バスでビエンチャンからウドンタニ経由でチェンマイへ

English Japanese

朝8時半に起きて、朝食♪

写真

ありがとうございます!!

さて、9時すぎにモンとアレサンドロが起きてきて、アレサンドロは仕事へ。
モンは赤ちゃんを車に乗せて、とりあえず簡単な裏ビエンチャン案内。

写真
写真

中心街からそんなに離れていない、ちょっとした裏道を行くだけで、こんな。
ええ! ビエンチャンてラオスの首都なのに、まだこんななの!?!?

「これが本当のラオスよ。ラオスはまだまだ貧乏なの」と教えてくれる。

写真に写っている道はまだマシな方で、片側斜線が盛り上がっている所とかデコボコ道もあった。
旅行者が歩くエリアなんてほんの一部で、ちょっと裏に入ればこんななのだ。

とは言っても、ビエンチャンは前回訪れた5年前とはかなり変わっていて、車とバイクがめっちゃ増えた! 前回は道にほとんど何も走ってなくてガランとのんびりしていたのに。
旅行者も増えているみたいだし、物価も上がっているみたい。

そして、ウドンタニ行きのバスの切符を買いにタラートサオバスターミナルまで連れて行ってくれて、切符を買うのだけれど、前回はタイバーツで払ってもなんら問題はなかった。

ウドンタニまでのラオスキップは22000K(約220円)で、タイバーツだと80B(約250円)で、悪くないと思う。

なのに、100Bを出すと、なんと10Bしか返ってこない!? しかもラオスで流通していないタイのコイン1Bが10枚セット。。。(ラオスで使えるタイバーツは紙幣だけ。)

「お釣りは20Bのはずでしょ?」
「90Bだから釣りは10Bだよ!」
「80Bでしょ!?」
「90Bだよ!」
80Bでもお釣りが来てもいいぐらいなのに、90Bなんて・・・!
「嫌だったらラオスの金で払いな!」
「分かりました、そうします!」

ということで、久々の東南アジアのやりとりが。。。
ていうか、ていうか、ラオスどうなっちゃったの!?!?
前は旅行者を騙そうとする人なんて全然いなくて安心して歩き回れたのに、昨日は、バスターミナルからの乗り合いバスも旅行者価格でボッてくるし6kmぐらいなのに15kmとか嘘つくし、このバスの窓口までボッてくるなんて・・・!!

う~ん、ラオスがベトナムみたいになっちゃうよ~!!(>_<)←ベトナムに失礼?(笑)

とにかく、モンにラオスキップに両替してもらおうと思うも、モンの車が見当たらず(駐車スペースがなかった。)、両替所を探すにも近くにない。。。

う~ん、、、と思っていると、同じ窓口の列に並んでいた日本人男性の方が「お金貸しましょうか?  とりあえず早くバスの切符買っちゃわないと席なくなっちゃいますし」とのありがたいお言葉がーっ!!(>▽<。

ありがとうございます!!
本当に、困った時はいつも誰かが助けてくれるので、感謝感謝しています!!

ということで、無事にウドンタニ行き、14時のバスの切符購入~☆

男性の方とは同じバスで会うので、とりあえずお別れ。
そしてモンを見つけて車に乗り込むと、
「えーっ! なんで言ってくれなかったのーっ!? 90Bなんて高いよ! 多分外国人だからだよ!」
「実はモンが見つけられなくて、、でも日本人の男の人がお金貸してくれたよ!」
とのことで、一件落着。

でも、モンの話によると、以前はそんなことなかったのに、最近は旅行者も増えて、お金のせいで人々も変わってきてしまったらしい。。。
(といっても、そういう人達は概して人相が悪いし、愛想も悪いのですぐに分かるけれど。)

お金で人は変わる。。。東南アジアの宿命なのかな。。。
街中も車とバイクだらけで、とにかく渋滞。
本当に変わってしまった。。。

写真

さて、気を取り直して、モンがオーナーをつとめる3週間前に新しくオープンしたイタリアンレストランへ☆
モンは有名なファッションデザイナーであり、高級ブティック店にアクセサリー店、イタリア料理店に動物病院のオーナーでもあって、本当に凄いと思う。

ここでの食事も、「お金のことは気にしないで! 私が招待したんだから!」とのおもてなしぶり!
ありがとう~!!!!(>▽<)

写真

ラザニアとジュース

写真

デザートにティラミス~☆☆☆
本場のイタリア人が作っているよ!

ご馳走様でした~!!(>▽<)

さて、本当はモンには、一週間ぐらい滞在したらいいのに~! と言われていたのだけれど、今回は全て予定を詰め詰めにしてしまった為、余裕がない。。。
この後時間があったら観光に連れて行ってくれる予定だったけれど、渋滞もあって、その時間もなくなってしまった。

写真

凄い渋滞。5年前からは全く想像できないよ。

そう、ビエンチャンには3~4回来ているけれど、実は大使館とか街ブラとかブッダパークという面白スポットとかに行っただけで、街中観光をしていなかったのだ。
私も旅初心者の頃は、そんなに貪欲に観光をこなしていなかったのですね~。。。

ということで、ビエンチャン観光はまた次回に☆
モンとご家族に会えただけで楽しかった!!

