ワンナムキアオ~ヴェローナ~チャチュンサオ

やっと日本へ帰る時がやってきた。
本当は3月20日に日本行きの航空券を買っていたのに、ビザの問題で日付変更をして滞在を1ヶ月延長したのだ。
(しかし、実際には3月21日に問題が解決した・・・。

さて、カオヤイからバンコクへ向うのに、寄り道をしながら行く。

一部のタイ人がタイのスイスと呼ぶらしい、ワンナムキアオの方へ車を走らせる。

写真

ワンナムキアオには大きな池があり、その周りは結構綺麗かもしれない。

途中で寄ろうと思ったオシャレなカフェがまだ開店前だったので、

写真

コーヒーを飲みに、ヴェラヴィアンリゾート(Veravian Resort)へ。
リゾートは、泊まらなくてもレストランで食事をしたりコーヒーを飲んだりできる所が多いので、素敵気分を味わうにはオススメです☆

→Veravian Resortを見る

写真

ヴェラヴィアンのカフェスペース。

写真
写真

ヴェラヴィアンは、小高い丘の上に建っているので、見晴らしが最高~!

写真
写真

コーヒー1杯60B(約200円)で、リゾート気分満喫☆

ワンナムキアオからプラチンブリーの方へ抜けると、謎の巨大黄金象が見えたので、そこへ寄ってみる。

写真

誰。

・・・えらいお坊さんなんでしょうけど。

ミャンマーにも巨大な仏教関係の面白いものたくさんあったけれど、タイにもガイドブックに載っていないような変な巨大なものが結構あるなぁ。

さて、進路を元へ戻し、次はヴェローナへ。

ヴェローナ、そうです、あのイタリアのヴェローナです。
ロミオとジュリエットのジュリエット側のヴェローナです。

写真

ハイ、タイのヴェローナ(Verona)。

しかし、パリオと言い、トスカナバレーと言い、なんかこの辺りではイタリアが流行っているみたいなんです。
綺麗だから嬉しいので、もっと流行って欲しい。

写真

さすが、ヴェローナを名乗るだけあって、まさかのジュリエッタの像が!!

写真

ジュリエッタの像の右胸に触ると、幸せな結婚ができるというジンクスがあるので、イタリアのヴェローナに引き続き、こちらでもタッチ☆

写真

ちなみにこっちが本家本元のイタリアのヴェローナのジュリエッタ像。
いやぁ、過去にこちらの右胸に触っておいたお陰で、幸せな結婚ができました☆

写真
写真
写真

少しはイタリアっぽい???

このヴェローナには、レストランやおみやげ屋さん、アウトレットやコンビニなどのお店が入っていて、まぁ綺麗で広い道の駅的な感じかな?

この前にはタプラン国立公園というのがあるみたいだけれど、行ったことはありません。

さて、本日のメイン観光、チャチュンサオへと車を走らせる。

チャチュンサオの、目指すはピンクのガネーシャこと、ワット・サマン。

タイで一番大きいガネーシャ像と言われているらしいですが、さぁいかほどでしょう?

コンビニ前の駐車場に車を停め、歩いて行くと、

写真

小さいガネーシャ発見。
ちょっとオチャメさんです。
しかし、私が見たいのはこのガネーシャではありません。

写真

大きいガネーシャを求めて参道(?)を歩く。

写真
写真

道すがらにも目を引く巨大オブジェが・・・。
てか、ドラちゃんがいるのが胡散臭すぎる・・・。

写真

いたーっ!!
それは突如現れました。
っていうか、土曜日なのに人がガラガラ・・・?

写真

ハイ、同じポーズ・・・っと、あれ、なんか思ったより小さいですね。。

写真

ガネーシャパークのガネーシャと比べてみると・・・ガネーシャパークの方が大きい!!

