ひょっこり東南アジア

  • タイトル: ひょっこり東南アジア
  • 著者: 鈴木麻里子
  • ページ数: 約232ページ
  • 発売日: 2012/08/24
  • 内容: ニュージーランドを思いっきり楽しんだと思いきや、仲良くなったスペイン人のマークとデイビッドを追いかけてタイへ!? 初めての東南アジア一人旅、ご多分にもれず騙されるのは育ちの良い日本人の性でありましょうや。 イラスト&お笑い満載!「思いっきりニュージーランド!」の後のお話。
    第1回宮帯出版大賞」最終候補作品。
    紙媒体では1000~1200円の販売を想定していました。

サンプルを見る


現在、アマゾンでの独占販売となっています☆
kindleというアプリ(無料)を使い、iPhoneやAndroidなどで読めます!

世界中のアマゾンストアでも販売されています☆
アメリカイギリスドイツフランススペインイタリアカナダブラジルオーストラリアインドメキシコ


もくじ

  • はじめに …… 2
  • 旅の軌跡 …… 4
  • 自己紹介 …… 8
  • 第1章 主にタイ編 …… 9
    • 1 序章 …… 10
    • コラム ストップオーバーで広がった旅 …… 14
    • 2 寝床を探して三千里 …… 16
    • 3 タイに到着 …… 26
    • コラム ドミトリーってこんな感じ …… 32
    • 4 タイのセレブ …… 33
    • 5 タイを歩く …… 38
    • コラム 値切りのテクニック …… 42
    • 6 危険な海外 トゥクトゥクでカオサンへ …… 43
    • 7 バンコク観光1 親切な詐欺師 …… 51
    • 8 バンコク観光2 王宮周辺はペテン師天国 …… 57
    • 9 鉄道でアユタヤへ …… 69
    • コラム 携帯が使えるようになった話 …… 78
    • 10 アユタヤ遺跡巡り …… 79
    • 11 ナイトマーケットのオッサン …… 90
    • 12 アユタヤを出る …… 101
    • 13 鉄道でカンチャナブリーへ …… 106
    • 14 騙されボッタくられ泰緬鉄道 …… 116
    • 15 カンボジアへ行こう …… 128
    • 16 カオサンのゲストハウス …… 138
    • コラム 予約のできない安宿 …… 143
    • 17 バンコクの友達 …… 144
  • 第2章 マレー鉄道編 …… 153
    • 18 マレー鉄道の旅 …… 154
    • コラム 大事なものは腹とネットの中? …… 165
    • 19 クアラルンプール …… 166
    • コラム 簡単に買えるマレー鉄道の切符 …… 173
    • 20 シンガポール …… 174
    • 21 旅の終わり …… 180
  • エピローグ …… 186
  • あとがき …… 190

本の経緯

2008年、「思いっきりニュージーランド!」が出版された後、私はその後のアジア編も本にしたかった。
なので、企画書を出版社に送った。
企画書は見事に通り、私は続きを書き始めた。
私が本当に書きたいのは、皆を笑わせる面白い絵とストーリー。
今回は買いやすいように、価格帯は1000~1200円あたりに抑えたい、とのことでモノクロ。
せっせと書いて、約3ヶ月、出版社に原稿を送った。
ところが待てど暮らせど連絡が来ない。
こちらから電話をしてみるも、「う~ん、えぇ、面白いですけど、その~・・・」といった気のない返事。。。
企画書が通ったのに、実際の原稿は通らない。かと言ってアドバイスももらえない。

私は次の本を出版し、それからタイへタイ式マッサージを習いに行きたいと思っていた。
しかし待てど暮らせど連絡はなし。
かと言って送った原稿が帰ってくる気配もなし。
駄目と連絡をくれれば、他の出版社にも送ってみるのに、一体どうすりゃいいんだっ(涙)。

とりあえず企画書は通ったんだから、時期がくれば出してもらえるかもしれない。

ということで、とっととタイへタイ式マッサージを習いに行ったのであった。

ハイ、結局のところ、3年経っても全くの音沙汰なし!
時代はiPhoneやiPad、kindleなどの電子媒体の時代に突入~!

出版社に連絡し、出版の見込みがないなら電子書籍として自分のサイトで売ることを伝える。
「お力になれなくてすみません・・・」
とのご返答。

駄目なら駄目って、もっと早く言ってほしい!!
書いたのも2009年だし、早く出したかった!!
せっかく書いたんだから世に出さずにお蔵入りなんて、死んでも死にきれんっ!!
よし、自分のサイトで出すぞ~!

と、こういう経緯で初の電子出版とあいなりました。

いやー、実際自分のiPod TouchやiPadで見てみたら、なかなかいいじゃないですか!!
これならもっと早く電子出版すれば良かったよ!
旅の途中にどこでもいつでも読めるし、海外に住んでる日本人の人にも読んでもらえるかもっ☆

読んだ感想、是非是非コメント下さい!
反応が良ければ、今までの旅の本、続々発刊予定です!

よろしくお願いします!



クリックしてもらえると嬉しいです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *