冬のソナタ – 韓国ドラマ

とりあえず色々ダサい。(笑)

韓国のドラマらしいです。まだよく分かりませんが、昔の日本を見ているようでなんだか香ばしいです。優しい気持ちで見守りたい。

~ 注意 ~
このページは、スーが番組を見て思った個人的感想を適当に書き綴っていたページです。番組はビデオに録画してないので、一度見たきりの感想だし、間違ってる所も多々あるかと。また、私の特徴として結構辛口&毒舌風味です。なので、下記にあてはまる人は読まない方が懸命です。
・自分と違う意見を受け入れられない人
・物事を違った角度から見れない人
・冗談の通じない人
・笑いの分からない人
・自分はソナタの登場人物だと思い込んでいる人
・美しいソナタしか知りたくない人

似顔絵&キャスト紹介

チュンサン

チュンサン 影のある転校生。基本的に暗いが、父親を探すのには必死。数学が得意で、大学でサンヒョクの父親と勉強会をしたりしていた。登場回数2回。後は回想で何回か。

ミニョン

ミニョン 別名「微笑みの貴公子」
マフラーとメガネは必須アイテム。彼の笑顔にやられた日本人女性数知れず。優しさと知的さを併せ持ち、柔らかな身のこなしでハートをわしづかみ。って、私は別に心奪われませんでしたが。

ユジン

ユジン 別名「涙の女王」
このドラマのヒロイン。コートを着たままベッドで寝たりするお茶目さん。なかなかいいセンスの持ち主。

サンヒョク

サンヒョク このドラマで一番活躍してくれた人。(私の中で。)
自分に正直で(自分勝手とも言う)、あまり飾らず、ヒューマニズム溢れる愛すべきキャラ。(笑)
君づけがこれまた似合う、いい所の坊ちゃん。

チェリン

チェリン タカビーで嫌な女役。
最初出てきた時は、スケバンかと思ったがそうでもなかった。


番組の感想

2003/04/03 1話 出会い

え~、なんだか韓国のドラマって事で、海外ドラマって気がしないんですが、とりあえず見てみる事にしました。
ちょっとおマヌケで可愛らしい主人公のユジンとユジンに惚れてる幼馴染の優等生サンヒョク、そこに転校してくる影のあるちょっといい男チュンサンですか?
なんだか少女漫画の第一話のような設定。(笑)
高校生らしいのですが、絶対見えねぇ。
贔屓目に見ても大学生かと思ったくらいです。
そして、防寒具として皆ダッフルコートを着て学校に通っているみたいです。
色は多分自由。いつの時代だよ!?って思ったらこのドラマ2002年に放送されたみたいです。韓国スゲ~。
まぁ日本でも、私が高校生くらいの時にダッフル流行りましたけどね。
つか、そんな事はどうでもいいんです。
バスだよバス!バスのシートが剥がれてるってのも問題だと思いますが、そのシートを直す為に自分の首に貼っていた湿布を剥がして貼るユジン(笑)
そして負けじと自分の頬?に貼っていたバンソーコーを剥がしてシートに貼り付けるチュンサン(笑)。汚いだろ、クサいだろ!?(笑)
そんな面白い事をして、お互いに見つめあってウフフって笑う光景がなんともほほえましく、私と母は爆笑するのでありました。
どーでもいいけど、サンヒョクって、サンヒョ君かと思っちゃったよ~。

2003/04/10 2話 はかない恋

いやぁ~、このドラマって一時間もあるから見るのがちょっとおっくうになったりもしたんですが、また香ばしい気分になりたいので見てしまいました。
ユジンとチュンサンが前回授業をサボタージュした事で、クラスの黒板にいたずら書きをされてクラスメイトにはやしたてられてしまいました・・う~ん、香ばしい(笑)
授業をサボった罰として、落ち葉掃除?みたいな事やってた場面で、雪を降らせてあげる、という名目の下、枯葉を空に撒き散らすチュンサン、そして喜ぶユジン。ま~、別に楽しげでいいですけどね、カメラ遠くから映すと凄いマヌケ(笑)、そして枯葉を撒き散らす度にチュンサンが乗っていた木製の台がユラユラとゆれていて、実は危なかったんです。(笑)
しかし放送部のキャンプに、何でチュンサン平気で顔出せるんかな~?
あのキャンプの帰り、サンヒョ君(こっちのがピッタシくるぞ(笑))怒って先に帰っちゃったけど、ユジンがそれを追っかけて2人で話してた時、サンヒョ君は寒さのおかげで鼻水たれてました。(笑)←光の加減でたまに光ってたさ。
チュンサン、ユジンの家でご飯作ってもらったのに、写真を見るなり黙って出て行くし、そしてまたアメリカへ行く途中のタクシーでいきなり黙って飛び出して行くし、そのまま車にひかれて死んじゃうし、何なんでしょう、自分勝手すぎです。
B型でしょうか。
来週の予告で、チュンサンそっくりの茶髪の男(眉毛は黒)が出てきた時、私と母は突発的な笑いをこらえる事ができませんでした。

