キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
トム・ハンクスとディカプリオが共演という、何だか変な?組み合わせなので、 面白そうかな〜と見に行ってみました。監督もスピルバーグだったみたいだし。

レオ様演じる高校生の天才詐欺師フランクが、偽造小切手を使って大金を かすめとり、色んな職業になりすましながら世界中を逃げ回るお話。 捕まえられるなら捕まえてみ〜って感じで、タイトルは強気でスマートだけど、 ちょっと寂しげかも。

ギャッハッハ〜!って爆笑するような場面はあんまりないけど、 レオ様の知的でいたずらっぽい演技が可愛いかった。(笑) 度胸の良さと、頭の回転が早くなかったら詐欺師なんてできない訳で、 見ている一小市民としては結構ハラハラドキドキもんです。 でも、実際にあった話を映画にしたみたいで、アンビリーバボーとか 世界仰天ニュースとかを見てるような気分にもなりました。 ん?なんか見た事ある?みたいな。(笑)

でも、映画が終わった後のクレジットに 「監修:フランク・W・アバグネイル」(←主人公の名前) って書いてあった時にはスッゲ〜!って思いました。 ほんと、頭のいい人間は色んな事ができて、人生を何倍も楽しめるんだろうなぁ。
自分も賢く生きたいものです。(犯罪は別として(笑))

見た日2003/04/12
見るなら?ビデオでいいかも
パンフ買わず
お茶目度★★★★
頭の回転★★★★★★★★
なんていうかドキュメンタリー
監督:
スティーヴン・スピルバーグ
出演:
レオナルド・ディカプリオ
トム・ハンクス
公式サイト

DVD

-------------------------------------------------------

前へ前へ

-------------------------------------------------------