タイで婚姻手続き4 タイでの婚姻手続きついに完了

さて、ウメちゃんがチェンマイへと旅立った後は、再び婚姻手続きを再開。

婚姻手続きに必要な書類は全部用意できたので、それを持って、パクチョンの市役所へ。

最初は、バンコクにある、バーンラック(愛の家)という名前の婚姻届で人気の役所へ行こうと思っていたけれど、1日に7組しか受け付けないとか、事前予約が必要だとか、保証人(見届け人)が2人必要だとかで、敷居が高かったので予定変更。

写真

カオヤイから車で40分のパクチョンの役所に到着。
必要かどうか不明だったけれど、一応、ジョー君のお店の従業員を1人、見届け人として一緒に連れてきた。(もう一人必要な場合は、友達のビアに頼む。)

バンコクで用意してきた書類(結婚資格宣言書・独身証明書&タイ語翻訳+外務省の押印)とパスポート、ジョー君側は住民ノート(タビアンバーン)とIDカードを持って婚姻の申請。

ここまで来るのに凄く時間と手間がかかったので、今回もすんなり行くのかどうか、かなり不安だった。

けれど、見届け人も必要なかったし、スムーズに事は運び、結婚証明書を無事に発行してもらえました。

写真

これがタイの結婚証明書こと、コーロー3。

なんか、表彰状のしょぼいのみたいな、何とも言えないデザインの厚紙が2枚。
書かれている内容は同じで、夫と妻が1枚ずつ保管するらしい。
家庭によっては、この証明書を額に入れて、飾っておくのだとか。へ~。。。

さて、意外にも今回はすんなりいったので、この証明書を持って記念写真を撮るのを忘れました。
(他の人のブログとか見ると、タイ人も日本人も、結構みんなこの証明書を持って一緒に記念写真撮ってるんだよね。。)

ということで、ま、日本での婚姻届もそうだけど、手続きが完了したからと言って、特に何の実感なし。
ただ、手続きをしましたよ、というだけ。
とりあえず、タイでは既婚になりました!(日本では独身です!)
提出日は母の誕生日なので、忘れないでしょう(笑)
国際結婚で大変なのは、婚姻の手続き、そしてビザの申請だと思う、ほんと大変。。

ま、とにかく、これで手続き第一弾終了!
次は、家族ビザ申請(ノンイミグラントO)の手続きをすべく、この日の夜に再びバンコクへ。

ありがたいことに、ピーチ邸(別荘)の鍵はずっと貸してくれているので、宿の心配は必要なし。

しかし、今回本当に慌しい。

先に書いておくと、なんと、このバンコクとカオヤイ(約200km、車で3時間)を行ったり来たりは、2月下旬まで続く。。。

これじゃ、日本とタイのデュアルライフならぬ、日本とバンコクとカオヤイのトリプルライフだよ。


バンコクのホテル・クチコミ情報

バンコクのホテルをagodaで見る
バンコクのホテルをBooking.comで見る
バンコクのホテルをExpediaで見る
バンコクのクチコミをtripadvisorで見る Booking.comで2000円キャッシュバック! お友達紹介キャンペーン
海外旅行保険付クレジットカードを詳しく紹介します
旅のクーポン・割引・お得情報
海外旅行に便利なトラベルグッズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイ・ブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

【楽天市場】ランキング市場 【食品】

楽天ウェブサービスセンター