2003/04/17 3話 運命の人

サンヒョクがサンヒョ君ならチュンサンはチュンさんですな。
と、どうでもいい事を思いついてみたり。(笑)
チュンさんが死んじゃって、何も燃やすものがないからノートちぎって燃やすって・・何なんでしょう?人が死んだら何か燃やすってのが韓国での風習なんでしょうか。で、葬式は?
そしていきなり10年後かよ。(笑)
ユジン髪切っただけ、サンヒョ君変わらなさすぎ、チンスク変わりすぎ。
おまけにチンスク目ぇデカすぎ。
それにしても、チェリンさんて、いつ見ても松たか子をちょっと可愛くしたような顔だな~って思います。別に松たか好きじゃないですしどうでもいいんですけど。
新チュンさんがこれからどう活躍してくれるのかちょっと楽しみさ。
てか、チュンさんが生きてあのまま成長してたとしても、茶髪に黒眉にはなっていなかったと思われ。

2003/04/24 4話 忘れえぬ恋

ユジンの新チュンさん(イミニョン)に対する態度、しらじらしすぎ。(笑)
つか、ミニョンがチェリンの恋人っつーのは別にいいけど、バーで飲むチェリンの腕をもむな、もみまくるな(笑)
ミニョンがチュンサンだった時は特に思わなかったけど、ミニョンでメガネかけてるの見ると、オバはんにしか見えん。なんでメガネ外してくれんかったんや~!マジで外して欲しかったわ~。
ミニョンって何か女ったらしっぽい役なんかな~?ユジンに上着かけてあげてたけど、コート着てるのにまだかけますか?(笑)
下心ありげな感じに見えるじゃないか。
んで、相変わらずのサンヒョ君、ユジンをデートに誘って映画連れてったけどさ~、チケットが売り切れで結局見れず、しかも車は駐車違反。
ダサいッ!(笑)ちゃんと駐車場に止めなあかんやろ。
それにしてもポラリスのオバさんの頭の色すげーよなー。

2003/05/01 5話 罠

チェリンさ~、後からバレるような嘘つくのもどうかと思うんやけど、ユジンがまたそのまんまの行動にうつるのもどうかと。(笑)
もう昼メロの世界やね。

2003/05/08 6話 忘却

ほんと、ミニョンって見る目ないよね。
つーか、自分で言ってたけどあの人女好きだったんだ?(笑)
チョンアさん、タロット占いやるのはいいけど、カード一枚あげちゃったら今後の占いに支障が出るんじゃ?
それにしても、仕事現場まで押しかけてくる恋人ってどーよ?
チェリンといいサンヒョ君といい・・一週間かそこら会えんくらい我慢せーよ。(笑)
今回のチンスクの馬鹿っぷりもなかなか良かったんですが、ミニョンさんが、ホリケンに見えてしょうがありませんでした。
彼はもうホリケンです。

2003/05/15 7話 冬の嵐

「どうしてスキー場なのかね?」
「恋人がいるからです。」
堂々と仕事に私情を挟む男、サンヒョク

「ユジンさんの好きな食べものは?・・いや、ただ覚えておきたいだけです。」
切り替えの早すぎる男、ミニョン

寝てる人のメガネをそっと取り外す女
チョン・ユジン

非常に展開の早いドラマ
冬 の ソ ナ タ

いやぁ~、ミニョンが病院で真剣な顔してる時に、この人「ペ」って言うんやで。
と、母親に教えてあげたら爆笑が起こりシリアスな場面が台無しに。(笑)
つーか、「僕はイ・ミニョンです」ってユジンに改めて自己紹介した時に気づいた。こいつどっちにしろ「ぺ」か「イ」なんやな~と。

