鉄道でアユタヤへ

バンコク市内の見所も結構周った事だし?今日はアユタヤに行ってみようかなって考えてた。

まずは郵便局に行き、荷造りした箱(おみやげとか入ってる)を送る。
SAL便6.2kgで1840バーツ。(約6300円くらい)
船便だったら1300バーツくらいだったんだけど、2ヶ月かかると言われたのでSAL便にした。でも後から良く考えたら2ヶ月先でも全然良かったよなぁ。

無事に荷物が送れたので、今日アユタヤ行こうかな?どうしようかな?って思ってたら同じ部屋にチェックインしてきた日本人の女が下のベッドがいいんだけど今日誰が出て行くの?って英語で聞いてくる。
(下のベッドは全部埋まっているが、私が出て行けば一つ空く。しかし今日出て行くとは限らないんだが・・。)

何かずうずうしい事言ってくるなー、てか上のベッドにして下が空いたら移動すればいいのに・・つか何で英語?と思ったけど、あまりかかわりたくないのでやっぱり今日アユタヤへ行く事にした。

荷物をまとめてチェックアウト。
デカい荷物だけホステルにちょっと置かせてもらってその間にご飯を食べに。(朝食はパンがあるんだけど、足りん!)

いつも行く露店へ行ったらまだやってないみたいだったので別の所へ。
写真
35バーツ
ちょっと高いけど、量も多いし悪くなかった!

ホステルに戻って荷物を取り、スカイトレインでAsok アソークまで行きMTR(地下鉄)に乗り換えHua Lamphong フアランポーン駅へ。

窓口でアユタヤって言うと15バーツ(約60円以下)との返事。

やっしー!!!(安い)

写真
これが切符。

Ayutthaya アユタヤまでは1等66バーツ、2等40バーツ、3等15バーツって地球の歩き方に書いてあったんだけど私が乗る電車には1等2等なんてなかった、各駅停車の普通の電車。

ちなみにアユタヤまでバスで行くと50バーツくらい。
(バンコクからバスで80kmくらいらしい)
だから2等席にしようかなって思ってたのに、3等で全然良かったよ。

写真
これが席。

堅い木の席でクッションがないので結構お尻が痛いかも・・。

でもたった1時間半なので全然OK!安いもん!!

窓は開けっ放しで天井に扇風機がついてる、なかなかの迫力で埃や草などが入ってくる・・(笑)
外からの空気はたまに臭いしタイって汚いなーと思わせる景色も。
電車は古くてガタンゴトン感が凄い、でも乗ってて楽しい!
15バーツでアユタヤに行けるんだから、アユタヤに行く人は絶対電車で行った方がいいよ!!

12:55にバンコクを出発して到着は14:28って切符に印字されてたけど実際に到着したのは14:35くらい。全然アリだね♪

駅を出てまっすぐ歩くと川に出る、
写真
渡し舟 3バーツ

川の向こう側に渡り、ネットで簡単に検索した誰かのページに「超お薦め!」と書いてあったゲストハウスに行ってみる事に。(ちなみに渡し舟の所にもそこの広告の看板があった。)

船着場からは結構遠くて、しかもゲストハウスに入る道が砂利道なのでキツかった・・
写真
P.U. INN
シングル 180バーツ
ファン
共同水シャワー

ここか・・と入ろうとすると中にタイ人らしき女性が座ってて私を見るなり「日本人ですか?」と言ってきた。

向こうから話しかけてきたら100%詐欺師と思え!
それも日本語なら確実!!

マツオさん(35:50カ国以上旅した)の言葉が頭によぎる。

はい、と日本語で返事をすると「こっちへどうぞ、こっちこっち」と案内されたのは550バーツの部屋。

何も言ってないのに何で一番高い部屋に案内するんだ~!!!
マツオさんの言葉は本当に当たっている。

一番安い部屋はあるかと英語で聞くとムッとした態度に変わり180バーツのシングルの部屋に案内される。

何だあるんじゃん・・

共同シャワールーム(と呼べるものでもないと思うが)も見せてもらい、何でここが「超お薦め」なんだろうと更に思う。
180バーツの部屋は3階だったので重い荷物を持ち歩くのは大変だなと、次に安い部屋を見せてもらう、380バーツのツインでお湯シャワー&ファン、しかしそれも3階。

他の宿をあたってみようかな・・とも思ったけどまぁいいや今日は180バーツのシングルに泊まってみる事にする。

チェックインの時に何だか細かい事色々書かせられて、パスポートの番号から入国時のイミグレのカード番号、入国日出国日、明日の滞在先など、、、何でそんな事まで教えにゃならんのか分からん。

お金を払うと、夕方からボートのツアーが200バーツであるからと写真を指差しながら勧められる、一人の日本人の女の子が申し込んでるから貴方も申し込んだ方がいいわよ、てな。

うーん・・と迷っていると日本語の情報ノートを取り出し、これを読めと差し出された。

部屋に持って行けばいいと言われたので、部屋に持っていって読んでみると・・・

日本人すげーたくさん書いてる。
ボートツアーはお薦めだとか200バーツは安いでしょとか、3箇所のうちの2箇所はイマイチで3つめが良かったとか。
他にもこのゲストハウスを褒めちぎる文章がたくさん書いてあって、特にオーナーのタイ人女性のプーさんというさっきから私を相手にしていた方の事が書かれている。
とても面白いし知識が豊富で日本語がうまい、日本語が通じるから助かったみたいな。
ここのゲストハウスが一番!また来る!てな事も書いてある。

