ニュージーランドのバックパッカーズについて。これを見れば自分でできる!


ニュージーランドのバックパッカーズ

更新日:2012/01/19
作成日:2007/07/29

バッパーって何? | ホテルとの違いは? | ユースホステル(YHA)とどっちがいい? | 部屋は?

スポンサードリンク

バッパーって何?

バッパーとはBackpackers Hostel(バックパッカーズ・ホステル)、いわゆる安宿の事で、ニュージーランドに限って言うと1晩15~30ドル(相部屋の場合)くらい。

だいたい安い所で18ドル、ちょっと高くて23ドルって所かな?

ちなみにどうでもいいと思われる私的な基準は、
17ドル以下・・・おぉ、安いじゃん!
18~19ドル・・・まぁ安い方だね。
20~21ドル・・・普通かな。
22ドル・・・ちょっと高いな。
23ドル・・・ううむ、高い。
24ドル以上・・・高いな~!!

バックパック(リュックサックのデカい奴と思えばよろし)を背負って旅する旅人の事をBackpacker(バックパッカー)と呼んで、その人たちが泊まる為の安い宿って事だね。
もちろん普通の人も泊まれるし、家族で泊まる人もいるよ。 リビングでは子供が遊んでるって事も。

(2007/07/29)

ホテルとの違いは?

ホテルの部屋にはお風呂やトイレやたまにキッチンなんかもついてる所があるけど、バッパーの場合はこれ全て共同

<共同の場所>
・シャワー
・トイレ
・洗面所
・キッチン
・リビング
・庭
・洗濯干し場
・自転車置き場
・駐車場
<共同の物>
・洗濯機
・乾燥機
・冷蔵庫
・食器具
・調理器具
・テレビ
・ラジオ
・電話
まぁ、自分が寝るベッド以外はほとんど共同だと思えばいいかな?

着る物、食べ物、お風呂セットさえ用意しとけばOKだね。

ユースホステル(YHA)とどっちがいい?

ユースホステルは世界的な安宿のネットワークで、1年間有効の会員証を作ると世界中の加盟しているホステルで使えて、ニュージーにももちろんたくさんある。

詳しくは
日本ユースホステル協会
YHA New Zealand

日本で会員証を作ると2500円
NZで会員証を作ると42ドル
なので、もし会員証を作るなら日本で作ってきた方が断然いい。

私も最初会員証を作って行こうかな?って考えてたんだけど、ニュージーにはBudget Backpacker Hostels(以下BBH)という独自のバッパーの組合があって、私はそっちを作る事にしました。

組織 宿数 年会費 割引など
YHA 49 42ドル 各種割引が受けられる、世界中で使える
BBH 350以上 45ドル 20ドルの電話代付、割引も受けられる、国内のみ

どちらも非会員でも泊まれるけど、会員価格より3ドル割増。
なので、10泊以上&何かアクティビティに参加する人は会員になった方がいいかな。

よってどっちがいいかというと、人それぞれだと思うけど、
他の国にも旅行予定の人→YHA
ニュージー国内のみ→BBH
かなぁ??

部屋は?

安宿と言っても、ちゃんと色んな種類の部屋が用意されてる。

ドミトリー Dormitory
4~8人くらいの相部屋。ドミ、またはドームと呼ばれる。
大抵は2段ベッドになってて、ベッドの場所は早い物勝ち。 シェアルームというのもあって、4人以下ってのが基準になってるみたい。シェアルームとドミの明確な違いはないと思われる。 バッパーによっては部屋ごとにトイレとシャワーがあったりも。

詳しくは⇒相部屋について

ツイン Twin
シングルベッドが2つある部屋。
ドミに比べると2~5ドル高い程度で、友達と一緒なら2人だけの完全なプライベートスペースなので快適。
ダブル Double
ダブルサイズのベッドが1つある部屋。
ツインの部屋と金額は同じかちょっと高い程度で、カップルとか夫婦ならこの部屋かな?
でも壁は結構薄かったりするので、離れ部屋でない限り声は筒抜けという事も・・・
シングル Single
シングルベッドが1つある部屋。
部屋には机や棚が用意されてて、完全にプライベートスペース。
金額は安い所でドミと同じ、高い所で60ドル程度。 だいたい30~40ドル。