【バンコク】タイのラブホテルに泊まってみました

日本からバンコクへは、最近いつもLCCを使っています、スーです。
大阪からの直行便だと、air Asiaの早朝4時到着か、scootの夜中10時半到着になります。

最近はスクートに乗ることが多く、今回も深夜着で、ホテルをどこにしようかと直前までぐずぐずしていたら、空港近くの適当なところがなくなってしまいました。。どうしよーどうしよー!(>_<)

「う~ん・・・、じゃあ、ラブホテルに泊まってみる?」と、ジョー君。

え!? タイにラブホテルなんてあるの!?

そんなの聞いたことないけど、ホテルないと深夜に3時間かけてカオヤイまで帰るのはキツいし、ちょっと面白そうかな?

という流れで、タイのラブホテルに泊まってみることにしました。

タイのラブホテル

タイのラブホテルなんて聞いたことないし、検索してもほとんど情報ないし、汚いなら絶対泊まりたくない!

と思っていたら、ラブホテルのホームページがあって、部屋の様子が掲載されています。
※部屋の写真には、大きなヌード写真のある部屋もあるので、閲覧注意です。
MY LADY FASHION HOTEL

このホームページを見た時、なにこれ~!? と大きなヌード写真に驚きましたが、色んな種類の部屋があり、普通に泊まれそうな部屋もあります。

一通りチェックして、泊まってもいいかなと思った部屋は、
エジプト風、ターザン風、バリ風、ロンドン風、ニューヨーク風、が候補となりました。

ジョー君に電話して聞いてもらったところ、ラブホテルなので予約はできないが、満室になることはないので、そのまま向えば大丈夫とのこと。
更に夜中の11時以降のチェックインだと、部屋の料金が半額になるとか!

それなら、寝るだけだし、半額になるなら好都合♪

場所

バンコクの東側郊外、バンカピというエリアで、ラムカヘン大学の近くです。
この辺りは、バーが多いみたい。

タイのラブホテルは(日本の田舎も。)、車で入る方式になっていて、部屋の前の個別駐車場に停めると、カーテンがひかれてプライバシーが守られるようになっていました(笑)。

部屋

できるなら、デコレーションされた面白い部屋がいいなと思っていたのに、候補のターザンやエジプトは満室や掃除中で駄目だったので、普通のロンドン部屋を選びました。

写真

コンクリートうちっぱなしの壁に、ビートルズの絵が描かれています。
写真ではあまり分かりませんが、少し古い感じです。
まぁ清潔な方かな。

写真

部屋の中に大きなお風呂が。

トイレと洗面だけは何故かガラスの向こう側にしきられています。お風呂もしきろうよ。

一応部屋の中を先に見れて、気に入らないのなら別の部屋に移ってもいいみたいでしたが、面倒だったのでここに決めました。

お金をスタッフに払い、チェックイン、750B(約2700円)、そして、まさかのラブホなのに、パスポートのコピーをとられました。。プライバシーないやん。。(タイで外国人がホテルに泊まる場合、どこでもパスポートのコピーをとられます。)

・・・ところが、服や荷物をしまっておけるワードローブがどこを探してもないっ!!
仕方ないので、隅にあった小さなテーブルに荷物を載せておいたけれど、不便。。

写真

ベッドの上にあった、一応アメニティ。
この他、冷蔵庫の中に水とコーラが1本ずつ、冷蔵庫の上に使い捨て歯ブラシ、シャンプーが置いてありました。

どれも使わなかったけど。

あと、ビニール袋に入ったブランケットがあったけれど、開けてみると毛玉だらけで気持ち悪かったので使わず、いつも持ち歩いている自分の布をかけて寝ました。

料金表

部屋のドアの裏側に料金表がありました。

写真

左から、4時間までの休憩料金、23時前宿泊料金、23時以降宿泊料金、1時間ごと延長料金らしいです。

この料金表を見ると、リゾート(バリ風)や、ファンタジー(ターザン、エジプト風)が23時以降ほぼ半額で、私が選んだ「SEX IN THE CITY」のロンドン風は200Bしか安くなってない。。。やっぱり面白そうな方に泊まりたかった。。(>_<)

一応、コンドームなどのエロティックな商品も壁に料金表が貼ってありましたが、興味ないので写真に撮りませんでした。

あと、食事メニューもあり、注文もできたようです。
この辺は、日本のラブホテルと同じですね~。

テレビのチャンネルは、一応つけてみたけれど、タイの放送しかなくてすぐに消しました。

総評

う~ん、、選んだ部屋がハズレだったのか、特に面白くないし、お風呂の水圧弱いし、お風呂の水はけ悪いし、ワードローブないし、バスタオルかけるところないし、ちょっと古い感じもあったので、もう泊まりたいとは思わないですね~。

ただ、料金高めの、面白い部屋(ホームページには料金記載がないので知らなかった)に泊まれば、少しは良かったかも?

次回、また深夜便で泊まる所がなければ、面白い部屋を選択肢に考えてもいいかなぁ…?


Booking.comで2000円キャッシュバック! お友達紹介キャンペーン
海外旅行保険付クレジットカードを詳しく紹介します
旅のクーポン・割引・お得情報
海外旅行に便利なトラベルグッズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイ・ブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

【楽天市場】ランキング市場 【ビール・洋酒】

楽天ウェブサービスセンター