何もしてない。

朝4時、ユウちゃん(20:日本へ帰国)とついでにイワアイちゃん(24:オーストラリアへ行く、ちょうど同じ日だったので一緒に空港へ)を車に乗せる。

タカはちゃんと起きれんのかな~?
と思ってたら、少し遅れて起きてきた。

ユウちゃんが「何でいるの?」って聞くと、タカは「いやいや、まぁまぁまぁ・・」なんて誤魔化す。

ふ、素直に見送りに来たと言えば良いものを(笑)
ってゆーか、アタシが時間教えなかったら最後のお別れできなかったけど、タカはそれでも良かったんだろーか・・?
ま、いいっちゃいいか・・。

って事で、タカも一緒に車に乗せて空港へ。

空港について、荷物を降ろそうとした途端、バターン!!っていきなりユウちゃんが後ろ向きに倒れたのでビックリした!!

お尻もつかずに、真っ直ぐなままバターンって!!

どうした!大丈夫か!!

と叫ぶタカ

するとユウちゃんは、背負った荷物が重すぎて後ろに倒れてしまったと言った。

そんな事って・・・ありえるのか・・(苦笑)

とりあえずユウちゃんは大丈夫だったので、空港の中に入り、それぞれチェックイン(2人は別の航空会社の為、私はユウちゃんについていき、タカはイワアイちゃんについていった。)後、写真を撮ってユウちゃん(20:エクスチェンジしたり結構長い間いて仲良くなった)イワアイちゃん(24:2日間しか知らないけど、タカと凄く仲良くなってた)とお別れ。

帰りはタカだけを車に乗せて、バッパーへ戻った。

はーっ、、ユウちゃんが無事に日本に帰れますように・・!!
・・ほんと無事に帰り着いてくれよ!
変な人についてっちゃ駄目だぞぅ!

夜、タカがネットをさせて欲しいと来たので好きにやらせてあげていると、友達のネットの日記が凄く落ち込んだ内容で書かれていたらしく、タカ(23:友達思い)はもの凄く心配し始めた。

何とかすぐに連絡取りたいって事なんだけど、タカはその友達の携帯のメルアド知らなくて、スカイプでショートメッセージ(携帯番号さえ分かれば世界中どこでも送れる)送って夜に電話する事になった。

その友達は大学院に行ってて夜遅くにしか帰って来ない為、きちんと電話できるのは夜中って事で、タカは夜中の3時半頃まで起きて、それから廊下にある電話で電話していた。

なんか私も心配で見届けてしまった。

いや、私もこんな事してる場合ではなく早く出る用意しなきゃなんだけどNZ80日目終わり。


Booking.comで2000円キャッシュバック! お友達紹介キャンペーン
海外旅行保険付クレジットカードを詳しく紹介します
旅のクーポン・割引・お得情報
海外旅行に便利なトラベルグッズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【楽天市場】ランキング市場 【インテリア・寝具・収納】

楽天ウェブサービスセンター