しかし、最後いきなり「あなたを愛してます」ときたもんだ。
っかー!これだから恋愛をした事のない男はよぉ~(笑)

2003/05/22 8話 疑惑

ユジン、人形のペンダントつけてたけど、いやぁ~なかなかあのセンスはマネできませんよ!
今日のサンヒョ君は一体どうしちゃったんでしょうね~。
仕事場がスキー場に決まった時は、世界を手に入れたような顔してたらしいじゃないですか(笑)。
ユジンがサンヒョ君の携帯に謝りの電話かけた時、てっきり留守電にメッセージ入れてるもんだと思ったけど、椅子にちょこんと座ってそのまんま無言で聞いてたのには爆笑してしまいました。
しかし、これだけ荒れているのに酒とタバコの似合わない男サンヒョク。
ユジンをホテルに無理やり連れて行って、窓から外を眺めているその姿はまさに世界を手に入れたって感じやね。(笑)
そんな時に、ユジンの携帯にミニョンから電話がかかってきてサンヒョ君が出て興奮してユジンを襲ってしまって嫌われた訳やけど・・ミニョンさん、一度サンヒョ君が携帯に出てるのによくもう一度かけてみたよね。スッゲーよ、ミニョン!と思った。(笑)
BSでの冬のソナタのCMを見て、チュンサンとミニョンは双子なんかな~?
って思ってたんやけど、最後のママンのセリフから推察するとミニョンはチュンサンって事かな!?記憶無くして、死んだ事にして名前変えてフランスに行かせてたって感じかな~?う~ん、面白くなってきたぞ!

2003/05/29 9話 揺れる心

サンヒョクって、なんつーかもう、ストーカーやね。
ユジンの気持ちも考えないで自分勝手な思いをおしつける、愛の押し売り状態。
いやー怖い怖い。それにミニョンとユジンがマフラーをかけあってる所をサンヒョク母さんが目撃して、母さんは結婚を許しませんよ!本当にサンヒョクを愛してるの?ってユジンに問い詰めて、ユジンが泣いて出て行った後、サンヒョ君曰く「ユジンと駄目になったら母さんを憎むからね!」・・・オイオイ、母さん正しいのに(笑)。
出て行ったユジンとそれを追っていったミニョンが抱き合ってたけど、更にそれを追って行ったサンヒョクがその光景を見たら又面白い事になるだろうと「早くこいつらを見つけろ~!」と応援していたのですが、サンヒョクが接触できた時にはもう車で去ろうとしている時で、置いてけぼりをくらうマヌケなサンヒョク。

次回予告、ユジンがサンヒョクの所へ話し合い?に行こうとしているミニョンの車の中で「戻って来れないかもしれない・・」なんて言ってましたが、あのストーカー坊やならユジンを部屋に閉じ込めてもう外へは出そうとしないかもしれません。
うっひょー!早く謎が解けますように。

2003/06/05 10話 決断

最初に出てきた「前回のお話」って、前回すぎ。
10年も前回に戻ってましたけど。(笑)
それにサンヒョクがユジンを襲う時って、サンヒョ君のズボンが半分脱げかかってるから笑えるんだよね~。前回のお話、ヤル気満々。

いやぁ~も~、今回の前半は、胸が何度も締め付けられるような場面がありましたが、後半はサンヒョ君のおかげで結構笑わせてもらいました。
ちょっとサンヒョ君!なに廃人になってんのよ?(笑)
しかもなに点滴勝手に抜いてグッタリしてるんだよ!?
(まぁ、私も子供の頃入院してた時、点滴が嫌で自分で点滴の落ちる速さを勝手に速めて死にそうな目にあった事ありますが・・(笑))
なんか今日のサンヒョ君、突っ走りすぎのワイルド野郎さ。
チンスクも、「私、出て行く!暫くチェリンの所にいるから!」って・・・今まで居候してた態度とは思えないキレっぷり(笑)
そういえば、ユジンがミニョンさんの車の天井に貼ってた星に変な顔の入ったシール、面白いよなぁ~。ほんとユジンのセンスはなかなかマネできません。
しかし、今回も謎が解けないまま。予告によると次回こそは解けるんだ~!
うぉお~!ミニョンがチュンサンでサンヒョク太刀打ちできずまた廃人かっ!?

