ローマの長い一日 真実の口、パンテオン、ビーチパーティ

English Japanese

朝は9時に起きて朝食、そして11時に家を出た。
今日はバチカンに行こうかと思っていたのだけれど、ちょっと時間がないので、次にしよう。
最後のローマパスの日なのと、月曜日はほとんどの美術館が閉まっているので、お金のかからない所へ。

地下鉄に乗って、チルコマッシモ駅で降り、てこてこ東へ向かう。

写真

真実の口 Bocca della Verita

長い行列ができているというほどでもなく、30人ぐらいかな?
そこへ並んでパチリ☆
写真は一人1枚で、料金は50セント(約60円)

写真

真実の口を撮った後、順路は教会の中へと進む。

写真

これが真実の口があるサンタ・マリア・イン・コスメディン教会。
Chiesa di Santa Maria in Cosmedin

写真

教会を出て、そのまま道を渡る。

真実の口広場 Piazza Bocca della Verita

ローマの街中にはいたるところに広場があるし、こんな建築物もたくさんあって、普通に歩いているだけでも楽しい☆

てこてこと道沿いに影のない炎天下の中を歩いていくと、コロッセオに似た建物に遭遇。

写真

マルチェッロ劇場 Teatro Marcello
右の柱はオッタビアの列柱。

てこてこてこ。

右手に見えてきた長い階段を上っていくと、
写真

なんかこんなのが。

カンピドリオ広場 Piazza Campidoglio

ていうか、迎えてくれる両側の裸体の騎士(?)の体のバランスがおかしいような気がするんだけど。(胴が短すぎない?)

ここには美術館が2つあるのだけれど、月曜なのでどちらもお休み。

写真

広場にあった大きな彫刻。
モデルはそこに座っていたお兄ちゃん。

てこてこてこ。

写真

ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂
Monument a Vittorio Emanuele ll

きょ、巨大すぎる!
中を上っていくのも結構大変。

写真

途中でイタリアンジェラート 3ユーロ(約350円)
う~ん、おいし~☆☆☆

写真

ビーサンではめっちゃ歩きにくい石畳の道をアイス食べながら歩いていると、

写真

これまた巨大な建物が。
S . Ignazio di Loyola

写真

このような路地を東に向かっててこてこてこ。

写真

パンテオンだ! Pantheon

写真

パンテオン前のロトンダ広場 Piazza d. Rotonda

写真

パンテオンの中は、露出した服装や写真撮影は禁止されているそうなのだけれど、めっちゃ露出した格好の人もいるし、普通にみんなバチバチ写真を撮っていて、

写真

この表示が全く持って役目を果たしていないようでありました。

写真

パンテオン内は、電灯がなくて、天井に唯一の光源である穴が開いている。
時間帯によって光の当たる場所が変わって素敵。

写真

帰り道に再び昨日来たトレビの泉前を再び通る。
人がたくさん。

写真

暑すぎるので、氷レモンジュースのようなものを購入 1.5ユーロ(約180円)
量が少ないのに、結構高い。

写真

ローマには至るところにこのような水源があって、めっちゃ冷たくてしかも普通にみんな飲んでいるので、私もたまに水分補給させてもらってます。
水を持ち歩く必要がなくて便利♪

家に戻るとアンドレアが既に戻っていて、談話&休憩。
今日はアンドレアの友達の大学生が卒業式とのことで、一緒についていく。

写真

アンドレアのバイクに乗せてもらってブイーン。
普通の道路っぽいのに80kmぐらい出てて、凄く気持ちいいんだけど、なんだかタイの道路事情を思い起こさせるような感じ。
もう、日本の交通マナーなんて、めっちゃいいとしか思えん(笑)。

大学について、友達に挨拶した後は、
写真

大学の売店にて初イタリアンコーヒー☆ 80セント(約90円)
深みとコクがあっておいしい☆

アンドレアのおごり、ありがとう~☆

大学の友達とは一旦わかれ、夕食に。

写真

このような素敵なお店へ連れて行ってくれ、ディナー♪

写真

最初は軽くこんなの。もう既においしい☆

写真

団子みたいなのとライスコロッケ

写真

カプリチョーザ

写真

養命酒のような、ハーブが混ざっている食後酒。

と、結構高そうなのだけれど、アンドレアのおごり~☆☆☆
タダで泊めてもらって、食事までご馳走になって、どこまでいい人なんだ!? と恐縮しかりなのだけれど、人生を楽しんでいる人っていうのはこういう人なんだと思う。
私も見習おう☆

ありがとう、アンドレア!

夕食後は家に戻り、車に乗り換えてローマから40分ほどのビーチへ。
大学生の友達のパーティってことで、ご一緒させてもらったのだけれど、水着で夜の海にみんなキャーキャーと入ったり、音楽にノッて踊ったり、砂の上に布を敷いて寝転がったり。
私も一応水着を持っていったけれど、寒くて入れん。。

ちなみにアンドレア以外は誰も英語が話せなくて、挨拶だけしたのだけれど、イタリアでは初対面では名前を言って握手するだけみたい。
普通だったら(?)、「初めまして、スーです」と握手するのに、こっちは「スーです」と握手するだけらしい。

新たな発見であった。

そんなこんなで結局家に戻ったのは朝の4時ごろ。。。

ちょっと、、、ゆっくり寝ないと。。。
長い一日だった~。


旅行前のお役立ち情報

Booking.comで2000円キャッシュバック! お友達紹介キャンペーン
海外旅行保険付クレジットカードを詳しく紹介します
旅のクーポン・割引・お得情報
海外旅行に便利なトラベルグッズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【楽天市場】ランキング市場 【インテリア・寝具・収納】

楽天ウェブサービスセンター