タラートサオバスターミナルに到着し、モンにお礼とお別れ。
「次は一緒にラオスの南を車で旅しようね!」と約束を交わして、ウドンタニ行きのバスに乗った。

写真
写真

このバスだけは相変わらず5年前と変わらずオンボロバス・・・。
座席の頭の部分とか、手で触れるともたげてきます。。。

ちなみにラオスの街中には、日本が寄付したという新しいバスが走っていて、そのバスには日本の国旗もついているよ!
ラオスの人々はもっと日本人旅行者を大切にしてほしい(>_<)

写真

バスは午後2時に出発し、ラオス国境に到着。
出国税が10000kip(約100円)いるとか聞いていたけれど、払う必要なかったよ!

そして次にタイ国境に到着し、

写真

無事に一ヶ月滞在スタンプゲット~☆☆☆
今まで陸路は14日間しかもらえなかったのだけれど、去年の10月30日(?)から、日本を含め数カ国が陸路でも30日間もらえるようになったのだ、ラッキー!!!!

14日しかもらえなかったらちょっと面倒だな~と思っていたけれど、これで堂々とタイ滞在できる~♪

さて、ウドンタニに入ってからちょっと渋滞し、ウドンタニのバスターミナルに到着したのは4時半前。
バスを降りると同時に、入り口で人が待ち構えていて、タクシーやトゥクトゥクを誘ってくる。

「ソンテウ(乗り合いバス)に乗るよ!」
と言うと、みんな大人しく引き下がってくれて、金額も確認すると10B(約35円)だと教えてくれた。

タイ人は、こういう所、聞き分けが良くて親切で、だから好きさ☆

ということで、トゥクトゥクのおじさんが7番のソンテウがチェンマイ行きのバスターミナルへ行くと教えてくれて、道の向こう側で待っていたのだけれど、30分ぐらい待っても来ない。。。
来るのは44とか9のソンテウばかり。。。

おじさんも、ずっと見守っていてくれて、心配になったのか声を何度かかけてくる。

ソンテウだと10B(約35円)。
トゥクトゥクだと80B(約260円)だとモンに聞いていた。
おじさんは、「もう今日は7番のバスは多分終わったんだよ。トゥクトゥクに乗りなよ。70Bで連れて行ってあげる!」と言う。

う~ん、道の向こう側は7番のバスが、もう3~4台は通り過ぎているのでこちら側もいずれ来るとは思うのだけれど・・・

「じゃあ50B(約170円)で!」
「60B(約200円)だね。本当なら80Bなんだから、特別に60Bにしてあげるよ!」

ま、いっか♪

写真

ということで、トゥクトゥク、初一人乗り~!

写真

タイに来ていきなりの贅沢っ~!

と乗った所で、道の先に渋滞に巻き込まれている7番のソンテウを発見!
「あー! 来てたね~! ま、俺も知らなかったし(笑)」と言うも、ま、いっか♪

「あれは俺の好きな神様の像」
「あれは小学校で、今学校が終わったところだね」
と観光案内もしてくれる(笑)

「次にウドンタニに戻ってきた時は、俺の番号を指名してね!」
「次に来た時にはアイラブユーだぜぇ~!」
などとおちゃらけた事も言ってくる(笑)

こういうタイ人のお気楽なところが好きさ☆

第一バスターミナルから第二バスターミナルまでは、約8kmぐらい??
おじさんはチェンマイ行きのバスの切符を買うのも手伝ってくれた、ありがとう!!

写真

ウドンタニ→チェンマイ 午後8時発
ミールクーポン付き 666B(約2000円)

午後5時頃に着いたので、ここまでのブログ書き書き。

写真

これがバスターミナル。
ガランとしていて、全然人がいない。

写真

売店で、軽い夕食を購入。
パン 6B(約20円)
豆乳 12B(約40円)

写真

そしてこれがバス。
なんか、めっちゃいいバスなんですけど!!

写真

乗り込んでみると、中も豪華!
しかも、私の席は右の列だったのだけれど、なぜか左の列の方が1.5倍ほど前の座席との幅が広い。
「左側の列は広い~」とスタッフのお兄さんに言うと、「左の列に座っていいよ」と座らせてくれた!
めっちゃ広いし、隣に座ってる人はいないし、まさにVIPバス!!

バスは10分遅れの8時10分にウドンタニを出発した。

車内の電気がすぐに消灯したと思ったら、9時にまたついて、

写真

私がさっき売店で買ったものとほぼ同じものが配られた・・・(笑)←しかし豆乳は大きい。

そして15分ぐらいでまた消灯し、眠りについたのでありました。

・・・っていうか、クーラーめっちゃ寒いし!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【楽天市場】ランキング市場 【メンズファッション】

楽天ウェブサービスセンター

コメント

  1. トオリスガリ より:

    今度ヴィエンチャン、ウドンタニ、(チェンマイもかな?)と同じルート使う予定なので参考になりました!
    今年の情報ですしね。
    ありがとうございます~。