自動車保険に入る

朝はチサキちゃん(20:日本に帰る)を空港へ連れて行った
ユウちゃん(20:明日帰るけどバッパーは今日チェックアウト)もチサキちゃんを見送りに一緒に車に乗る。

さぁ空港へ行こうか、って思ったら、タカ(23)もしれっと起きて来て、玄関先で見送り。

何も言わなくてもちゃんと起きて来るとは、やっぱいい奴やなコイツ~。
っていうか一緒に空港まで来ればいいのに、と思ったけどエクスチェンジの仕事があるんでしたこの人。

そしてチサキちゃんを空港で見送った後は、ユウちゃんと一緒にバッパーへ戻る。

ユウちゃんの話を聞いていると、明日帰るけど今日の夜から空港に一泊すると言う。
しかも空港までは歩いていくと言う。(歩くと3~4時間かかると思う。)
オイオーイ!!
そんなのアタシの部屋にいればいいよ!!
そんで空港まで送って行ってあげるから!!

って事で一旦バッパーへ戻り、ユウちゃん(20:宿なし)の荷物を私の部屋に移動させた後、ユウちゃんがおみやげを買うというので私も一緒にアートセンターへ。

アートセンターは1度適当に周った事あったけど、あんまりちゃんと見てなかったので私も行きたいと♪

最初雑貨屋さんに行ったら、可愛いグッズがたくさん売ってて見てるだけで楽しー☆

カラフルで可愛い石鹸がたくさんあって、その中の一つが可愛くて、ユウちゃんにこれ可愛くない?欲しいけど、でも高いしいらないや。というような事を言った。

次はマオリアート?(なんだろ、マオリの形のペンダントとか、ニュージーではどこにでも売ってる奴。)の店へ行って見てたら、骨でアクセサリーを作成中のおじさんに話しかけられて、ユウちゃんがしていた骨の指輪がヒビ割れてたんだけど、おじさんに見せたらなんと直してくれた!

アクセサリーは高いから買わなかったけど、おじさんいい人やなー。
その店は「るるぶ」にも載ったらしいぞ。

次はユウちゃんが目をつけていた皮の鞄を見に行った。
230ドルくらいする奴だったんだけど、50ドルくらい値引きされてた。彼氏へのプレゼントにするらしい。いいねー。

あと、ファッジ(甘い砂糖菓子みたいな奴)ショップへ行って、たくさん試食♪

アートセンターを楽しんだ後、ユウちゃんは他の店へ、私は銀行へ、とここで別れた。

ユウちゃんには暗くなる前に帰ってくるんやで~、と言って。

さて、自動車保険の見積もりをしてもらいにウエストパック銀行へ!
前回私の口座を開いてくれたジョーさんを指名し、車の登録証みたいな紙を見せて見積もり。

するってぇーと、前回適当に見積もってもらった金額と同じで、やっぱり一番安かった☆

1年 175.1ドル (1000ドル自己負担)

自己負担っていうのは、excessって奴で、事故った時、自分が支払う金額の事。
excess 300ドル、500ドルのもあったんだけど、事故る事あるかどうか分からないし、もしも事故っても1000ドルなら出せるかな・・と思って一番安い保険に入ったよ。
(excess 300でも保険額は200ドルちょいだったけどね。)

という事で、やっぱりウエストパック銀行の自動車保険が一番安かったー♪(旅行者が入れる奴で他にもっと安いのあるんかな??)

とりあえずこれでもしもの時も安心やなー。
(もしもが来ませんように・・!)

とにかくジョーさんノリが良くていい人で、不安なく保険に入れて良かった。
日本人スタッフとかいるんならそっち探そうかと思った事もあったけど、全然大丈夫やね!

いやー、これで安心して旅に出れる!
一仕事終えてホッとしたので、バッパーに帰って昼寝した。

・・夕方起きる。

ん~、ユウちゃんまだ帰ってこんのかぁ。

ネットでもやって待ってよう。

・・・だんだん暗くなってきた。

まだかな・・まだ帰ってこんのかな・・

外はもう暗い。。

暗くなる前に帰ってくるんだよって言ったのに、、まさか何かあったんじゃ・・!?

