廃油でエコ石鹸

English Japanese

「天ぷら油がたまったで石鹸作ってや~」
と、マミーに言われたので、廃油でエコ石鹸作りに挑戦っ!

写真
まずは廃油の量を測る。
油は一体何グラムあるのかな~?

2~3回ほどフライや天ぷらに使った油を、こしながら量をはかると、ちょうどピッタリ500gあった。

ここから他の材料の分量を算出。
油の量の半分で、水は250g
そして苛性ソーダは鹸化率0.14をかけて、70g

しかしここはエコ石鹸と言えども、更にエコにしたいので、水の代わりに米のとぎ汁を使う♪
米のとぎ汁には、ビタミンやミネラルが含まれていて、美白効果もあるし、やさしくていい匂い☆

ということで、材料をまとめるとこうなった。

廃油 500g
米のとぎ汁 250g
苛性ソーダ 70g

写真
米のとぎ汁(左)に、苛性ソーダ(右)を用意。

写真
米のとぎ汁に苛性ソーダを入れて混ぜ混ぜ。
温度が急激に上がるので、やけどをしないように注意!
手にはビニール手袋、口にはマスクをしてます。

写真
さて、さっき量った油を火にかけて、50度ぐらいに温める。
(本来は湯せんで温度を上げたりするのだけれど、私は面倒くさがりの為、温度計で混ぜながら温度をはかっています。危険なので皆さんはマネしない方がいいです。)

写真
さっき混ぜておいた米のとぎ汁と苛性ソーダも50度ぐらいに温度が下がってきた所で、両方を混ぜる。

写真
まぜまぜ。

まぜまぜ。

・・・と15分ぐらい混ぜたら、あとは疲れるので、1時間に一度、まぜまぜして様子を見る。

写真
その間に使った用具に酢をシュッシュッとかける。
用具はアルカリ性になっているので、中和するのです。

そして専用スポンジで洗ってお片づけ~☆

1時間に一度ほど様子をみて、液体の表面に筋の跡が少し残るかな~? という硬さになったら、

写真
牛乳パックの中に流しいれて、それをハッポースチロールの箱の中に入れて保温。ぬくぬく。

写真
24時間後に開けてみると、ふむ、ちょっとまだ柔らかいけど、まぁいいかな?

写真
牛乳パックを解体。

写真
サク。
ナイフで切って、

写真
並べて行きまーす。

写真
500gの廃油からこんなにたくさんの石鹸が作れたヨ~☆
匂いは、天ぷらの匂いで、めっちゃおいしそう(笑)

あとは、風通しの良い日陰に置いて、一ヶ月乾燥させるのです。

写真
一ヵ月後。
お~、あんな真っ黒だった廃油が、綺麗な白い石鹸に生まれ変わりました~☆☆☆

廃油で作った石鹸は、普通は洗濯や台所で使うみたいなのだけれど、実は栄養が含まれていて逆に良いのではないかという意見もあったので、洗顔やボディに使ってみることに。

その為に米のとぎ汁も使ったし、丁寧に作ったし♪

ということで、ワクワクしながら石鹸を洗顔ネットで泡だててみると・・・、

めっちゃ泡がきめ細かくて滑らか~!!!

顔を洗う前から凄くいい感じ!!!

お肌に乗せた感じもとってもイイ!!!

体も普通に洗って、すべすべ!!

そして手作りの化粧水(明日書くよ。)をつけて、寝た。。。。次の朝。

うぉおおお、肌、めっちゃ綺麗や~~~ん!!!!

こりゃ洗濯や台所用に使うの勿体ないぐらい。

次は米ぬか石鹸作ろーっと♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品:石鹸

楽天ウェブサービスセンター