カウリコースト

朝起きて朝食を食べ終わった後、何気にタイヤに目をやると・・・
写真
ヒー!!
ワシのミシュランのタイヤになんかコブができとる~!!!

つーかこれパンク寸前ですよね、今にもパンクしますよね!?!?

ヤベーと思い、iサイトへ行ってガレージの場所を聞き(またこのパターンですか・・3回目だよもぅ)タイヤを見てもらう。

やっぱりパンク寸前だって事で、どこかにぶつけた??と聞かれた。

思い当たるフシはある。
・・・実は一昨日走行中に標識に目を取られてたら中央分離帯に気づかず、寸前でよけたんだけどガツと少し乗り上げてなんかぶつけたんだよね・・ははは。。
(てか分離帯に正面からぶつからなくて良かったと本当にホッとした。)

まぁ、という事は一昨日からタイヤがおかしくなってたという事で、今朝気づいて本当に良かったと思った。
それも昨日寝た休憩所が街のすぐ近くだったっていうのもラッキー。
昨日寝た場所はkaiwaka カイワカという街のすぐ横にあった休憩所。
街中なのに広いスペースと大きな木に覆われてたのでいい感じだったのだ。
中古のタイヤを買おうと思ったんだけど新品しかないという。
まぁ小さな町なので仕方ないか・・と金額を聞くと145ドル、た、高い!!

それも2本一緒に交換する必要があるって言われたんだけど、高すぎるので1本にしてくれと頼んだ。

ガレージのおっちゃんは私のタイヤを見て、これいついくらで買ったの?なて聞かれ5ヶ月前にチャーチで買ったって言うと、中古のタイヤ買うくらいなら新品買った方がいいよって言った。

そしてコブのできたタイヤの一部を指差して、これ誰かが修理した跡があるよ。

って。

えーっ、そうなんですかー・・?

まぁもう潰れちゃったしどうでもいいよと思い、やっぱ交換するなら両タイヤ一緒の方がいいよなぁ・・ともう一方のタイヤをじーっと見る。
しかし300ドルは痛い・・・しかし車を売る時に新品のタイヤってのは売り文句になるぞ・・とも考える。

おっちゃんにもし2本一緒に買ったら安くしてくれるかどうか聞いてみると2本なら260ドルにしてくれるとの事。

おおお!何も言わなかったら290ドルだったのに30ドルも安くしてくれるなんて!!

あと1ヶ月しかないけど、、旅を無事に進める為にも2本とも新品に交換じゃー!!

ほんとどこまで金持ちなんだよアンタは・・うぅぅ(涙)

そしてもう1本の方を交換に入ると、、、おっちゃんがタイヤの裏を見せてくれて、これ違法だから、なんて修理の跡を見せてくれる。

ガーンガーン、中古のタイヤってのはみんなこんな感じなんかぁあ!?

これなら最初から新品買った方がいいよ。

写真
つー事でフロントタイヤ2本とも新品に交換。
溝が1センチくらいある!!おぉおー!!

ちなみにメーカーはNEXENとかいう韓国製。
聞いた事ないけど、どうなの??

あー、もう車売る時3000ドルで出そう。。。

ついでにリアタイヤの空気圧を見てもらうと、
36ないと駄目なのに20しかなかった。少ねー!!!

うーん、最初の頃は毎回くどい程空気圧チェックしてたのに、そういえば一人旅初めてから全く空気圧チェックしてなかったよなぁ、ははは・・。

おっちゃんも流石に苦笑い。
いやー、こりゃこのタイミングでパンク発見できて良かったよほんと。

ちなみにガレージはココ。
写真
Twinkle Tow n’ Tyre

おっちゃんに金を払うと、ニュージーランドにまた来て車が故障したらいつでもうちにおいで、と笑顔で言ってくれた。
ありがとうおっちゃん!!

そして新品のフロントタイヤへと生まれ変わったレガちんの前足は、、すげー乗り心地いい~!!(笑)
これが溝1センチの威力か・・。
やはり最初から新品のタイヤ買うべきだな。。

さて、今日はとりあえず目的もなくどこかのホリデーパークかバッパーに泊まろうかと考えながら北上。

写真
Kauri Museum
カウリ・ミュージアム

Matakohe マタコヘっていう町にあるんで寄ったんだけど、入場料15ドルもするのでフロントのショップだけ入ってカウリのみやげ物を見学。

泊まろうかなと思っていたバッパーの前を通り過ぎるも時間がまだ早すぎると思ったので更に先へ進む事に。

Dargaville ダーガビルという町のiサイトでカウリコーストのマップを貰い、いよいよカウリ・コーストへ。

写真
Trounson Kauri Walk
トラウンソン・カウリ・ウォーク

一周40分

写真
デカい!

つーかこの辺の道凄い砂利道なので、タイヤ交換してなかったら絶対パンクしてたと思う!!ほんと交換して良かったー!

次は一端フォレスト・ルックアウトという森の展望地に寄った後、ビジターセンターへ行き、情報を教えてもらう。

そしてカウリ・トゥリーが見れるトラックへ行くと・・
なんと駐車場にセキュリティがいるから2ドル払えとの表示が。

しかしその警備員っつーのがなんか中国人っぽいオッサンで自分の車に乗ってて駐車場にいるだけ。
つーか2ドル払えという看板、このオッサンが自分で作ったんちゃうか??と思う。
払いたくねーなー・・と思いながらまずはトラックを周る。

Four Sisters 20min retern
Te Matua Ngahere 20min retern
Yakas 1hr20min retern 触れるよ

と順番に見終わった後、駐車場に戻るとオッサンがもういなかったので2ドル払わずに済んだー。

そして車に乗り最後にして最大の巨木カウリへ。
写真
Tane Mahuta

すげーデカいー!!!
樹齢2000年くらいあるらしいぞ!

さて夕方6時もすぎ、今日はどこで寝ようか・・
バッパーの看板があったのでそこへ行こうと山の中の砂利道を進むも見つからず、やめて引き返す。

途中で道端の休憩所発見、よしここにしよう!
と中へ入るもビール瓶とかたくさん置いてあってなんかヤバげなのでやめる。

最後の望み、地図に書いてあるキャンプエリアへ7時半頃到着。
写真
Forest Pools

おおっとぉ!
流石地図に書いてあるキャンプエリア・・既に先客が4組もいるー!
写真
適当に自分が寝る場所を探して、今日はこんな感じで。

宿代がかからないのはいいなぁ♪NZ288日目終わり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【楽天市場】ランキング市場 【スイーツ・お菓子】

楽天ウェブサービスセンター

まだデータがありません。