(ニュージーの夜はあまり治安が良いとは言えず、怖い若者がウロウロしてたりする。ちなみにバッパーの近所も結構危険で夜の一人歩きは避けたい所だ。少しでも暗くなったら私は友達をいつも車で送るし、もし私が歩きだったら男の子についてきてもらったりする。この前、フランス人のおじさんフランソワが早朝散歩中に若者に囲まれ金をせがまれたあげく、顔を殴られて酷いアザができていたという事があったばかりなのだ。)

うー、ユウちゃん可愛いし、変な人についていっちゃいそうで心配やー!!
どうしよう、、一人で探しに行こうかな・・!?!?

一緒に探してくれる人って言ったらタカくらいだけど、最近なんか私に冷たいし、頼みごとすんのも何か気がひける。。

あかん!そんな事言ってる場合じゃねえ!!
1人で探すより2人で探した方がいいに決まってる!!
悪いがタカに頼むぜ!!

リビングで絵を描いていたタカの所へ行く。
無言で私をチラ見した後、絵描きの作業に戻る。
うぅ、話しかけづらい・・。
しかし頑張るのだワシ。

・・あのさぁ、ユウちゃん見た?

あん?いや見てないけど。

ユウちゃんがまだ戻ってこんのやけど・・

ハッとして外の暗さに気づいたタカ。

チクショウ!俺もアイツ見てなかったけど気づくの遅かった!!

今から探しに行くけど、一緒に来てくれるか!?

あぁ!!当たり前だろ!!!!

もしうちらが探してる間ユウちゃん(20:行方不明)がバッパーに戻ってきたら私の携帯に連絡して、とキッチンで夕食を作っていたコータ(26:イケメン)に頼み、私は車を駐車場から出した。

しばらくしてタカが車の所へ来た。
助手席には座らない。
ふ、こんな緊急時でも私の隣が嫌か・・?(涙)

あれ、助手席に座らんの?

と聞くと、

後ろの方が広くて都合いいから。

と答えたタカ。

それはどーゆー意味・・、とタカの方を見ると、

うわぁこの人手に何か持ってますぅうう!!(笑)

掃除機の枝の長い部分(鉄パイプ)と、空のビール瓶(凶器)

笑っちゃいけない所なんだけど、私は心の中で、ヤベェおもしれえ・・!(涙)と思ってしまった。

さて、車に乗り込んだ私とタカ(20:ヤル気満々)は、まずコロンボ・ストリートとマンチェスター・ストリート辺り(チャーチの中心街)を注意深く探す。
ヤバそうな若者集団がチラホラ目に付く。

ふとバッパーの方向へ歩いている女の子に気づく!

・・よく見ると違う。ヒトミさん(ショートカット)だ。

あの人もよくこんな暗い中一人でひょうひょうと歩いてるよなぁ・・危機意識持とうよ(苦笑)
まぁショートカットだから男の子にも見えるけど、ユウちゃんは髪が長くていかにも可愛らしい女の子って感じだからヤバいよね。

ユウちゃんは最後にパックンセーブに寄って帰るって言ってたから、パックンへ。

人がまばらになったパックンをタカと二手に分かれて走って探す。

いない・・!

もういちどコロンボとマンチェスターをゆっくり見回った後、一度携帯を取りにバッパーへ戻る事にした。(自分の携帯は持ち歩いてたけど、ムネ(26:日本に帰国中)に借りてた携帯は部屋に置きっぱなしだったので、タカ(23:世界一周中なので携帯なんて持ってない)にそれを持たせて二手に分かれて連携を取りながら探そうと思ったのだ。気づくの遅い・・)

っていうか、ユウちゃんが戻ってますように!!!

走って部屋へ戻る。

ど、ドアの前にユウちゃんが立ってるうぅうう!!!