2003/06/12 11話 偽り

今日のサンヒョ君も凄かったです。だんだん凄くなってきてますこの人(笑)
もう、冒頭からして、結婚したら留学しようと思ってるんだ!
まだユジンには言ってないけど。って、隣にいたユジンもなんじゃそりゃー!だよ(笑)
前回「ユジンを無理やり襲った・・」って皆の前で告白した時もスッゲー!
って思いましたが、何か言っちゃったもん勝ちみたいな~、子供みたいな~。
しかも今回は廃人の跡形も見られないくらいすっかり元気♪
それを逆手にとってユジンを脅してる感じも(笑)
逆にミニョンが廃人化っぽかったよ(笑)
そんな自分ペースのサンヒョ君ですが、ユジンを飲み屋の前に置いてけぼりってのは酷すぎ。自分が勝手に連れて行ったクセに。
なんだかもう歪んだ愛一直線。
そんなサンヒョ君は、今日も鼻たれてました。(←最初の方でユジンを家に送っていった時)

あと、前回あんなにタンカ切って出て行ったクセに、何事もなかったかのようにまた居候してるチンスクに疑問(笑)。
チェリンも久しぶりにしゃしゃり出てきて、(今までさんざ邪魔したけど)アタシの為じゃない、ミニョンさんの為に何とかしてあげて!って頼むし、ユジンは周りに振り回されっぱなしさ。

あ~そうそう、カン・ミヒさんとサンヒョクパパが楽屋?で話してる時のアングルがとっても変でした。(普通に映るカン・ミヒさんと鏡に映るサンヒョクパパがあまり遠近感も感じられず普通にしゃべるというもの。)
またまたどーでもいいんですが、最初出てきた頃は管美紀という名前の日本人だと思っておりました。ほんとにどーでもいいですね。
てか、カン・ジュンサンとチュンサンて何なんやろ?
ニックネームみたいなもんなんかなぁ~?

しかし今回も又謎が解けず!!なんか今までもの凄い早い展開だったのに、中だるみっぽい感じ。
つーか、ミニョンの子供の頃の記憶がないのは自分でおかしいと思わんのか?って不思議だったんですが、何?新しい記憶を植え付けられた?
チュンサン本人なの?それともクローンなの?中身違うの?
次回からいきなりSFドラマなんて事はないよな!?(ないない。)

2003/06/19 12話 10年前の真実

ヤッター!!ついにチュンサンって事が分かったぞ~!
でも、でも、みんなの前で思い切って告白して欲しかったなぁ。
そしたら一気にサンヒョ君悪者になんのに(笑)

今日のサンヒョ君は、出だしはいつものユジンの意見無視の勝手な行動をして「なんだか今日は気分がいいな~」なんて笑顔で言いながら(←そりゃオマエはな(笑))車運転してたけど、途中からチュンサンの出生の秘密をミニョンの一歩遅れで探り出し、それから後は死んだ魚のような目になってました(笑)
しかし、いくらチュンサンの事で頭がいっぱいとは言え、デートの途中?でユジンを道端に置いてってバスで帰らせるってどーよ?
せめて家まで送ってけっつーの~。
ユジンをとられまいと裏工作にせっせと励む前にユジンを自分に惚れさせるような行動をとった方がいいよサンヒョ君。

ユジンを湖から連れて帰った夜の車の運転で、バックミラーに映る虚ろな目のサンヒョ君と普通に後ろから映るユジンという、前回に続くまたまた変なアングルには笑ってしまいました。ほんと、バックミラーのサンヒョ君に魂入ってなかったよ(笑)
しかも、その後踏み切りを渡ったまん前で堂々と車を停め、相変わらず似合わないタバコを吸って気分を落ち着けようとしたんだろうけど、もの凄い勢いで鼻から煙を出し、その後もしばらく鼻からかすかに煙が昇り続けていたのには爆笑です。ほんと君はイカしてるよ(笑)

さ~、来週はいよいよ急展開か?チュンサンの記憶を取り戻せるのか!?
ユジンはミニョン=チュンサンを認めないのかっ!?
そしてサンヒョ君の二重人格化は更に進むのかっ!?(←コレ大事)

2003/06/26 13話 追憶

もどかしいっ!!もどかしすぎるっ!!
もどかしすぎて体がむず痒くなるくらい今回はもどもどしてました。

ミニョンがチュンサンって言い始めてからのサンヒョ君はもう嘘しかついてません。
「俺だってチュンサンになりたかった!」
なんて面白い事も言ってましたね。残念だけど君は鼻たれサンヒョ君以外ありえないよ。
つーか、今回初めてミニョンさんも鼻水たらしてしまったんですが、あれは涙鼻水というフェイクなので(なんだそりゃ(笑))、やはり本物の鼻水を光らせていたサンヒョ君にはかなわないのです。

