カオヤイの観光スポットを紹介します

カオヤイって、やっと2年ほど前に日本のガイドブックに「カオヤイ国立公園」が掲載されたぐらいで、ほとんど情報ないんですよね。
それだけ観光スポットがない・・・、というよりは、広すぎて車しか交通手段がないのが問題ですね。。

しかし、近年、レンタカーや観光バスでやってくる韓国人・シンガポール人・欧米人も増えているので、日本人にももっと来てもらいたいな、とカオヤイの観光スポットの紹介をします。
※場所はカオヤイマップに掲載しています。

タイでレンタカーを借りる

自然や動物と触れ合う・アクティビティ系

カオヤイは「大きい山」という意味で、自然に触れ合える場所もたくさん。

カオヤイ国立公園

写真

Khao Yai National Park
入場料:400B(外国人)

サルやシカをはじめ、たまに野生のゾウ、絶滅危惧種の動物、野生のワニまでもがいる、タイで一番人気のある(らしい)国立公園。
キャンプやナイトサファリも可能。
公園内は車での移動が必要なぐらい大きい。(歩いて周るのは無理。)
所要時間: 半日~1日。

カオヤイ国立公園 野生のワニが普通にいるってどゆこと!?
カオヤイ国立公園とナコンナヨックへ社員旅行

チョクチャイファーム

写真

Farm Chokchai
ツアー料金: 大人300B/子ども150B
火~金曜: 10:00、14:00
土日祝: 10時から20分ごと

動物に触れ合えたりできる農場。
広い農場を周る約2時間のツアーあり、敷地内にはレストランやミュージアムも。
サイトhttp://www.farmchokchai.com/

ソンソンブーンクラブ

写真

Thongsomboon Club
1回150B、チケット制のアドベンチャーパーク。
リュージュ、バギー、ローリングボール、ボート、乗馬などが大自然の中で楽しめる。
サイトhttp://www.thongsomboon-club.com/

ミャンマー行きの準備 米ドル用意、保険で病院&アドベンチャーパーク

ピートメイズ

写真

The Pete Maze
入場料: 200B
営業: 土日祝

木の植え込みで作られた巨大迷路。
迷路の途中にクジャクがいたりオブジェがあったりと結構楽しめる。
所要時間30~40分。

facebookhttps://www.facebook.com/Pete-Maze-302145806498385/

最終日 カオヤイアートミュージアム~ピートメイズ

ボナンザ動物園

写真

Bonanza Exotic Zoo
入場料: 100B
開園:月~金 10am-5pm / 土日 9am-5pm

中規模の動物園。ホワイトタイガー、ライオン、オランウータン等の大型動物をはじめ、南国の鳥、アルパカ、ウサギなどの小動物も。
所要時間30~1時間。

サイトhttp://thebonanzakhaoyai.com/en/bonanza-exotic-zoo/

ボナンザ動物園

バットケーブ

写真

Bat Cave
自分で行けば無料。もしくはツアー。

まだほとんど知られていない、コウモリが夕暮れ時に何百万匹と列をなして飛び去る姿が見学できる場所。
こんなに大量のコウモリ見たことない、自然の偉大さに圧倒されます。

象乗り

カオヤイ国立公園の近くで300Bで象乗りができる。
写真なし。次回体験したら写真載せまーす。

シーニカルワールド

写真

Scenical World

巨大ウォータースライダーが5つ程あるウォーターパーク&遊園地。
ただ、入場料は質と比べて高いですけども。。

サイトhttps://www.scenicalworld.com/

ナンプー

写真

Nam phut(Ban tha chang spring)
無料。

湧き水の川で泳げる地元民で賑わうスポット。
朝早く行くと人もいなくて、川も透き通っている。
ただし、地元民が多いため、タイ人と似ている日本人は水着の上にTシャツ着用で泳いだ方がいいかも。
たまにいる欧米人旅行者は水着で泳いでいるよ。

ワイナリー

カオヤイにはワイナリーもいくつかあり、ワイナリーツアーにも参加できます。

グランモンテ

サイトhttp://www.granmonte.com/
ツアー料金: 330B/大人 240B/子供
時間(75分): 9:00 10:30 12:00 13:30 15:30

