レガちん売れた!

8時半にタカコさん(28:昨日泊めてくれた)を車に乗せて学校まで送ってあげた後、図書館へ行きメールチェック。
うーん、まだ車の問い合わせが全然ない・・・
マツオさん(35:最近良く会う)にも言われたけど金曜までには決着をつけないと駄目だよね、と。

今日は火曜日、、、もしギリギリまで売れなかったらタカコさんに2000ドルで買ってとお願いして、いいですよと言ってくれたんだけど、買うつもりのなかった車を買わせるのもなぁ・・と悪い気がしてきたので何とか売らねばと昨日2500ドルで印刷しなおしたチラシを更に値下げして2200ドルに直して周った。

しかし今日はとっても疲れてたのでまずは宿を先に確保。
一昨日出会ったアイさん(24:元刑務所で一緒に。)がバガボンド(バッパー)に泊まると連絡が入ったので私もそうしようかと行ってみるも満杯。明日の予約だけをして、本日の宿は
写真
Drifters ドリフターズ
ドミ 19ドル
キーディポジット 10ドル
フリーティ、コーヒー

タウンからはちょっとだけ遠いけど、雰囲気はなかなかいい。

チェックインをした後、電話がかかってきたので出ると車についての問い合わせだった!
おー!と聞かれた事に答えていると、最低の金額はいくら?と聞かれ2200と答えると、1000ドルで同じ年式の白いレガシーを見つけたと言われたのでそれは無理と答えた。
そっちのボロレガシー買ってくれよ。
私が車を探していた時、本当に思ったけど、高い金額で出してるレガシーでも実際に見てみるとタイヤがツルツル、外装は傷だらけ、中は汚い、距離は18万キロくらいで何もついてない2800ドル、とか普通に売ってた。

私のレガちんは本当にいい。エンジンもいいし、外装も内装も綺麗。タイヤは新しいし運転に何の不安も感じない。暖房も冷房も完璧、電気系統に故障なし、この状態プラス全部ついてるなんて2500でもかなりお買い得だと思う。(本当は3000で売りたかった訳ですが。)

もう疲れたのでとりあえず寝る。
1時間くらい寝た後、タウンへ。

しばらくの間、人々が行きかう大聖堂広場の中に車を置いて宣伝してみたけど、いつも車を置くサウスシティモールに車を置いて図書館へ。

本当に買ってくれてもいいのかの確認をしにタカコさん(28:学校帰り)を探す。

机に向かって勉強していたタカコさん(28:えらい)を見つけて聞いてみると、ニュージーで買う気はなかったけど車があってもいいなぁと思ってくれていたみたい、それを聞いて安心した。

でもレガちん2000ドルなんて本当に安いと思うし、車に一緒につける物を売れば200ドルくらいにはなるし、売る時も2000以上で売れるはず(タカコさんは3ヶ月くらいしか乗らないので。)だし、AA(JAFみたいなの)もあって保険もついてるので、もし何かあっても安心だと説明。WOF(車検)もチャーチの教えるガレージで受ければ25ドルで簡単に通るはずで、もし大金を使って直さなければならないような箇所が出てくれば日本円で少し返金もしてあげようと思っている。
何か聞きたい事があればメールしてくれればタイからでも日本からでもすぐにアドバイスするし、と。

まぁそこまで説明するとタカコさんに、本当に2000でいいんですか?と聞かれたけど友達に売るんだからそれでいいよ、それに買ってもらえるという保障ができたんだから贅沢は言わない。

そして実はチラシを2200に直してきた事を伝えると、タカコさん(28:冷静)の話も聞いて直す必要なかったかなと思い始めた。
だって最悪売れなくても最終的には2000でタカコさんが買ってくれるんだから。
ヒロミさん(30:オアマルでお世話になった)の彼氏のベン(29:サモア人、1万ドルで買ったレガシーを2回盗まれ、今は貧乏)は500ドルで買うと言っていたので、それよりははるかにマシである。

んじゃあもう一回2500で印刷しなおして貼りなおしてくるか~!なんて話し合っていたら携帯に電話がかかってきた!!

サウスシティーモールの駐車場に置いてあるレガちんを見て電話をかけてきてくれたみたい、すぐにそこへ行くと言って向かう。

女の子が一人で待っててくれて、見た感じはバックパッカー(旅行者)じゃないっぽい??

話を聞くと、ジョアンナ(21:kiwi)はサウスシティーモールで働いていて、週末に旅行にでかけたいので車の中で寝れる車を探していたのだとか。仕事が終わった後、駐車場に停まっているレガちんを見つけこの車はいいとすぐに電話。

いやぁ2500に直そうと思ってたんですよ・・なんて言える訳もなく(涙)ジョアンナを助手席に乗せ街中を快適運転。

非のうちどころがないレガちんを一発で気に入ってくれて、買ってくれる事に!!

本当はレガちんを活用しまくってくれる外人の旅行者に買ってもらいたかったけど、地元に住むジョアンナなら週末をエンジョイしてくれそう。

いつ引き渡すかという話になり、今日でもいいよって言ったら、別に急がないのでギリギリまで使っていいと言われ、じゃあお言葉に甘え金曜に引き渡す事に。

ついでに日曜に空港まで送ってくれないか聞いてみたら、最初はOKされたんだけど、免許証の関係で今助手席に人を乗せて運転できないらしい。
ガーン、、それは残念・・・と思っていると、2250ドル出すから、その50ドルでタクシー使って空港に行って、と言われた。

や、優しい~・・!!!

金曜に会う約束をしてレガちんは売却済みになったのでした。

しかしあんなに貼りまくったチラシを見たんじゃなくて、実物に貼ってあるチラシを見てなんて、、、しかもジョアンナは毎日サウスシティーモールで働いてて毎日駐車場通ってたのに今日だけ見つけるなんて(置く場所がいつもと違ったからね。)、、

金額直すんじゃなかった~!!!(泣き笑い)

まぁ人生そんなもんさ、あははんははん。

そうして図書館に戻ると、また別の人から車を見たいと電話がかかってきた。

おおお~!!!何でオイラは金額直しちゃったのかな~!!!

しかも何で300ドルも安くしちゃったんだー!!

あんなのもってけ泥棒状態じゃん(涙)

タカコさんに売れた事を報告するとおめでとうございます!と喜んでくれた。タカコさんの存在は本当に心強かったよ~、ありがとよ~!!

ちなみに図書館でまたもやマツオさん(35:来月よりレンタカーを借りて旅に出る、もちろんキャンパー)に会ったので、ジョアンナが必要ないと言った枕やブランケットをさしあげる事に。

それならシャロム(マツオ氏が滞在するバッパー)に置いていってよ、なんてずうずうしい事を言われたが、まぁこの前夕食おごってくれたのでいいかとバッパーまで送ってあげた。

ついでにシンヤくん(22:最近良く会う)にも会ったんだけど、ニュージーを出てシンガポールに行く飛行機が偶然同じ便という事が判明。

縁のある人はどこまでも縁があるなぁ。

しかしまぁこれで無事にタイに行けるさ、全ては運命の赴くままにNZ321日目終わり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【楽天市場】ランキング市場 【インテリア・寝具・収納】

楽天ウェブサービスセンター

まだデータがありません。