ミニョンがサンヒョ君に会いに行って「僕はチュンサンじゃありません。アメリカへ行きます。」
と笑顔で去ろうとしてるのに「チュンサン、生きててくれてありがとう」なんて握手を求めてくるサンヒョクを絞め殺したくなりました。
(思っただけですってば(笑))
チェリンはチェリンで今ごろ探偵にチュンサンとミニョンの同一人物性を探らせてるし、サンヒョク&チェリンがタッグを組んでユジンに秘密を知られまいとがんばっちゃうし、こんなに息ピッタリの
こいつら2人が結婚したらいいのに。

さ~て、来週の予告によると・・・、ユジンがミニョンの手紙を見てチュンサンだって気づいて追いかけるようですが・・・、
え?ミニョンさんまた死んじゃうの?(笑)

そうそう、カン・ジュンサンとチュンサンというのは、韓国語の発音の違いで、
下の名前で呼ぶときに濁音は使わないらしいです。
と、うちの掲示板で教えていただきました。
ぴょんぴょんさん、ありがとうございました。

2003/07/03 14話 二度目の事故

アメリカへ飛び立とうと空港に行くミニョンさん。
いつも通りマフラーをして空港の中を歩いてましたが、空港を行き交う他の人を見て、何でコイツ一人だけマフラーしてんだ?
と思ってしまいました。実は寒がりミニョンさん。またの名をマフラー男。

そうして歩いてる途中で行儀の悪い子供が靴をミニョンさんの前にほっぽりだして履かせた時にチュンサンの記憶が少しだけ戻ってましたが、前にユジン本人に靴履かせてたのに、何であの子供で戻ったのか不思議です。

そんなタイミングのいい時にユジンに見つけられ、呼ばれた方を振り返ると・・・感動の場面ぽいのに激しい逆光で顔が見えねぇ(笑)
あまりにも黒すぎるユジン。
んでもって抱き合う2人!「チュンサンだったのね」ウルウル・・
ってそれ、前回何度も申告してたんですけどね。(笑)

つー事で、アメリカ行きを一日延ばして?ホテルに即効戻ってる2人(笑)。
まーこれが噂に聞くカットって奴かい?知らんけど。

そして今回のサンヒョ君は寝てる場面から登場です。
UFOを呼び寄せるような携帯の呼び出し音に起こされ、チンスクからユジンの事を聞いたサンヒョ君はすぐにユジンの家へ。
そこにはオロオロするチンスク。
胸にヒマワリのワンポイントのついたほのぼのジャージ姿そして不釣合いなバッチリメイク(夜中なのに)がより一層危機感をふくらませてました。(別の意味で。

ミニョンさんが事故に遭ってユジンが看病。
相手は重体だから仕方ないですサンヒョ君。
しかし、外へ出る時の病院のドアはいつも開けっ放し。
ちゃんと閉めろよ(笑)
それにしても、何でサンヒョ君はいつも黒ずくめなんだろう。
そして不精ヒゲ。

まぁ、他にも病院の窓から見える雪が至極不自然な降りかたをしてただとか、ユジンはコートを着てベッドに寝てただとか、あんなに怒ってたミニョン母さんが日本から戻ってきた時はとても素敵な笑顔をしてただとか色々思う所があったりもしましたが、チュンサンの記憶が戻ったっつー事で、次回予告、今まで無害そうだったヨングクが悪者に!?(笑)

2003/07/10 15話 過去への旅路

ユジンとチュンサンが病院を退院する所からいきなり手ぇつないじゃってるからビックリだよ!(笑)
ユジンって前に貴方がチュンサンでも私はサンヒョクを選びますって電話でミニョンにきっぱり言ってたのに、ありゃ~何だったんだろうって感じもあったりなかったり・・。(笑)
サンヒョ君は今回は廃人化する事もなく素直に身を引いちゃったからちょっと寂し~。
そして少し期待していたのにやっぱり無害のヨングクでした。
それにしても、レストランからチェリンが出て行きサンヒョ君が出て行ったその後、何故かゴリラ先生もいなかった。先生は何処へ?(笑)