ということで、今の時点でタイで一番大きいガネーシャはガネーシャパークのガネーシャと判明しました。

さて、ここには、このピンクのガネーシャ以外にも色々あります。

写真

ハート型のドラゴン(?)。

写真

本物にしか見えない、お坊さんの蝋人形群。

写真

大きな蓮の花。
ここにもドラちゃんが・・・。
これ、絶対許可取ってないよなぁ・・・。

写真

いたる所にドラちゃん。
なんなんでしょう・・・チェックポイント??

しかし、バットマンにロボットって、この統一性のなさ。
ここはタイのお寺です、ハイ。

写真

どーん。

写真

どどーん。
正直こっちの方がガネーシャより大きいです。

遠くから見えたのはこれらでした。

写真
写真

ながーい。
私の服の色がナーガと一体化しているかのようです、ふふ。

川沿いというのもあって、いやー、なかなか開放的で気持ちいいです。
お寺という感じはしませんね。
神々をモチーフにしたテーマパークみたいな感じですね。

あー、楽しかった☆
さて、帰ろう・・・って、、、あれは!!

写真

ミャンマーのゴールデンロックのパチモン!!
低っ!!

写真

ちなみにこれが本物です。

比べてみると、パチモンは岩がまるっとしてますね。

写真

ゴールデンロックの下には、誰に見向きもされていない「天上天下唯我独尊」の人が・・・。

写真

ゴールデンロックの土台の岩の中に入れるようになっていて、そこにはブッダが。

写真

ゴールデンロックにたどり着くと、こんな鈴がたくさんついていました。
ちなみにミャンマーの本物の方は、女性は触れないんですが、こっちのパチモンはいくらでも触り放題でした。

いやー、ピンクの巨大ガネーシャ目当てで来たワット・サマンだったけれど、なかなか楽しめますね~(笑)

さて、じゃあバンコクの方へ向うか・・・と思って広い道路に出たら、「世界一大きいガネーシャ!」なんて写真の看板がたってるじゃないですか。

ワット・サマンから12kmだったので、行ってみることに。

看板を頼りに、何もない田舎道を通り抜けると・・・ああっ!!

写真

確かにこれはデカい!!!!

写真

この距離でこのデカさ!!

写真

ていうか、修復中!? ええぇ。。

それにしても、確かにこの大きさなら50mぐらいはありそうだし、世界一大きいかもしれない。

ということで、今の時点でタイで一番大きいガネーシャはこのガネーシャになりました。

さて、それではバンコクへ向いますか・・・と車を走らせていると、あっ! 何あのカッコイイ建物!!

写真

寺みたいな、教会みたいな!!

ワット・ソートーンと言うらしい。

写真

入口でローブを着せられて、中に入った。
外観も教会みたいだったけれど、中も教会っぽくて、寺っぽくはない。

写真

天井も吹き抜けになっていて、凄く高い。
天井には天体図(宇宙?)が描かれていて、ますます教会っぽい。

チャチュンサオ、全然知らなかったけれど、意外に見所あるんですね。

さて、今度こそバンコクへ向けて車を走らせる・・・と!

写真

あーっ! なんだあの巨大サル!!!!
高速道路から一瞬見えた巨大サルが気になるも、通り過ぎてしまった。

気になる!! また次回!!

そうして、やっと夕方にバンコクに到着。

写真

そしてまず来たのはとある工場。

写真

私がココナッツチップスを美味しい美味しいと言っていたら、なんとジョー君がこの会社に連絡をとって2箱も注文してくれていたのです。
なんて優しい人なのっ! ・・・っていうか、2箱(1箱80袋入り)って多すぎだよチミ。。。こんなにたくさん食べきれるかな。。。いや、嬉しいよ、ありがとう。

写真
写真

夕食はムーガタ(焼肉&鍋の食べ放題みたいなもの)を食べて、毎度ながらの別荘(ピーチ邸)で休んだのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイ・ブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

【楽天市場】ランキング市場 【レディースファッション】

楽天ウェブサービスセンター