PBバレー

サイトhttp://www.khaoyaiwinery.com/
ツアー料金: 320B/大人 250B/子供
時間はサイトで確認して下さい。

アルチディニ

サイトhttp://www.alcidini.com/
家族経営のワイナリー。
訪問の際は、予約した方がいいかも。

イタリア・イギリス系

カオヤイでは、なぜかイタリアやイギリスが大流行。オシャレで写真を撮るのにもグッド。

パリオ

写真

Palio
お土産屋さんが主のイタリア風複合モール。

サイトhttp://www.palio-khaoyai.com/

プリモピアッツア

Primo Piazza
動物にも触れ合えるイタリア風複合モール。

サイトhttp://www.primopiazza.com/
入場料: 200B/大人 100B/子供

トスカナバレー

写真

Toscana Valley
ピサの斜塔まである、イタリア風高級リゾート。レストランで食事をすると言えば中に入れて別世界を楽しめる。

カオヤイのトスカナバレーを楽しむ
カオヤイご案内2 ミュージアムレストランとトスカナバレー

ケンジントン・イングリッシュガーデン

写真

Kensington English Garden
教会がある、イギリス風高級リゾート。教会を見たいと言えば中に入れて素敵なお庭も楽しめる。
お庭のオープンは土日(8am-5pm)のみ。平日でも融通がきけば入れてもらえることも。

ミュージアム系

カオヤイではアートも楽しめます。

カオヤイアートミュージアム

写真

Khao Yai Art Museum
入場無料。
タイ人アーティストの、結構クオリティの高い作品が楽しめる。
所要時間30分ぐらい。

サイトhttp://www.khaoyaiartmuseum.com/

バンマイチャイナム

写真

入場料: 50B(中のレストランで食事するなら無料)

何万点というアンティークやレトロな物が飾られている、川沿いの面白いレストラン。
食事も美味しい。

サイトhttp://www.banmaichaynam.com/

カオヤイご案内2 ミュージアムレストランとトスカナバレー

ショッピンング系

カオヤイにショッピングに来る人はあまりいないと思うけど、一応。

プレミアムアウトレット

写真

そこそこのブランド数があるアウトレット。
カオヤイで唯一まともな服が買える場所。・・・でも、日本のアウトレットの方が安いです。

サイトhttp://www.outletmallthailand.com/our_branch/3

FNアウトレット

写真

そんなに大きくはないけれど、綺麗なのでトイレ休憩にも。

その他

カオヤイにある、その他。時間と興味があるならついでに行ってもいいような。

カオヤイフローティングマーケット

写真

入場料: 100B
「水上マーケット」と言う名の、小さなテーマパーク。
さびれ感は否めないが、動物との触れ合いをはじめ、巨大魚にエサをあげたり、無料のワニショー、ドッグショーも見れる。(要チップ20~50B)

カオヤイ水上マーケットで無料のワニショーを見る

パノラマファーム

写真

きのこ狩りもできるらしい、きのこのファーム&お土産屋さん。
きのこの栽培しているところを見学できて、きのこ料理も食べられる。
きのこの家のホテルもあり。

サイトhttp://www.khaoyaipanoramafarm.com

キノコがたくさん、カオヤイパノラマファーム

チョコレートファクトリー

写真

有名なアメリカのシェフが監修のチョコレート工場。
工場と言っても、小さな区画で作っているのを見れるだけで、主にお土産、ケーキやチョコレートのカフェ、レストラン。

サイトhttp://www.chocolatefactory.co.th/

季節系

冬の涼しい季節、繁忙期の11~2月あたり。

イチゴ園

写真

シーズンになると、結構あちこちでイチゴ園を見かけるようになります。
一番のオススメは日本人の方がされているイチゴ農園です。

ヒマワリ園

写真

カオヤイにもシーズン中だけ、広い土地を利用してヒマワリ園を始めたみたいです。
来年も多分あると思うんですが・・。


結構、カオヤイにも見るところ、あるでしょ?
参考にして、カオヤイ観光をもっと楽しんでいただけたら嬉しいです。

では、時間を見つけて、また詳しく紹介していきたいと思います。


Booking.comで2000円キャッシュバック! お友達紹介キャンペーン
海外旅行保険付クレジットカードを詳しく紹介します
旅のクーポン・割引・お得情報
海外旅行に便利なトラベルグッズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイ・ブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

【楽天市場】ランキング市場 【レディースファッション】

楽天ウェブサービスセンター