へー・・・私が感じた事とは全く逆だなぁ・・

ボートのツアーは別にいいやと情報ノートを返却しに行った時に伝えると、勿体ないよ!友達できるよ!と言われる。

いや、別にいいです、、今日は自分で歩き回りたいんで、、と笑顔で答えると、またムッとした顔になりプイって感じだ。

この人が皆が情報ノートに書いてるプーさんなのかな・・?と本人に聞いてみるとそうだとの事。

このプーさんは確かに日本語が話せるが英語の方ができるみたいなので私は英語で話していたんだけど、それも気に入られなかった要因の一つらしい?
まぁ私は最初に高い部屋に案内されたのとそれからの彼女の態度がいい感じではなかったので明日の為に別のゲストハウスを探す事にする。

ニュージーランドでは安宿(バッパー)にたくさん泊まって来たけどいいか悪いかの判断基準にホストやスタッフの態度に帰するところが大きい。

どんなに綺麗でいい所でも嫌な態度のホストだったら2度と来るか!と思うし、あまり綺麗ではないけどいつもニコニコして楽しく話しをしてくれたりするとあの宿は良かったなぁと思う。

バンコクで泊まったホステル(ホステリング・インターナショナル)のスタッフは最高にフレンドリーで親切だったのであそこは本当に良かった。

ちなみに情報ノートを再び見に行ったら日本語ノート以外にも英語とドイツ語とフランス語のノートが置いてあったけどそれぞれ2~3ページくらいしか書かれてなかったよ(日本の奴は30ページくらいあった。)

ボートツアーに申し込むのは日本人ばかりで気前良く金払ってくれるから好かれてるんじゃないの??
しかも情報ノートに書いてる多くの人達はバンコクでトゥクトゥクやタクシーにたくさん騙されたって書いてた。
しかもトゥクトゥクでこのゲストハウスに60バーツで連れてこられたとかって、、嘘でしょ!バンコクなら20バーツの距離じゃん!(もちろん要交渉)

まぁたくさんの日本の人達にとってここは「超お薦め」のいいゲストハウスなんだろうけど、私にとってはそうでもなかったという事で。
安い部屋だからってのもあるだろうしね。

さて時間は夕方、ちょっと歩ける所まで行ってみるか!
写真
早速遺跡発見!街中に普通に溶け込んでいる。

とりあえず有名な仏像の顔が木に取り込まれた奴を見に行きたいので真っ直ぐ歩く。

写真
途中でスイカ 10バーツを買って食べ歩く♪

しかしいつまでたっても顔の木がありそうにない・・ちょっと横道に入って歩いてみるとトゥクトゥクのおっちゃんに声をかけられる。

明日トゥクトゥクで寺院を周らないかと。いや、自分で周るからいいと答え、写真を見せてこれ見たいんだけど、と言うと道の反対側で戻る方向だよ!と教えてくれる。

教えてもらった通りに行くと、、やっぱり見つからーん!
写真
Wat Ratchaburana
という隣にある遺跡、30バーツだったので入らず。

近くにいた外人の観光客の方なら知ってるかなと写真を見せて聞くと昨日トゥクトゥクで行ったけど多分あっちの方向だと思うと教えてもらい、トゥクトゥクのおっちゃんが教えてもらった方とは反対側へ歩く。

するとありました~!
トゥクトゥクのおっちゃんめ・・ツアー断ったから反対教えやがったな!(笑)

写真
ほらこれ有名な奴!!!

Wat Phra Maha That
入場料30バーツ

写真
首を切り落とされた仏像達。

アユタヤへは仏像が木に取り込まれた奴を見に来たかっただけなのでアユタヤの目的は果たせたと言える。
よし町に戻って次の宿でも探すか。

道を歩いてる途中で地球の歩き方に載ってるという、おじいさんとおばあさんの家発見、しかし遠いよ遠すぎるよあそこ。中を見る事もせず終了。

次は船着場近くと思ったBann Kun Praに行ってみる。
部屋は雰囲気があってなかなかいい、シングル250バーツの共同お湯シャワーだし。でも遠いので駄目。

その間にあった所がちょっと高いけど船乗り場近くでなかなか良かったので明日はそこにしようかな?

夕食を食べに屋台の辺りを散策。

写真
今日はここで食べてみよう!
寄っていくと英語のメニューをくれた。

写真
チキンガーリックライス 25バーツ
ファンタ 7バーツ
氷 1バーツ

合計33バーツ(約120円)

コンビニに寄ってココナツジュースを買った後、ゲストハウスに戻り初めて水シャワーを浴びてみた。
最初は冷たいけど慣れてくるね。
しかしここの共同シャワー&トイレは狭いし鏡はすげー汚れてるしちょっと気持ち悪いかも・・

3階の部屋へ戻る。
シングルなんて久しぶりだけどやっぱ快適やなぁタイ11日目終わり。


Booking.comで2000円キャッシュバック! お友達紹介キャンペーン
海外旅行保険付クレジットカードを詳しく紹介します
旅のクーポン・割引・お得情報
海外旅行に便利なトラベルグッズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【楽天市場】ランキング市場 【食品】

楽天ウェブサービスセンター