甘くておいしい☆ カオヤイいちご農園でイチゴ狩り

カオヤイは日本で言う、軽井沢のようなところらしく、バンコクに比べて涼しい。
今いる所の標高は350mぐらいで、冬の朝晩は結構冷える。

カオヤイの観光名所を探している時にたまたま見つけたブログで、カオヤイの近くのワンナムキアオ(標高500mぐらい)という所でイチゴ園を開いている日本人の方(ハムケンさん)がいた。

サバーイバル・セカンドライフ・イン・クルンテープ

近くでイチゴ園をやっているということで、興味を持ってブログをチェックしていたら、なんとカオヤイにも第2イチゴ園を開くとのこと!

これは連絡を取らねばと、ブログにコメントを残し、カオヤイいちご農園を訪問したことから、美味しいイチゴとの出会いが始まりました。

場所・行き方

・カオヤイは、バンコクから車で2~3時間。
・いちご農園への交通手段は自家用車かタクシーしかありません。
・カオヤイ国立公園にほど近く、The Castleというオシャレなレストランもすぐ近くにあります。

カオヤイいちご農園

写真

イチゴ園の販売所と元気なハムケンさん。
タイでゼロからイチゴ園を開くなんて凄い!!

販売所には、瓶入りいちごジュース、いちごの苗、天然ハチミツなどが売られています。

ちなみにこの時のいちご狩りの金額は、自分で摘んだイチゴ1パック220バーツ(約750円)、3パックで500バーツ(約1700円)でした。

1パックには500~700gぐらい入ると思います。
(日本だとイチゴは1パック300gぐらい)

ハムケンさんのブログにはクーポンが掲載されていて、それを印刷していけば、全品20%オフになりますよっ!!

写真

ハムケンさんのイチゴ農園はとっても広~い!
この写真に写っている範囲の3倍ぐらいあります。
カオヤイで一番大きいいちご農園なのだとか。

写真

カワイイ看板もあり、写真スポットにもなっています。

写真

食べごろのイチゴが鈴なり!!
大きくて、形もいい!!

写真

バスケット片手にイチゴ狩り~♪
実は日本でもイチゴ狩りしたことなかったけれど、まさかタイのカオヤイでイチゴ狩り初体験とは。

写真

いちごシェイク 59バーツ(約200円)も美味しいっ(>▽<)
こちらもクーポンで20%オフにしてくれます☆

イチゴで色々♪

写真

さて、ハムケンさんのイチゴ園で狩ってきたイチゴ。

これが凄~く甘くて美味しいっ!!
日本のイチゴみたい!!

(タイのイチゴは、小さくて硬くて酸っぱいものが多い。砂糖とか塩とか唐辛子が混ざった粉をかけて食べる人が多いのだ・・・。)

それでは、美味しいイチゴを思う存分楽しみますよーっ☆

写真
写真

まず半分はイチゴジャムに。

写真

イチゴにヨーグルトをかけて、イチゴヨーグルト☆

写真

アイスとジャムとイチゴのコラボ☆

写真

イチゴのショートケーキも作りました☆

写真

ジャムとアイスを添えてカフェ気分♪

写真

牛乳と混ぜていちごみるく☆

う~ん、どれも美味しいっ!!

そして、イチゴやジャムを添えるだけでオシャレな食卓に大変身。

写真
写真
写真

イチゴがあるだけでカフェ風に。

というわけで、イチゴを大満喫したのでした~☆

タイで美味しいイチゴを食べたい方は、是非ハムケンさんのカオヤイいちご農園へどうぞ♪
カオヤイの他のイチゴ園はほとんど終了したみたいだけれど、ハムケンさんのいちご農園には、まだまだたくさんイチゴがあるみたいですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイ・ブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

関連商品:いちご

楽天ウェブサービスセンター

コメント

  1. プリティ長嶋 より:

    こんばんは!日本に住むプリティ長嶋と言うものです。
    私もイチゴ園に取材に行きました。
    現地の環境を乗り越えてのイチゴ栽培は素晴らしい行動ですね。
    私もまた訪れタイです。

    • Sue より:

      わぁ! あのプリティ長嶋さんですかっ!?
      ハムケンさんからお話は聞いています! 私も是非お会いして一緒に写真など撮らせていただきたかったです~。
      それにしても、地図なしであの場所までたどり着くなんて、凄すぎます!
      タイのイチゴ栽培に取材に来る行動力も凄いです!
      カオヤイは辺鄙な所に見えますが、実は素敵なリゾート地もたくさんあるので、ゆっくりしていただきたかったです☆