日ここに泊まらせていただけることになった者です・・!」

おじいさんは驚きもせず、「ちょっと待って、ちょっと待って・・・」とゆっくりと動き中に入ってきた。

2人してドキドキしながら、おじいさんに従う。

「まぁ、座りなされ」
「ハイ・・」
「どこから来たんかね・・・?」
「あっ、福井県です」
「私はフランスです」
「そうか・・」

おじいさんは、とにかくゆっくり動く。

そんな感じで、「この人は誰なんだろう」と思いながら3人で話していると、ガラッと玄関が開いてキミさんが食事を自宅から用意してきてくれた~!!!

写真
す、すごい!!
冷やし中華にサラダにビールにグレープフルーツにアイスコーヒーに山形ワイン!!

ついでに明日の朝食用にと、写真にはないけどパンも4つも持ってきてくれて!!!

もう、ほんと、こりゃTVの「田舎に泊まろう」か、素でカウチサーフィンじゃないですかっ!!

「じゃあ、後はゆっくりしてね」とキミさんは言って、自宅に戻られた。

アンティと夕食をいただき、お風呂に入らせてもらい、ワインをいただき、布団を敷いて、ありがたく寝させていただくのでありました。

ありがとうございますっ!!

あつみ道の駅~加茂 30km

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【楽天市場】ランキング市場 【チーズ・乳製品】

楽天ウェブサービスセンター

スーの日本国内旅行記 新着記事

読まれている記事とか