え~と、今日はオークションをチェックしながら見てしまったので、いつもより集中せずソナタ鑑賞してしまい、なんだか印象が薄いんだけども、チュンチョンでユジンがチュンサンに記憶を思い出させようと空気バレーしてた場面なんてすっかり忘れてて、チュンサンがその時の事を思い出そうとしてる時に、私も「あ~、ユジンってマチコ巻きしてたんだ~」とシンクロしてみました。

でもチュンサンは全然昔の事を思い出さず、
「ユジンの為にチュンサンの記憶を取り戻したいんだ」
っていうのに対してユジンは
「これから二人で思い出を作っていけばいいじゃない」
みたいな事をサラリと言っていた。
あれ?なんかユジン余裕っぽくない?
それまでは「記憶を思い出した?思い出した!?」って必死だったのに(笑)

大晦日の待ち合わせの場所でチュンサンが記憶を取り戻すっつー少し前の場面かな、奥の方に結構な野次馬観衆がカメラに映りこんでおりました。
なんだかなぁ~(笑)

まーとにかく、今回はいつもより集中力が欠けていたんですが、
これだけは言えます。

ユジンは父親に全然似てないだろ

2003/07/17 16話 父の影

あ~ビックリした!
いきなりのだいどんでん、サンヒョクとチュンサンが異母兄弟かと思っちゃったよ~。
つーか、サンヒョクパパのあの態度からして、ミヒさんは2人共とやりまくり
やったっつー事だよね・・。
ス、スゲー・・。そして子供たちもまた同級生って事を考えると
ミヒさんは2人の男を手玉に取る愛人もしくは浮気してたって事かな?
今までスゲー純粋で奥手なドラマって感じやったけど、パパママ達の時代は凄かったのね(笑)
つー事で、これではっきりとユジンとチュンサンが異母兄弟って分かったけど、そんな事全く知らずに結婚式場に勝手に入り込んで予行演習っぽい事をやっちゃう二人。
今まではユジンとチュンサンが好き合う事を快く見てたけど、最後にチューした時に、ちょっと気持ちわる!って思ってしまいました。いやぁ、兄弟って考えてしまったら、なんか、ね。(笑)

チュンサンのお誕生会っつー事で、ユジンがチンスクに声をかけ、チンスクがこっそりと他の皆も誘ってしまおうという余計な行動に出てましたが、チェリンの前でのあの電話の態度は、ワザととしか思えねえ(笑)
サンヒョ君も来ないと思ってたのにいきなり来てすぐ帰っちゃうし、チェリンは相変わらずしつこいけど、そのしつこさがサンヒョ君よりも下なのでつっこみ甲斐もあまりなく前半はつまんなかったなー。
しかし、お誕生会でヨングクの隣に座ってたオッサンは一体誰だったんだろう。

あ、そうそう、どうやらユジンは父親によく似てるって他の人にも言われるそうですね。ユジンが父親に似てるっつーよりも、父親はマンボーに似てると思うのですが。
ミヒ「あなたの父親、マンボーに似てるわね」
ユジン「ええ、よく言われます」

次回のソナタは一ヵ月後かぁ~。
なんか今までの内容全部忘れちゃいそうだよ(笑)

2003/08/08 特番「あなたのための冬のソナタ」

特番やるくらいなら本編放送したらいいのに。
なんて思いましたが、まぁいいでしょう。
あまり今までのダイジェストもなく、どっちかっつーとインタビューがメイン?
つーか、出てきた人、ポラリスペンダントしちゃってたよ・・(笑)
韓国で大量にポラリスペンダントが販売されてるの見ると、なんだかポラリスペンダントのありがたみ消失(笑)
ミニョンマフラーも生産が追いつかないようで・・日本でもやっちゃう人はやっちゃうんでしょうが、今は夏という事を忘れずに。熱中症になっちゃうよ?

キャスト達のインタビュー見て思った事
・ペさんの日本語うまいね
・ペさんのデビュー凄かったんだね(坊ちゃん刈り?(笑))
(・あ、チェさんのデビューもね。)
・チェさんはカメラ回ってない所じゃ性格悪そうな感じが・・(悪女っぽい役凄く似合ってたし(笑))
・ソルミさんは普通っぽいね
・ヨンハさんのインタビュー時の髪型はミニョンヘアーか?

