Let’s note CF-J10 Windows7のHDDをSSDに交換したら早くなって感動!

5年前に買ったノートパソコン(パナソニックのレッツノート CF-J10)を使っています、スーです。

写真
小さくて、旅にも持っていけるタフな作りなので、ずっと使っていますが、いかんせん動作が重い。。

起動してから使えるまで2~3分は待たねばならず、ネットをしてもたまにブラウザがフリーズして数秒待つなど、かなりストレスが溜まるようになっていました。。

そろそろ新しいノートパソコンを買おうかな・・・と思い調べてみても、いいのがないっ!
しかも、そこそこいいかなと思う機種は15~20万ほどして高いっ!(>_<)

う~ん、、でもこの遅さにはもう耐えられないし、、15万か。。。
今の状態でもスペック自体は悪くないから、この遅いのさえなんとかなればいいだけなんだけど。。

と、レッツノート等のキーワードで検索していると、ハードディスク(HDD)からSSDに換装ということをやっている人がいた。

ハードディスクをSSDに交換?
・・・これや!!

ハードディスクの読み書き速度が遅すぎる


まず、ハードディスクの速度を測定するフリーソフトをダウンロード。
CrystalDiskMark

インストールして、測定すると、、

写真
他の人がネットで公開している速度と比べて、
遅い!! 遅すぎる!!

例えるならカメが歩くレベル!?

すぐにSDDに交換や!!

SSDとケーブルを購入


早速アマゾンでSSDとケーブルを購入しました。

写真
SSD: Crucial MX300 525GB CT525MX300SSD1/JP 17,906円
ケーブル: Cyberplugs SATA-USB 3.0 変換アダプタ 1,080円



※SSDとパソコンを繋ぐためのケーブルを買いましたが、SSDケースを買った方が汎用性があって良かったと後悔しました。調査不足。

こっちにすれば良かった。



SSDをパソコンに繋ぐ


写真
SSDとパソコンをケーブルで繋ぎます。
※ケーブルは、USBポートに2箇所繋がないと不安定になるそうなので、ダイソーでUSBの延長ケーブルを買ってきて反対側のUSBポートにも繋ぎました。

ピポッ! と音がなって、SSDの準備ができました。

SSDにドライブ文字を割り当てる


SSDをパソコンに繋いで認識されたものの、まだドライブとして認識されていません。
なので、SSDにドライブ文字を割り当てる作業をします。

Windows7の場合:
コントロールパネル→管理ツール→コンピューターの管理→ディスクの管理

写真
「ディスクの管理」を開くと、「ディスク1」の約489.05GBが未割り当てとなっています。
これが繋いだ525GBのSSDです。

写真
ディスクを初期化します。
未割り当てのディスクの上で右クリック「ディスクの初期化」
「MBR」選択の状態で初期化します。

写真
ドライブ文字を割り当てます。
初期化の後、再び未割り当てのディスクの上で右クリック「新しいシンプルボリューム」

写真
次へ

写真
次へ

写真
「次のドライブ文字を割り当てる」で、好きな文字を選ぶ。
私は素直にDドライブにしました。

写真
「クイックフォーマットする」にチェックを入れて次へ

写真
無事にDドライブに割り当てられました。

写真
コンピューターを開くと、Dドライブが出現しています。
これでSSDが使えるようになりました、ヤッター!

ハードディスクの中身をまるごとSSDへ


ハードディスクの中身をまるごとSSDにコピー(クローン作成)します。

使ったフリーソフトはこちら
EaseUS Todo Backup(公式サイト)
EaseUS Todo Backup(窓の杜)
※公式サイトだとメールを入力する必要があったので、私は窓の杜からダウンロードしました。

ソフトをインストールして、バックアップ開始します。

写真
上段、右から3番目の「クローン」をクリック。

写真
コピー元はCドライブです。
「ソース」に「ハードディスク0」をチェック。
次へ。

写真
コピー先はDドライブです。
「ターゲット」に「ハードディスク1」をチェック。

写真
上でチェックした「ハードディスク1」の右側の「編集」をクリックすると、ディスクのサイズを編集できるので、めいっぱい広げておきました。

写真
下の「バックアップオプション」→「SSDに最適化」をチェック。
次へ。

写真
ソースにCドライブ(ハードディスク)
ターゲットにDドライブ(SSD)

となっているのを確認して、「実行」

写真
OKをクリック。

写真
私の場合、1時間45分でクローンが完了しました。
コピー前に、できるだけ余計なファイルを削除しておくと、少しでも早く終了します。

クローンが完了した後、私はリカバリーディスクを作っておきました。

リカバリーディスク作成


写真
「リカバリー作成ユーティリティ」で、windows7のリカバリーディスクを作成しました。
本来は、パソコンを購入した時に作るものですが、私は作っていませんでした。

なので、ついでに作りました。

ハードディスクをSSDに換装


いよいよハードディスクをSSDに交換します!

パソコンの電源を切ります。

写真
バッテリーパックを外します。

写真
ドライバーでネジを外します。

写真
金具をスライドさせて取りました。

写真
マイナスドライバーでフィルムを開け、

写真
ひっぱりフィルムを静かに優しくひっぱります。

写真
ハードディスクが出てきました!

写真
ハードディスクのケーブルを外します。
今までご苦労さまでした!!(>▽<)

写真
ハードディスクについていたフィルムを剥がし、SSDに装着しました。
そして、SSDをケーブルに繋ぎます。

写真
ハードディスクと同じように綺麗に中に収まりました!

金具をつけ、バッテリーを装着して、電源を入れます。
ドキドキの瞬間です!

写真
おぉーっ! ちゃんと起動しました!!

そして、早い! 起動が早いっ!!(>▽<。

今まで起動してから使えるまでに2~3分かかっていたのに、1分ぐらいで使えるようになりました~!!

しかも、ブラウザーもフリーズしないっ!!

素晴らしい、素晴らしいですSSD!!
一体今までなんだったんだ!?

もっと早くこの方法に気づくべきでした。

SSDの読み書き速度


さて、無事に換装できたところで、今度はSSDの読み書き速度をチェックしてみます。

写真
ハードディスクの時。
これが・・

写真
SSDの時。
約5倍も早くなりました!!
カメがウサギになりました!!(>▽<)

これでまだしばらくはレッツノートが使えそうです☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品:crucial

4280円~
レビュー(9件)
4280円~
レビュー(7件)
楽天ウェブサービスセンター