バンコクへ

朝4時5分に目覚まし、朝ごはんを食べて5時に福井をしゅっぱーつ!

JR普通→新快速→新幹線→名鉄と乗り換えて8時半頃に名古屋国際空港セントレアに到着。

すぐにチェックインすべく、リュックサックにカバーをかけてベルトで絞めて手荷物風に。
写真

わー、なんかバックパッカーって感じ!

写真

芋かりんとうをかじって少しおなかを満たす。

写真

10時発、チャイナエアライン(中華航空)に乗って日本を飛び出したぞー。

イーチェックインであらかじめ席は一番後ろにしておいたんだけど、隣がいなくてラクラク♪
乗り継ぎの台北までは約3時間。

写真

機内食はチキンかシーフードで、チキンにした。
これがアタリでおいしかった~☆

お昼すぎに台北に到着し、乗り換え。
トランジットエリア内で無料のネットを少し使用させてもらう。

台北を1時すぎに出発。
今度も一番後ろの席にしておいたけれども、人がたくさん乗っていたので、空いている所に移動。
そしてまたラクラク♪(搭乗を締め切ったら席を移動してもいいのさ。)

写真

今度の機内食はチキン、シーフード、パスタのうちのパスタにしてみた。
まぁまぁ、悪くない。
チャイナエアライン、結構いいぞ。

でも、冷房が効きすぎて寒かったよー。

そして4時間後の現地時間4時(日本は6時)にバンコクに到着~。
入国審査の後、荷物をピックアップして1階外にあるエアポートバス乗り場へ。

写真

ここでバスの切符を購入。
150バーツ。

今回は、ローカルバス(35バーツ)に乗ろうかなとも考えていたんだけど、ちょっと時間的なものとか都合とか考えて、手っ取り早いエアポートバスにした。

ここで待っている時に、日本人かな?韓国人かな・・?と思った男の子に声をかけると、韓国人だった。

シージェン(20:大学生)は、バックパッカー初めての旅で、2週間の予定で来たらしい。
バックパッカーらしく、宿も決めてなくて、カオサンに行くって。

バスがなかなか来なかったので、ちょうどいい話し相手で、バスが来てからも、隣の席に座って色々情報交換。

渋滞もしてて、なかなか進まなかったけど、6時半ころにカオサン到着。

写真

久しぶりのカオサン通り。

できれば今日、ラオスのビエンチャン行きのバスに乗りたかったので、とりあえずMPツアーの入っているバイヨンビルの隣にある、Nat guest houseのトラベルデスクで聞いてみると、もうギリギリだから今日は手配できないと言われてしまった。
ちなみにここは700バーツ。

仕方ないので(?)MPツアーへ行くと、800バーツだけどギリギリでも乗れるとのことだったので、ビエンチャン行きVIPバスを申し込み。

7時に集合だけど、その時6時50分だったので、シージェンに別れの挨拶とオススメのゲストハウス(安宿)の場所を教えてあげて握手をしてサヨナラ。
ついでにMPツアーで教えてもらった安い両替所へ速攻で走るも、T/C(トラベラーズチェック)は両替できないと言われ、仕方ないのでもう適当な所で両替。

コンビニで6バーツの水を2本買って、走ってMPツアーへ戻り、バス代を払ったらちょうどバスの迎えの人が来た。

どうやらビエンチャンにもう一人日本人の男の子が申し込んでいたみたいで、クロエさん(25:3日前から世界一周を始めた人)と一緒にバスの集合場所へ向かう。

すぐにバスに乗れると思っていたのに、なぜか1時間半ほど待たされ、やっとVIPバスというものに乗れたよ。

写真

これがVIPバス。
2階建てで、どんな金持ちが乗るんだと思っていたけど、まぁ電車の方がいいです。やっぱ。

写真

これが座席。

もっとふかふかな座席を想像していたけど、普通。
リクライニングはまぁまぁ。

さて、なぜラオスのビエンチャンへ行くのかってことなんだけど、タイのビザを取りに行くためなのです。
今年の3月から6月4日まで、外国人は無料で観光ビザがもらえて、ラオスのビエンチャンだとダブルビザというのが簡単に取れるらしいということで。
だから、本当は鉄道でゆっくり快適に行こうと思っていたのが、6月4日に間に合わなかったらお金が6000円ほど違ってしまうので、急遽バスにしたというわけ。

って、なんだか複雑でよく分かんないね。

とにかく、バスに乗り込んで、このブログを書いているんだけど、バスなのでパソコン打ちにくいし、酔いそうでヤバい・・。

うっぷ。

今日は(相変わらず?)忙しかったなぁ。
おやすみなさい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【楽天市場】ランキング市場 【惣菜・食材】

楽天ウェブサービスセンター