今週のキーワード
「微笑みの貴公子」「涙の女王」「ピーターパン」

2003/08/14 17話 障害

なんか今日って、本編の前に特番やってたんですね・・。
いやぁ~、そんなのすっかり忘れてて、本編が始まる5分前にTVの前に行ったら母親が一人で見てて愕然としました。
母親がちゃっかりNG集等を楽しんでいたそんな時、何も知らない私は自室でワキ毛抜いて喜んでました。
チクショォオオ!!!我欲永久脱毛!

つー事で母から聞いた話によると結構面白かったみたいでくやしい限り。
でも前の特番も再放送したから今回も再放送あるかな~?っと期待。
しかも今日は毎週楽しみにしているヤングスーパーマンを初めて見逃してしまって、ダブルで自分が憎い!憎い!

さ~て一ヶ月ぶりのソナタ。前半は結構ダルダルで見てて寝そうになっちゃいました。
しいて言えば、雪遊びがエスカレートして大変な事になってた事くらいかな。

最近のサンヒョ君はおとなしくてあまり目立たなかったのでつまらなかったんだけど、今回はユジンとチュンサンの結婚話を機に仲直り。
チュンサンが結婚を許してもらえないっつー事をサンヒョ君に言った時、サンヒョ君曰く
「かけおちしちゃえよ。親も友達も皆捨ててさ・・・俺ならそうする・・」
とポツリ。やはり言う事が違いますなぁ!
うんうん、君はそうだよそうだよ(笑顔)

ところで今回の微笑みの貴公子といえば、兄弟という真実を知った後は笑顔がぎこちなく情緒不安定気味でした。
写真を見た時なんてガーンって効果音出しちゃうし、横から下からスライドしちゃうし(笑)
そして来週予告
「僕は今、彼女を手放そうとしている・・」
ソナタ初の一人称語りか!?

2003/08/21 18話 運命のいたずら

二人でこっそり結婚式挙げてんのに、扉をズガーン!って派手に開けて入ってくるサンヒョ君。
そして有無を言わさずユジンをさらうサンヒョ君。
いやぁ~、カッコイイったら(笑)

ユジンとチュンサン、夜に海へドライブに行ってたけど、海に着いたのは夜だったのに、なんかいきなり朝になってました。そしてはしゃぐついでに金を漁り始める二人(笑)
あんなにたくさんのお金が落ちてるなんていいなぁ韓国の海。

今日のソナタは結構小物が活躍してたように思います。
まぁあの全然脈絡のない子犬はピーターパン監督という事で大目に見ときますが、ユジンとチュンサンが泊まったホテルの軒先にはイカの干物が(笑)
その後、また海へ出ていく途中のコンクリートの道では、ユジンとチュンサンを挟んで、前側には大量のイカが、
後ろ側には大量の鳥が、というシリアスドラマでは考えられない面白い構図でした。

それにしても、微笑みの貴公子はもはや涙の貴公子に。
そりゃ悲しいのは分かるけどさー、海に物を投げ捨てるのはいかんですよ!しかも投げ捨てる時には何故か直ってるポラリスネックレス。
あれはきっと韓国で大量に売られているフェイクなんだ(笑)

んで、チュンサンが出て行った後にユジンが外へ出ると意外にもサンヒョ君が!(笑)
そしてユジンはサンヒョ君に引っ張られてコンクリの道を通りながら帰るのでしたが・・
その時の画面左隅には首をもたげたイカが(笑)

うちの今夜の夕食はイカの刺身だったんで、
なんだか今日はイカに縁のある日だなぁ~と思ったのでした。
かしこ

2003/08/28 19話 父と子

いやぁ~、最後の父ちゃんの顔が面白いのなんの・・(笑)
今までこのドラマの中で、情緒不安定な人たくさんいたけど、今回の父ちゃんには誰もかなうまいて。
息子と分かった途端にもの凄く優しい顔でチュンサンを見つめたり、ふっと狂気じみた目になってみたり(笑)

それにしてもミヒさんのあんな嘘ってありかいな?
自分で自分に思い込ませようとしてたんなら、チュンサンに真実を聞かれても、「いいえ!貴方はヒョンスの子よっ!」と言い張るべきかと。そしてミヒ母さんは精神病院行き・・っと(マテ(笑))
でも、ユジンとチュンサンが同学年ってのがおかしいって言ってたけど、じゃあなんだ、サンヒョ君とも同学年つーのもおかしくないのかい?えぇ?
まーどっちにしろやりまくりであった事は確かなんだね~。

