私が旅に持っていくリュック・バックパック紹介

こんにちは、バックパッカーのスーです。
バックパッカー歴も、ニュージーランド旅行時代から始めて9年ぐらいになりましたね~。わぁお。

バックパッカーとは、いわゆるバックパック(リュック)を背負って個人旅行をする人のことです。

しかし、バックパック(リュックサック)で旅行をする前は、私も短期ツアーの一般的な旅行者だったので、ボストンバッグを使ったりしていました。
バックパック旅行を長年やってきたので、これから旅に出ようという人のカバン選びに少しでも参考になればと思います。

バックパック(リュックサック)が良いなぁと思える点をいくつかあげます。
何かあった時に走って逃げれる
・エレベーターを探さなくて良い(スーツケースだと階段を持って上がるのが大変。)
・小さめの荷物だと、バスや車で足元、または隣に置いておける(いちいち預けなくて良い)

逆にいけてない点をいくつかあげます。
・荷物がスーツケース程入らない
・長い距離を歩くと、(腰ベルト・フレームがついていないものだと)肩が疲れる
・布なので、ナイフ等で簡単に切れてしまったりと防犯上心配

とまぁ、一長一短はありますが、私が旅に使っているリュック・バックパックを紹介しま~す。

写真

これが、現在家にあったもので、旅に使ってきたカバン達です。
では、一つずつ紹介していきまーす。

マジカルファクトリーのリュックサック 30L

写真

ニュージーランド旅行用に買ったリュックサック。

メーカー:MAGICAL FACTORY(マジカルファクトリー)
サイズ:46x36x18cm(30L)
金額:7,000円ぐらい
重さ:840g
購入年:2006年
旅行した所:ニュージーランド、オーストラリア、東南アジア、インド、台湾、韓国、日本国内

もうここ最近、ずっとメインで使っているリュックサック。
10年も使ってるのに、まだまだ現役、何の不具合もなくて凄い。
見た目よりも、中は意外にたっぷり入る。
しょぼいけれど、一応腰ベルトもついている。
何より軽くて丈夫なので、LCCにも強い。
これからもメインで使っていくでしょう♪

■私のリュックと似ているリュック

Coleman リュック ウォーカー33

Coleman リュック トレックモーション30

もし今のリュックが使えなくなったら、上のどちらかを買うかな~。

オスプレーのバックパック 35L

写真

上のリュックを持っていったけれど、サイズが小さすぎてパンパンになったので、アメリカ旅行の途中で買ったバックパック。

メーカー:OSPREY(オスプレー) aura35(オーラ35)
サイズ:57x38x28cm(35L)
金額:130ドルぐらい
重さ:1.34kg
購入年:2011年
旅行した所:アメリカ、日本国内

初めて買った本格的なバックパック。
フレームがついているので、背中がムレないし、腰ベルトがあるので、肩がこりにくい。
しかし、サイズが少し大きめなので、機内持ち込みが微妙。(多分潰せばいけるけどフレームが硬い。)
上のリュックに比べると、少しだけ多めに入るぐらいなので、出番は少ない。
国内旅行に活用。

サロモンのバックパック 45L

写真

日本を歩く旅行の時、最初のリュックを持っていったけれど、重すぎて肩がこったので、途中の青森で買ったバックパック。

メーカー:SALOMON(サロモン) REVO45
サイズ:70x32x30m(45L)
金額:15,000円
重さ:1.46kg
購入年:2011年
旅行した所:日本国内(青森~北海道)

上の水色のオスプレーのバックパックを持っていけば良かったのに、歩く旅をなめていて、軽い方のリュックにしたら、長時間歩行(1日20km~)の為、肩はこるわ、足は痛めるわで散々な目に。
肩への負担を減らすため、フレーム、腰ベルト付のサロモン(フランスのメーカー)のバックパックを応急処置的に購入。お陰で肩が楽に。
今後の出番は不明。災害時の避難用として待機。

アウトドアのソフトキャリーバッグ 30L

写真

ニュージーランド旅行用に買ったソフトキャリーバッグ。

メーカー:OUTDOOR(アウトドア)
サイズ:60x36x25m(30L)
金額:10,290円
重さ:2.6kg
購入年:2007年
旅行した所:ニュージーランド、日本国内

荷物が多い時の預け荷物用や、日本国内のお気楽旅行時に使用。
実はこう見えて、背負えたり、横にして持てたり、コロコロの足カバーがついているので床に置くときに汚れないという利点もある。(ただし、背負うことはない。)
出番は少ないけれど、たまに使う。
中ほどに重い物を入れると倒れやすいのが玉にキズ。

■似ている商品

多機能リュックキャリー

まとめ

以上、私が旅に持っていくリュック・バックパック紹介でした。

バックパック、スーツケース、キャリーバッグのどれを旅に使うかは、その旅のスタイルや好みにもよりますし、臨機応変に使い分けるのがいいと思います。

次回は、私が旅に持って行くメインバッグの詳細をお伝えしま~す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品:機内持ち込み

楽天ウェブサービスセンター