チラシをはがす~銀行口座、税金手続き~夕食は中華

朝食を食べてゆっくりしてたらバッパー(ドリフターズ)のスタッフのおばちゃんに今後の予定(どこに泊まるかなど)を聞かれ、そのついでに車が昨日売れた事を話すと、保証金はもらったかと聞かれた。

おばちゃんが言うには、相手は私が日曜にNZを去らなきゃならないって知ってるし、そんなギリギリの金曜にお金と車の受け渡しをしてもしお金が用意できなかったって言ったら貴方車を安く手放すハメになるわよ?という事だった。

全く疑いもせず金曜に受け渡しって思ってたけど、そういわれると確実に買ってもらえるという保証はない。
これは保証金をもらいに行った方がいいなと思う。

ここのおばちゃんは他にも残り日数のプラン等を提案してくれて、空港に行った後も南極センターがおすすめだからとか色々と親切に教えてくれた。

このバッパー(ドリフターズ)は建物的にもそんなに悪くないし、スタッフはとっても親切で良かった!

10時にチェックアウトした後は、昨日予約を取った次の宿へ。
写真
Vagabond バガボンド
ドミ 20ドル
フリーティ、コーヒー、朝食付

ここは評価がいいバッパーなんだけど、そこまでいいかなぁ?という感じ。
ホストはフレンドリーで文句なしだけど建物は普通かな。

ここに先にステイしてたアイさん(24)を早速見つけ挨拶。
一緒にタウンまで行き図書館に寄ってネットをした後、アイさん(24:旅行者)と別れてジョアンナ(21:車を買ってくれるkiwi)の職場へ。

働くジョアンナを見つけ、
あの~実は保証金もらいたいんですが・・

と遠慮がちに言うと即答でOKとの事。

良かった~!

ジョアンナはATMでお金を下ろし、とりあえず250ドル現金でいただいた。
これで安心!

金曜に会う約束をして別れ、チラシを剥がして周る。
しかしその間にも車見たい、買いたい等の電話がバンバンかかってくる。

何でしばらく前までは誰も連絡なかったのに今なんだ~!!
(もちろん安くしたのもあると思うけど、全てはタイミングなんだよね。)
しかし私の知ってる外人達は皆出発1~2日前とかに車を売ってたのに、何で私はあせって5日前に金額を下げてしまったのかと思う。
本当に価値あるいい車なのに予想外に安くしてしまって自己嫌悪。
あ~、こんな所で心配性の性格が出てしまうなんて・・。

まぁでもジョアンナに売れて良かったと思う。
値切るどころか空港へ行くお金を上乗せしてくれたんだから。

チラシを剥がし周っている途中で、ふと思いついて銀行へ。
私はウェストパック銀行を利用してるんだけど、口座を閉じないでヒロミさん(30:オアマルでお世話になった)の住所に変更したのだ。
でも、これ日本の住所に変更できないのかな?と質問する事に。

ほんのちょっとだけ顔見知りの日本人スタッフの方がいるハズなので、その方に聞いてみようと思ったら今日は休みとの事。

うーん、じゃあもういいかな?と思ったけどやっぱり軽く聞いてみる。
すると日本の住所にするのOKって事で、私に一人のスタッフが対応してくれた。

もうすぐ日本に帰るんだけど、日本の住所に変更できますか?

変更できるけど口座は閉じた方がいいですね。

でも、持っていたいので住所変更だけしたいんです。

今は口座手数用等ひかれてないけど、将来はどうなるか分かりませんよ?などと説明を受け、それでもいいからと日本の住所に変更。

他にも色々な事を説明してくれてかなり為になった!

ニュージーの口座にあるお金を日本に電子送金する場合、手数料は25ドル。(日本に比べて格段に安いね!!)
その場合は日本円にして送金してくれと伝える。
書面、またはFAXで受付。
口座を閉じる場合も書面、またはFAXでできる。

こんなに簡単に送金とか閉口とかできるなら口座を残しておいても全然悪くないなと思った。

それに加えて、自動車保険も解約。
本当はまだ2日残ってるんだけど、対応してくれたお姉さんが解約してしまった・・まぁいいか。
3月に1年分の保険として入ったので、今解約すれば残ってる分を返金されるかどうか聞くと、返金されるとの事。
そのお金も口座に入る♪
やっぱ何でも言わなきゃね~!!