あぁ、それとサンヒョ君、左手の薬指にまだ指輪してたって凄いね。
やっぱ君はそうでなくっちゃあネ!
そしてチュンサン(今回ちょっと犯罪者顔)は影からそっと色んな事を見守るのでした・・(笑)

他に思ったどーでもいい事
・ユジンが真実を知った時、「本当なの?」と「来ないで!」をそれぞれ
3回言っていた。しつこいっつの(笑)
・チュンサンが入院していた部屋にあった丸っこいものは何だったんだろう。
炊飯ジャーか?布団乾燥機か?
・あの無意味な子供の出番は前回の子犬みたいなもんかな
・ユジンが墓場で何かしゃべってた時、なんで崖下?みたいな所にいたんだろう。
草場に隠れて落とし穴にでも落ちたか?

2003/09/04 20話 冬の終わり

久しぶりに展開が速く、ドタバタしていた最終話。
最終話にしてサンヒョ君はまたもや嫌な奴に逆戻り。
ここ最近の物分りの良かった彼はどこへ?(笑)
チュンサンとユジンが兄弟って分かった時は同情してたのに、兄弟じゃないって分かった途端にこれだよ。(笑)
と思っていたのも束の間、嘘をついているという罪の意識に苛まれ、いい奴に蔵がえり。
今回のサンヒョ君、大忙し。
ストーカーっぷりも少し復活してて大活躍の最終話でした。

しかし、3年後って・・このドラマ5ヶ月くらいしかやってなかったのに、全部で13年分の月日かいな(笑)
まぁ、それはともかく、サンヒョ君とユジンが結婚して子供まで出来て幸せニコニコ夫婦!?と思ったけど、なんだぁ~チンスクとヨングクの子供かよ~。ちぇ。
そしてチェリンは最後なのに窓からのワンシーンのみ(悲)

結局ユジンはチュンサンを追わずにフランスへ一人で留学という事で、チェリンの時もそうでしたが、帰ってきた時には髪が巻毛になってました。
やはりフランスと言ったら巻き毛。(なのか?(笑))

そして一方のチュンサン、なんか凄く弱々しくなっちゃって、かなり別人(笑)
つーか、目が見えないのに一人で家の中歩き回っちゃって危ないよ~!テラスから落ちちゃうよ~!紅茶誰が入れたんだよ~!(笑)
しかも鍵もかけずに出かけちゃうし、無用心にも程が・・。
それにしても、チュンサンは手術した後もキム次長とだけは連絡取り合ってたんだね。最後になって言いますが、私、キム次長は最初に見た時から陣内やな~と思っとりました。
どーでもいい事です。

まー今回で終わりな訳ですが、長かった冬(13年間)も終わってやっと春が来たっつー事でしょうにゃ~。

2003/12/14 特番「冬のソナタはこうして生まれた」

明日から再放送っつー事で、いやぁ、久しぶりにソナタ見たね。
ピーターパン監督来日しちゃってるし(笑)
前回の特番の時は、監督の顔あんまり記憶に残らなかったんだけど、鴻上尚史とえなりかずきと手塚治虫を足して割ったような顔やね。
そしてついでに、Ryuさんも来日してるし(笑)今思うと、美しき日々のミンチョルに似てるなぁ~と思った。Ryuさんスタジオで歌ってくれてたけど、声が小さすぎ。NHKの音声さん、もっと上げてくれないと~!(せっかく来日してくれたのに。)しかも日本語の歌まで披露してくれて大サービス!左手は何かを抑えているような感じやったけど(笑)最近のぺさんって、髪が黒くなって、ミニョンの時と比べるとなんか老けて見えたなぁ~。番組で韓国の状態が紹介されてたけど、ぺさんのポスターや看板がありとあらゆる所に密集してるのには笑った(笑)
今回の特番は、NGシーンとか裏話とか見れてなかなか面白かったっす。サンヒョ君、ズボン焼けてるし(笑)
韓国の他のドラマも紹介されてたけど、「殴れ!」ってタイトル凄いよなぁ~ストレートでいいよなぁ(笑)ネットでストーリーを決めてるってのも面白い!韓国のドラマ面白そうなのたくさんやってていいなぁ。
つー事でサランハムニダ!(何だその締めは・・・(笑))

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【楽天市場】ランキング市場 【調味料】

楽天ウェブサービスセンター