ミラノへ移動 グリーニャ山で山登り

English Japanese

ギィッ 「あっ、ごめんなさい」
バタン 「わぁ、中に誰か寝てるよ・・・」
ギィッ 「わぉ、君キッチンで寝てるの? 面白いね」

昨夜はキッチンに人の出入りが多く、しかも天井の扇風機を回すために電気をつけっぱなしにしていて、オマケに夜中にいきなり窓がバタン!! と開いたと思ったら、ゴォーッ!!! と凄い風が入ってきて、全部のドアが開いたりして超怖かった。

誰も人が入ってこないと思っていたのにキッチンでなんて、うかうか寝ていられない。。。

あぁ、もう早くヴェネツィアから出ていきたい!!

朝6時半に起きあがり、軽くシャワーを浴びてから荷物をまとめる。
そうして7時すぎだというのに誰も起きていなかったので、とりあえずスタッフの一人に挨拶だけして出る。

珍しく外は雨。

ポンチョをかぶっててこてこ駅へ。

切符売り場に人がほとんどいなかったので、初めて切符売り場の窓口で切符を買ってみる。

本当はヴェネツィア・サンタルチア~ミラノの電車に乗りたかったのだけれど、ちょうどいい時間の奴だけなぜか次の駅のヴェネツィア・メストレ~ミラノとなっている。。。

金額は全部30.50ユーロだったので、同じだろうとたかをくくっていると、打ち出された金額は31.75ユーロ。

えええ!? なんで!?!?

すると窓口の冷たい係員はこう言った。

ヴェネツィア・サンタルチア~メストレ間の切符が1.25ユーロね。

な、なんで~~!!
普通にヴェネツィア・サンタルチア~ミラノの切符の金額も、ヴェネツィア・メストレ~ミラノの切符の金額も30.50ユーロだったので、それでいけると思っていたのに、余計なお金が発生してしまった。。。

これ、払う必要あんの!?!?

もう面倒くさいので払っておいたけれど、いらないような気がするんだけど。。。

こうして色んな理由でヴェネツィアが大嫌いになった。
暑すぎる、物価が高い、迷路みたいで迷う、狭い、水路の水が緑色、結構汚い、ホストが最低だった、などなど。

とりあえずまずはサンタルチア~メストレまでローカル電車で10分。

写真

そして初めての特急電車、ユーロスターに乗り込む。
ヴェネツィア・メストレ~ミラノ 30.50ユーロ

本当は半額で乗れるローカル線に乗るつもりだったのだけれど、ミラノでホストしてくれる方の都合により、早めにいくことに。

写真

中はこんな。
テーブルが広くて、なんと電源がついている!!
でもリクライニングができないのが残念。。。

外の美しい景色を見る暇もなく眠りに落ちる。
昨夜ほとんど寝てないし、ヴェネツィアでの3日間まともに寝れてないしね。。。

写真

3時間後ミラノ駅に到着~。

カウチサーフィンで、相手の方からメールをくれて受け入れてくれたマルコ(34)が駅まで車で迎えに来てくれて少し離れたマルコの家へ。

写真

マルコが作ってくれた、トマトとモッツァレラチーズとバジリコをオリーブオイルと塩とあえただけの簡単パスタなのにおいしい☆

1時間ほど会話をした後は、マルコが車で山へ連れて行ってくれる♪

写真

Como lake コモ湖

めっちゃ綺麗~☆

写真

次は山登り♪

Grigna mountain グリーニャ山

もの凄い天気が良くて、自然が眩しい☆

写真

でも、ビーサンにスカートで来てしまったので、結構山道を登るのが厳しいぞ。。

写真

ワーイ☆

写真

途中の岩、キスしてるみたい☆

写真

う~ん、久しぶりの山登り、気持ちいい~!

写真

私の先を歩くマルコ。

写真

セルフにてパチリ☆

写真

一旦山を降りて、休憩。
アイスクリーム 2Euro

観光地だからか小さくて高い(>_<)

写真

再び別の山を登ってビューポイントへ♪

いやぁ、絶景かな☆

写真

家に帰ってマルコ特製パスタ、おいしい☆

パスタの後は、パイナップルをデザートにご馳走になり、最後にこれ。

写真

リモーネチェッロ
Limonechello

レモンの皮を砂糖とアルコールでつけたお酒らしい。
後片付けをした最後に飲むのだとか。
30~40%で結構キツいけど、甘いっ!

夜は遅くまで旅の情報などを聞いて本日終了。
あ~、ベネツィアにいた時の100倍は楽しいわ~♪


旅行前のお役立ち情報

Booking.comで2000円キャッシュバック! お友達紹介キャンペーン
海外旅行保険付クレジットカードを詳しく紹介します
旅のクーポン・割引・お得情報
海外旅行に便利なトラベルグッズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【楽天市場】ランキング市場 【日用品雑貨・文房具・手芸】

楽天ウェブサービスセンター