ポンペイ

English Japanese

今日はポンペイへ行こうと思っているのだけれど、アンドレアが少し街を案内してくれるというので一緒についていく。

写真

歩行者天国になっている賑やかな通り。

写真

Villa Floridiana
公園

写真

公園内にある、公爵が住んでいたという、今は博物館になっている建物。

写真

この公園からの眺めがいい☆

さて、ここでアンドレアと別れ、私は地下鉄に乗って一人駅のあるガリバルディ広場へと向かう。

ポンペイへは普通にイタリア鉄道で行けるのかと思って切符売り場で並んでいたのに、そうではなくCircumvesuvianaという私鉄で行くみたい。

イタリアの駅内は、表示があまりないので分かりにくい。
駅内にあった観光案内所で聞いて、やっと到着。

そこの窓口にてポンペイへの行き方などを聞くと、1日券があるらしく、片道よりも安い!
しかも市内のバス・地下鉄・フニコラーレにも乗れるので、それを購入。

写真

3.80Euro(約450円)

平日は4.70Euroなのだけれど、今日は土日なので3.80Euroだった、ラッキー☆☆☆
ついでにポンペイの往復の時刻表ももらう。
見ると、エルコラーノという別の遺跡の駅にも停まるみたいで、この1日券でどこへでも何度でも乗り降りできるので、本当にこれはお得切符!

写真

電車に乗り約30分、

写真

Pompei Scavi駅に到着~。

入場料11ユーロ(約1300円)を払い、ポンペイ遺跡の中へ。

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

この町がまるごと火山でなくなってしまったなんて、、、凄い。。。

このポンペイ遺跡はとっても広くて、道もデコボコで歩くのも結構疲れるのだけれど、鍵がかかって入れないところがいくつかあった。

お腹が空いたので、鍵のかかった門の前の階段に座ってポリポリとビスケットを食べていると、中からオッサンと2人の観光客が出てきた。

なんだ、入れるんじゃん??

と聞いてみると、特別な許可がないと入れないという。

そうなんだー、と思い、そのままポリポリ食べていたら、オッサンがじーと私の方を見て、「入りたい?」と聞いていたので、まぁ別にどっちでも良かったけれどせっかくだから入らせてもらうことに。

そうして通り一遍を分かんないイタリア語で案内してくれたのだけれど、中に落ちていたモザイクの一片をおみやげでくれようとしたり、肩やらをベタベタ触ってくるので、断れば良かったかなぁ・・・と思いつつも見学。

そして最後、案内が終わった時に、「お礼にチューして! チューして!」と言って来るのでマイッタ。。(>_<)

「ありがとう、じゃね~!!」と言ってそうそうに逃げてきたさ。あぶねー。

さて、3時間ほどあまり天気の良くない中をてこてこ歩き回り、駅に着いてナポリへ戻ろうとしたその時、、、、

「プチ」

って、、ん? おわっとっと・・!!

ビーサンの鼻緒がちぎれたぁああ~~~(>_<)

プチとちぎれた部分は、ちょうどそこにあった奈落の底へと落ちていってしまった(まぁあったとしてもどうにもならないけれど)。

あぁ、マケドニアのスコピエでトミーにもらった履きやすかったビーサンがぁぁ~。。。(涙)。

スイスで3500円もするDCのビーサンを買ったけれど、後でもらったトミーのビーサンの方が履きやすくてずっと履いてたのにぃぃ~。。。

とにかく何とかせねば・・・と知恵を搾り、輪ゴムとわっかにて臨時鼻緒作成。
あぁ、変な小物常に持ち歩いてて良かった~☆

そんな感じでペコペコしながらナポリに到着。
地下鉄を乗り継いで何とかアンドレア宅に帰り着き、DCのビーサンにチェンジした。ほっ。

夜はアンドレアが帰ってきて、夕食に連れ出してくれる♪

写真

写真

ホクホクのフライドポテトに泡がふわふわのドイツビール、そしてパニーノ☆☆☆

どうもありがとう、アンドレア!!

そうして家に戻り、疲れすぎてすぐに就寝。


旅行前のお役立ち情報

Booking.comで2000円キャッシュバック! お友達紹介キャンペーン
海外旅行保険付クレジットカードを詳しく紹介します
旅のクーポン・割引・お得情報
海外旅行に便利なトラベルグッズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【楽天市場】ランキング市場 【ケーキ】

楽天ウェブサービスセンター