タイで婚姻手続き2 間違いだらけの翻訳

さて、昨日アユタヤへ行って疲れたので、お昼前までゆっくりし、

写真

今日もシリアルとフルーツで朝食。

そして午後からタイ国外務省へ。

今日は、2日前に提出した
・日本大使館でもらった2つの英文書類(結婚資格宣言書・独身証明書)
・そのタイ語翻訳
にタイ国外務省公認の印が押されたものを取りに行くだけ。

なので、気は楽になってタイ国外務省の窓口へ取りに行くと・・・

写真

ななんと!! 押印の代わりにたくさん書き込まれた文書が返却された!!

話を聞くと、まさかの翻訳文が間違いだらけ。。。なので、翻訳を書き直して再提出して下さいとのこと。。。

嘘でしょ!? こんなの、もともとある定型文書に、名前とか住所とかをはめ込むだけでしょ!? なんで翻訳に間違いって、、、、つまり、頼んだ業者が翻訳経験に疎く、英語もきちんと理解できない頭で変な文章に翻訳したらしい。。。

3日も待って、翻訳文が間違いだらけなんて・・・ありえん。。。
だから、ちゃんとしたお店に頼みたかったのに、ジョー君が変な業者に頼むから!!

しかも、もう一つありえないミスが。

ななんと、日本大使館でもらった文書の日付が、去年のものになっていました。。。

ちょっと!! タイ側が間違うのはまだ分かるけど、日本大使館が間違えるってどういうこと!!
タイでぬるい仕事してんじゃないよっ!!!!

仕方ないので、すぐにタクシーで日本大使館へ。
そして用件を伝えると、窓口対応に出てきたのはタイ人女性で日本語が話せるスタッフだった。
日本大使館でもタイ人スタッフが働いているらしい。
30分ほどで、日付を今年のものに直した新しい文書をくれ、「本当にごめんなさい」と謝ってくれたけれど、この時間とタクシー代が、ほんと無駄。。。

すぐにまたタクシーでタイ国外務省へ戻り、今度は翻訳業者へ電話して呼び出し。

すると、料金の追加はないけれど(当たり前だ!)、今翻訳のスタッフが店を出ていていないから、直しには2日かかる、と言うじゃないか。

こんなもん普通すぐ直せるでしょーが!!(←これができないのがタイの下っ端。)

しかも2日も待ったら、土日なので、外務省は休みなんですよ?

だから言ったじゃないの! 私は道路の向こう側のお店に頼もうって言ったのに!! あのお店ならスタッフも5人ぐらいいたし、定型文あって、直しもすぐにしてくれたはずだよ!! 勝手に変な業者に頼むから!!

「料金同じだったし、こっちに頼んだんじゃないか! 僕は道を渡るのが面倒だったんだよ! とにかくもうこっちに頼んでるんだし、直してくれるって言ってるんだからいいじゃないか!」

喧嘩勃発。

・・・婚姻手続き始める前に、離婚手続き考えた方がいいんじゃないか?

とにかく、仕事もあるし、バンコクにそんなに長くいる訳にはいかないので、一旦カオヤイへ戻り、日曜の夜にまたバンコクに戻って月曜の朝に翻訳文を取りにくることにした。

一旦、ピーチ様の家の鍵を返すべく、ピーチの職場の近くのレストランで待ち合わせ。

写真
写真

ちょっとだけいいレストランなので、清潔でおいしい。

そして職場から抜け出してきたピーチに訳を話し、鍵を返そうとすると、「どうせ日曜の夜にまた来るのなら、そのまま鍵持ってていいよ」とのお返事が!!

神!! な、なんとお優しいっ!!(>▽<)

写真

ということで、バンコクに別荘ができました♪
(※ちなみにピーチ様は、この家を1300万バーツ(約4000万円)で売出中です。バンコク在住で興味ある方はご連絡下さいませ~。)


バンコクのホテル・クチコミ情報

バンコクのホテルをagodaで見る
バンコクのホテルをBooking.comで見る
バンコクのホテルをExpediaで見る
バンコクのクチコミをtripadvisorで見る Booking.comで2000円キャッシュバック! お友達紹介キャンペーン
海外旅行保険付クレジットカードを詳しく紹介します
旅のクーポン・割引・お得情報
海外旅行に便利なトラベルグッズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイ・ブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

【楽天市場】ランキング市場 【ビール・洋酒】

楽天ウェブサービスセンター