日本人のスタッフじゃなかったけど、本当に色々と詳しく説明してくれたので英語でも全然いけるなぁと思った。
口座開設の時も英語でいけたけど、親切に教えてくれてほんと助かる!!

ついでに税金の還付をやる価値があるかどうか訪ねると、多分あるとの事。それで移転したInland Revenue(税務署みたいなとこ)を教えてもらい、次はそこへ。

写真
新しい建物の中に入り、Tax return(税金の還付)について聞く。
1ヶ月程働いて800ドルくらいしか稼いでないけど還付申請する価値はありますか?と。

するとお兄さんが対応してくれて、パソコンに私のIRD番号(働くのに必要な番号)を打ち込むと1000ドルちょい稼いでて179ドルの税金を納めてる事が分かった。(Inland Revenueすげー。)

タックスリターンしたいなら用紙に書き込んでねと言われたけど、本当にそれをする価値があるかどうか聞いてみると、お兄さんがカチャカチャと電卓で計算。

すると、、、本来は209ドル納めなきゃなんないと出た!!

お兄さんは即座に、何もやらない方がいいね!とアドバイスをくれる。

おぉお!!税務署の兄さん直々にそんな事をアドバイスしてくれるとは、本当にニュージーランド人は人がいい!!

そーか、税金戻ってくるどころか納めなきゃなんないかー、それを知れただけでもここに来て良かったよー、と施設を後にした。

私は本当に全然働いてないから1000ドルくらいしか稼いでないけど、3ヶ月、もしくはそれ以上働いた人なら、タックスリターンする価値あると思う。

私が友達に聞いてた話では、5000ドルくらい稼いだとしても還付の申請をしてその還付金は小切手が日本に送られてくる、その小切手を銀行に持っていって日本円にしてもらうと手数料が取られるので、実際に手にするお金は雀の涙くらい、だから面倒だから還付申請しない人がほとんど、っていう話だった。

でも銀行口座を残しておいてそこに還付金を振り込んでもらい、手数料25ドルで自分の日本の口座に電子送金してもらう。
そしてその後でニュージーの口座を閉じる旨の連絡をする。

っていう形を取れば還付金ちゃんともらえるじゃん。

皆調べるのも聞きに行くのも面倒で、日本人からの噂を聞いてどうせ何ももらえないと思い込んでるから放っておくんだろうけど、こういう方法を取ればお金返ってくるね!!

たくさんニュージーで稼いだ人は挑戦してみたらいかがですか?

一端バッパー(バガボンド)に帰り軽食。
またタウンへ行き図書館へ。

今日街で会った時に南島の地図セットをマツオさん(35:もうすぐレンタカーでキャンプの旅に出る)にさしあげたんだけど、その代わりに夕食をおごって下さいと頼んでいたのだ。

マツオさんは毎日図書館に来てるので(私もだけど。)待ち合わせしなくても会える。
タカコさん(28:今は学生)も見付けて、そのお友達のスギモトさん(27:世界70カ国以上を周ったこれまた凄い人)も夕食に誘ったけど来ないという事でマツオさんと2人で夕食へ♪
写真
Southern asian restaurant
サウスシティーモールの近くにある中華料理屋さん♪

めちゃくちゃおいしかったー!!!
しかも安いし(2人で22ドル。)
マツオさん、ごちそうさまでした!!!

バッパー(バガボンド)に帰るとアイさん(24:旅行者)もちょうど帰ってきたので、久しぶりにサイン・オブ・ザ・タカヘの夜景を見に連れて行ってあげる。
写真
うーん、やっぱ綺麗だ~!!

ゆっくり見たかったけど、風も強くて凄く寒かったのですぐに帰った。

バッパーに戻ってからは紅茶を飲みながらアイさんと談話♪

今日は色々為になったよNZ322日目終わり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【楽天市場】ランキング市場 【家電】

楽天ウェブサービスセンター

まだデータがありません。

コメント

  1. noir より:

    はじめまして。
    tax return のことでお聞きしたいのですが、結局何も手続きさずに帰国されましたか?
    色々検索していると、なんか手続きをしないと帰国後日本にまで催促状が送られてくると書いてあるサイトを見つけたんですが、どうすればよいのか分からなくてコメントさせて頂きました。

  2. スー より:

    初めまして!
    ブログに書いてある通り、私は何も手続きせずに帰国しましたよ。
    別に帰国後に何も送られてきてませんし。
    不安なら、Inland Revenueに行って直接聞くのがいいですよ!