わ~ん、良かったぁあ!!(涙)
へなへなとユウちゃんに抱きついた。

ユウちゃん(20:無事)に話を聞くと、パックンセーブではなく、別のスーパーへ行ってたんだとか。
(しかも、うちらが車で探しに行くのが見えたらしい・・(笑))

おっと、タカを車に置きっぱなしだった。

車へ戻り、タカにユウちゃんいたよ!今アタシの部屋にいるから!と言うと、笑顔になるかなって思ったらムッとした表情になった。

車を駐車場に入れて凶器を片付けた後、ユウちゃんの所へ行く。

オマエは馬鹿か!!ふざけんなよ!!

あらあら・・タカさんが怒ってしまいました。。

私は怒るというよりも安堵感の方が大きくて、とにかくホッとしてた。

うーん、なんか父親と母親みたいだなコレ。

もーお父さんとお母さん心配したよ~!

ユウちゃんにそう言うと、

はいコレ、スーさんにおみやげデス☆

スーパーでおいしそうなハムを買ってきてくれたユウちゃん。
(空港へ連れて行くお礼として、何か欲しいものありますか?って聞かれた時に、肉、って言っておいたのだ(笑))

そしてコレも☆

ん?なんだこの包み紙??

中を開けると・・・

写真
あーっ!!
アタシがアートセンターで可愛いって言った石鹸だーっ!!!
あの後一人で戻って買ってきてくれたんやね・・
っていうか、石鹸なんていらないから早く帰ってきて欲しかったよ~(涙)
でもすげー嬉しい、ありがとう!!

うちらのこんなやり取りをムスリと見てたタカ(23:お父さん)は、

んじゃ俺行くわ。

バタム。

と出て行ってしまった。

んー、こいつ友達思いでほんといい奴やなぁ。いいお父さんになりそう。

ユウちゃんは私の部屋に今夜滞在する(っていうか出発は4時なんだけど。)ので、荷物を部屋に広げパッキングを始めた。

ユウちゃんの鞄はもの凄く小さい。
小さいデイバッグ(35Lくらい)と布のショルダー(15Lくらい)と皮の鞄の3つだ。

一ヶ月の旅行なので、まぁ足りるっちゃー足りるけど、おみやげをいっぱい買って入るわけがない。

ユウちゃんがパンパンになった鞄にギューって乗って押し込んだりしてたけど、どう圧縮しても無理なので、私はデカいコロコロ付きバッグを一個あげる事にした。
(私は常日頃からフリーコーナーをチェックしていて、使えそうなものはいただいてくる。友達から貰った物もたくさんあるし。おかげでスーさんは何でも持ってますねと皆から有難がられます。)

コロコロ付きバッグは普通にデカかったのでそれに荷物を入れ替えてパッキング完了~☆

いやぁ、ほんとユウちゃん、私がいて良かったね(涙)

ユウちゃんがパッキングしてる間、タカの所へ行くと、疲れたのかタカは寝ていた。

こんな友達思いの奴に、ユウちゃんが出発する時間を教えない訳にはいかない。

タカをそっと起こし、「明日4時に出発するから。」とだけ伝えると、「あぁ・・、ありがとう」と眠そうな声で言った。

部屋に戻り、ユウちゃんにネットを使わせてあげたりして起きていたんだけど、
写真
11時すぎると眠くなってきたので、起きてると言うユウちゃん(20:結構強情)に寝てもらおうと思い車に寝袋を取りに行こうとすると、起きてます!寝袋なんていりません!スーさんは寝て下さい!とか言うので、もーこの子は仕方ないなぁ・・じゃあせめてこのタオルとマクラ使って。と部屋にあったのを渡した。

横になって寝ればいいのに、強情張って壁に寄りかかって座りながらコクリとする、人形のようなユウちゃん・・

・・ほんとに人形みたいやなこの子(笑)

みんな大好きだよNZ79日目終わり。


Booking.comで2000円キャッシュバック! お友達紹介キャンペーン
海外旅行保険付クレジットカードを詳しく紹介します
旅のクーポン・割引・お得情報
海外旅行に便利なトラベルグッズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【楽天市場】ランキング市場 【食品】

楽天ウェブサービスセンター