タイでおいしいお茶が飲みたい! まるで、お~いお茶のような三馬茶

こんにちは、お茶が大好きなスーです。

タイ人って、ほとんどお茶を飲まないんですよ。
飲んだとしても、砂糖入りの甘いお茶か、濃いオレンジ色の砂糖とミルクたっぷりの激甘タイティーとか。。

日本では毎日お茶(自家製の柿の葉茶どくだみ茶)を飲んでいるので、お茶が飲みたくてしょうがない!!

最初は日本から持ってきたどくだみ茶、なくなったらリプトンの紅茶を砂糖なしで飲んだり、友達が持ってきてくれたダージリンを飲んだりしていましたが、タイで買えるおいしいお茶がないのかとずっと探していました。

それもティーバッグでなく、茶葉がいい。
そしてタイ価格で安いもの。

見つけました。

もうタイでの常備茶になり、食事と一緒に毎回飲んでいます。
それでは紹介させていただきます、ダダダダダダ~!(ドラム音)

三馬茶

写真

茶馬三(ちゃばさん?)、いえいえ三馬茶(さんばちゃ)です。
右から読みます。
英語でスリーホースティーと書かれています。
中国語とタイ語で書かれているので、中華系タイ人向けかな?
生産会社の住所はバンコクとなっています。

写真

三馬茶の箱には1~3の番号があり、1番が高いです。
多分、一番茶、二番茶、三番茶の意味だろうと思います。

なので私は1番しか買わないのですが、1箱40B(約130円)あたりで、セブンイレブンやテスコロータスに売っています。
(※近所の値段をチェックしたら、セブン39B、ロータスEXP37B、ロータス35Bでした。)

内容量: 80g

1度3番を買ってみましたら、1番と比べて雑味があり、少し番茶よりでした。やはり1番の方がおいしいです。

写真

箱を開けると、茶葉が袋詰めされています。
茶葉は大きく、優しい甘い香りです☆

いやぁ~、まさかこんなお茶がコンビニに売っていたとは、灯台下暗しです。

三馬茶を水出しで作る

写真

さて、私のお茶の作り方です。
お茶パック(日本から持ってきたもの。ダイソーでも買えますよ。)に、約半分あたりまで茶葉を入れます。

写真

茶葉を詰めたお茶パックをボトルに入れ、水を満タンに入れます。
写真のボトルはテスコロータスで買ったもので、1.2Lです。
ボトルのない方は、市販の水のペットボトルに茶葉を入れるだけでもOKですよ☆

そして、冷蔵庫に入れるだけ。
超簡単! 楽チン!!

こんな暑いタイで、熱いお茶なんて沸かす気になれませんからね~!!(>▽<)

写真

冷蔵庫に入れてから2~3時間後には、もうお茶ができています。
超簡単! 楽チン!!

こんなに簡単なら、一日に何度も作れちゃいますよ~!!(>▽<)

写真

さて、そのお味ですが、煎茶のような、雑味のないスッキリした味です。
お茶の苦味も少しあり、この味は、お~いお茶に似てる!?

ネットで検索すると、ほとんどの人がウーロン茶と書かれていましたが、私の味覚では緑茶に近いと思います。カテキン含まれてるって感じです。

お茶の味は、自分好みに茶葉の量を調節して下さい。
また、水出しのお茶を2日以上置いておくと、苦味が増すので、早めに飲んだ方がいいです。(またはお茶パックを取り出すか。)

ということで、タイでおいしいお茶を手軽に飲みたい人に、三馬茶、オススメです☆

ちなみにバンコクなら中華街で色んな中国茶が手に入るみたいです。

Booking.comで2000円キャッシュバック! お友達紹介キャンペーン
海外旅行保険付クレジットカードを詳しく紹介します
旅のクーポン・割引・お得情報
海外旅行に便利なトラベルグッズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイ・ブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

関連商品:お茶

楽天ウェブサービスセンター