なおりんショルダー

English Japanese

現在地元で、唯一遊んでくれる友達、なおりん。
なおりんは、4年前、私が本を出した時に、雑貨屋さんに置いてあったチラシを見つけ、本を買ってくれた。
当時のなおりんは、こんな田舎なのに、ニュージーランド人の彼氏ができ、何でもいいからニュージーランドの情報を探していた時だった。

私の本を読んだなおりんは、本の内容から私が福井出身だと分かり、すぐにメールでファンレターを送ってくれた。
すると実は凄い近く(徒歩20分)に住んでいることが判明し、すぐにお茶に誘って仲良しに☆

その後、なおりんはニュージーランド人の彼氏と結婚するのだけれど、当時タイにいた私を航空券代を出してまで結婚式に招いてくれたという仲にまでなったのです☆☆☆

私が日本に帰る度に遊んでくれているなおりん、私の本を10回以上も読み返してくれているなおりん、私と友達でいてくれるなおりんをとても大切に思っている。

ということで、手作りの石鹸ができたら使ってもらったり、自家製紫蘇ジュースを飲んでもらったり、海外へ行ったら面白いおみやげをプレゼントしたりと、何かと私の相手をしてもらっていたのだけれど、ななんとこの度なおりんが旦那様と一緒にニュージーランドへ移住してしまうことにっ!(涙)

よーし、じゃあ行ってしまう前に何かプレゼントを作ろ~!
前から作りたいなーと思っていた、ベルト一体型のショルダーバッグをお揃いで作ってみよう!

アメリカに行く前にノートパソコン用に作った袋の柄がかわいかったので、同じ柄にしよ~っと♪

ガサゴソ。
あ、あった。

写真
この柄で作るぞー。

写真
お揃いで2つ作るから、布も2つ分用意。

写真
裏地は薄いピンク色にしませう。

サイズはどうしようかな?
iPadが入る大きさがいいなぁ。
ベルト部分の長さは、カバンが腰に来るぐらいにして、マチを大きくすればたくさん入るし、A4も入るかな?

写真
iPadを布の上に置いて、これぐらいかな~?
という所に、直接鉛筆で書き書き。
ハイ、毎度ながら型紙使ってません。
直感的立体裁断方式(笑)

うまくいきますよーにっ。

写真
こう見えても、私は面倒くさがり屋さんなので、8枚の布を同時に裁つことを思いつく。
(表の布2枚、裏地2枚×2人分で8枚。)

8枚の布をマチ針で固定。
これでも切れるかどうか、てゆーか、ズレるかな・・・と多少の心配をしつつ、
あっ! 左右同じだから、これを更に2つに折って切れば・・・!?!?

と2つに折ってみるも、16枚を同時に切るのは流石に無理であった。

ジョキジョキ。

写真
8枚分の布が、同時に綺麗に切れました☆(ホッ。)

さて、長持ちしてほしいので、底と長いベルト部分に芯を入れよう。

うちには接着芯などという便利で高価な物はないので、何かないかな~と探す。

ガサゴソ。あ、これいけそう。
防水シート。

写真
底とベルト部分の長さに合わせてジョキジョキ。

写真
これが袋になる前の布。
左が裏地、右が表。

さて、それぞれの袋を縫う前に、ポケットをつけよう!

写真
この辺でいいかな~?
適当に位置を合わせて、とてとてとて。

写真
ハイ、ポケットがつきました☆
iPod Touchを入れてみました♪

そして、まずは表袋と中袋のそれぞれの両端と底を縫い合わせ。

写真
ベルト部分と底部分に芯を縫い合わせ。
とてとてとて。

・・・正直言って、マチ針さえももう使っていません、えへ。

写真
表袋のベルトと底に芯をつけた所。
中袋は普通に両端と底を縫い合わせたのみ。

写真
裏に返した表袋の中に、表に返した中袋を入れる。(ややこし~! とにかく表面と表面を合わせるということ!)

返し口を10cmほど縫わずに確保して、とてとてとて。

ベルト部分は先を5cmほど残して、とてとてとて。

写真
確保しておいた返し口から裏返した。
袋の構造はこのようになっているのですね~。

中袋を表袋に収める、つめつめ。

写真
縫っていなかったベルト部分5cmを最後に縫い合わせねば。

写真
これまで全くマチ針を使わずに縫ってきたけれど、流石にここだけは使わないと・・・。

写真
完成~!!
かわいいっ☆☆☆

写真
ちゃんとsuemariタグもついてます☆

写真
片方の肩にかけるとこんな感じ。

写真
斜めがけにして、中にはB5の本2冊、B6の本3冊入れてみました。

ベルト部分が一体型で、同じ柄だから、カワイイ~!!
しかもたくさん入る~!!

なおりんにプレゼントする前に、既に自分が気に入ってしまった(笑)

そうして作った次の日、早速なおりんにプレゼント!

10日後に使った感想を聞いてみると、
「めっちゃ使いやすい~! しっかりしていてぺったんこにならないし、たくさん入るし、流石スー、旅人仕様って感じ!」

ニュージーランドでも、このカバンを見て日本のこと思い出してね~っ!

ということで、なおりんの為に作ったこのお揃いのカバンをなおりんショルダーと名づけることにした。

なかなか良くできたので、良かったら皆さんも作ってみてね☆

写真
簡単な図を作ってみたよ。

ベルトの長さ、袋の高さは背丈に合わせて変更してちょ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品:ショルダーバッグ

楽天ウェブサービスセンター