猫にひっかかれて狂犬病と破傷風の注射を打ってきました

こんにちは、スーです。
最近、近所の子猫(首輪をしている隣の家の猫だけど、外で飼ってエサだけあげているような野良同然。)が店によく遊びに来るようになって、まぁ可愛かったので、なでたり魚のアラをあげたりしていたら、調子に乗って、私の膝の上に乗ってきた。

それはまぁいいんだけど、膝の上から更に机の上に上ろうとしたので、コラッと振り払ったら、バランスを崩して私の膝につかまろうと爪を伸ばし、ひっかくつもりではなかったのだろうけどひっかかれました。(涙)

ひっかかれた症状

本当にかすり傷程度。
1センチ程の軽いひっかき傷が3箇所。
1ミリ程の傷から出血が1箇所。

うわ・・・、どうしよう。

日本の自宅で飼っている猫からは何度もひっかかれているけれど、ここはタイ。

ま、ま、ちょっと様子を見てみようかな。。。

写真

傷口を水で洗い、旅中はいつも財布に絆創膏と消毒綿を入れて持ち歩いているので、消毒綿で拭く。

これで大丈夫なんじゃない・・・?

しかし、しばらくすると赤くなり、痒くなってきた。

こ、怖い。。。

そして昔の記憶が蘇る。。。
狂犬病は100%死ぬからすぐに注射を打って下さい

自分のブログや色んな記事を読み、どんな小さなかすり傷でもこれは注射を打った方がいいと判断。
毎度ながら、カード付帯の海外旅行保険会社に電話しました。
海外旅行保険を使って2回も病院に行ってきました

バンコク病院で注射

保険会社の確認の連絡を30分ほど待ち、それからすぐにバンコク病院へ。

「猫にひっかかれたんですけど、狂犬病と破傷風のワクチンありますか?」と受付で聞くと、「いつ!?」と少しこわばった顔で聞かれたので、「1時間ほど前です」と答えると、表情は和らぎ、診察を受けることになった。

この反応を見るに、やはりすぐに病院に来て良かったなぁと改めて思った。

受付の人もドクターも英語が話せて、やはり「狂犬病」と「破傷風」のワクチンを打ってもらうことに。

英語で狂犬病はRabies(ラビィ)、破傷風はTetanus(テタナス)。
念のために覚えておくといいです。セットで打ってもらうことになると思います。

注射はそれぞれ1本ずつ、左肩に狂犬病ワクチン(Rabies Verorab)、右肩に破傷風ワクチン(Tetanus Toxoid)でした。

破傷風のワクチンを打つときに、「少し痛いですよ~」と言われましたが、全然痛くありませんでした。
後でネットで調べたら、「破傷風トキソイドは最も痛いワクチンのひとつであり・・・」と書かれていたんですが、、、何で??(^^;

注射のスケジュール

さて、狂犬病のワクチンは5回、破傷風のワクチンは3回打たねばならないようです。
そのスケジュールをもらいました。

狂犬病ワクチン
1回目(2017/04/24) 0日
2回目(2017/04/27) 3日後
3回目(2017/05/01) 7日後
4回目(2017/05/08) 14日後
5回目(2017/05/24) 30日後

破傷風ワクチン
1回目(2017/04/24)
2回目(2017/05/24) 1ヵ月後
3回目(2017/11/23) 7ヵ月後

狂犬病ワクチンはスケジュール通りに、破傷風ワクチンは期間がずれてもいいみたいです。
ワクチン接種後の有効期間は、狂犬病2年、破傷風10年。

もらった薬

写真

7日分の抗生物質(antibiotics)アモキシクラブ(Amoksiklav)と、解熱鎮痛剤タイレノール(Tylenol)をもらいました。

抗生物質は朝夕食後の1日2回、解熱鎮痛剤は熱や痛みが出た時に摂取。

写真

この抗生物質、1粒が2センチぐらいあって、結構大きいんですが、このパッケージがおかしい。
左は表側、右は裏側なんですが、表側を見ると膨らんだ部分が分かるように、8個分薬が入るところに何故か5個しか入ってない!?

裏側には、薬の入った部分だけ、青い印字がされている。
なんだこりゃ??

素直に8個入れればいいのに、しかもこの不規則な並びは一体なんなんだ??

変なの。誰か理由が分かる人がいたら教えて下さい。

かかったお金

写真

ワクチン代 635B
薬代 263B
あと診察代など諸々で、
合計 1453.50B(約4,800円)でした。

日本でのワクチン料金を調べてみましたが、それと比べるとえらい安いです。
世界一周旅行をする旅人が、タイへワクチンを受けに来るのが改めて分かります。

日本でのワクチンの参考価格(1回分)
破傷風トキソイド:3,000円
狂犬病ワクチン:15,000円

地方の病院なので、お金は自分で立て替えて、後で保険でもらうことになります。

後は、忘れないよう、スケジュール通りに注射を受けに行きます。

はぁ~、子猫は可愛いけど、気をつけなきゃですね。。。(>△<)

今まで色々と発展途上国へも旅してきたけれど、狂犬病や破傷風のワクチンを打ったことがなかったので、これは逆にいい機会なのだと思います。

海外旅行傷害保険付帯クレジットカード

ということで、海外で猫や犬に噛まれたりひっかかれたりしたら、すぐに病院へ行きましょう!

以下は、私も持っている、海外旅行保険付のクレジットカードです。
(※複数持っていると、治療費などの保険料が合算されて安心です。)


オススメ1年会費は永久無料!エポスカード
1番のオススメ!
年会費無料で3ヶ月分の海外旅行保険が自動付帯。持っているだけでOK。
しかも初回のキャッシング金利は30日間無料。
保険会社は三井住友海上。

オススメ2三井住友のクラシックカードA
安心と信頼の大手ブランド。
3ヶ月分の海外旅行保険が自動付帯。持っているだけでOK。
保険会社は三井住友海上。

初年度年会費無料で、翌年以降も、「マイ・ペイすリボ」登録 & 前年1回以上のカード利用で無料です!
私は年に数回カードで買い物をして、「マイ・ペイすリボ」も支払い額を10万円に上げて登録(※)しているのでずっと無料です。

マイ・ペイすリボはリボ払いなので、毎月の支払額が5000円とかだと、なかなか支払が終わらず利息が膨らむ一方なので支払額を上げることで回避。

オススメ3楽天カード
楽天市場で買い物すれば2倍のポイントが貯まります。
旅行の交通費、ツアー代をこのカードで払えば3か月分の海外旅行保険が付きます。年会費無料。
保険会社は三井住友海上。

一番簡単なのは、空港までの電車・バス代を楽天カードで支払うことで海外旅行保険が適用されます。
なので、私はいつも航空券代や空港までの支払は楽天カードで支払っています。


私はカード付帯保険にいつも助けられています。本当にありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイ・ブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

関連商品:消毒綿

楽天ウェブサービスセンター