iPhone5のバッテリーを自分で交換

長年使っているiPhone5が充電しても、全く充電されなくなった、と弟が私に持ってきた。

ええっ!? とiPhone5を見ると、ななんとディスプレイが浮き上がってしまっているではないか!!

写真
ヒィイ~! なにこれ怖い!!
なんなのコレ!? iPhoneのくせに、こんな事起こるの!?
ディスプレイを戻そうとグッと押してみるも、全く閉じない。。

つまりこれは、バッテリーが膨張したってことデスカ??

そして、恐る恐る充電してみると確かにできない!
しかし、充電器に繋ぎっぱなしだと使えることが分かった。

つまり、、、バッテリーがお亡くなりになったということでしょう。。チーン。。

まさか天下のiPhoneでこんな事が起こるなんて・・・!(>△<)
まさかの「iPhone 膨らむ」で検索してみると、でるわでるわ・・・マジか。

呆然としつつ、いくつかの記事を読んでいると、iPhoneのバッテリーを自分で交換している人がいた! マジか!

という事で、私も自分で交換してみることにしました。

iPhone5のバッテリー交換


写真
アマゾンで一番安かった、バッテリーと工具のセットを購入(1,390円)。
(後で後悔。評判の良い、2番目に安いものにすれば良かった。※後述)

買ったバッテリー(おすすめしない)
BIG HEART Apple iPhone交換用 互換バッテリー (iphone5)

you tubeで「iPhone5 バッテリー交換」で検索し、念のため3つ程動画を見ると、めっちゃ簡単そう!
それでは、分解開始~!

写真
iPhone5の下側の小さいネジを2本、外します。
右と左でネジの長さが少~しだけ違うっぽい。

写真
ディスプレイの浮き上がっている部分に爪をかませ、コリコリと周りを開け、パカッと開けました。
上の方はコードで繋がっているので、無理にひっぱらないように。

うぁあ、バッテリーがポコーンと膨らんでるっ!!
ってゆーか、埃が入り込んで汚いっ!!(>△<)

写真
ここの2箇所のネジを外し、押さえのプレートを取って、コネクタを外します。

写真
バッテリーの左の隙間にコテ(?)を入れて、バッテリーを外します。
両面テープで固定されていて、簡単に外れなかったので、ボディ裏側から軽くドライヤーをあてたら綺麗に外れました。
(※温度を上げすぎると危険なので、ぬるい程度で。)

写真
無事に外せたバッテリー。

そして、アマゾンで買ったバッテリーに交換しようとiPhoneにハメてみると、、、ななんとコネクタのコード部分(写真の赤丸)の長さが3ミリほど長いやないかっ!?

さすが中国・・・なにこのツメの甘さ。

う~ん、う~ん、たかが3ミリと言えど、このせいでコネクタにハマらない。。

困った。。。この時点で返品か? 面倒くさいなぁ~。。。
・・・と何度かトライし考えたあげく、

写真
テープで固定されていたコードのテープを切り、コードをよらせて何とか成功。。。
これは難しすぎる。。できない人たくさんいるだろうなぁ。。
普通この時点で返品だよ。。
販売元さん、出荷前に確認して。。

写真
ディスプレイを閉じる前に、バッテリーをはめた時点で、電源が入るかチェック。
おぉ、ちゃんとついた!!

この時点で電源が入らなければ、不良品で返品するつもりでした。

電源を切り、ディスプレイを本体にはめ込み、最初に外した下側の2本のネジをしめる。

写真
じゃ~ん! ディスプレイも綺麗にはまりました!

写真
ヤッター! iPhone5が蘇った~!!(>▽<)

iPhone5のバッテリー交換は、ZenFone6のディスプレイ交換に比べたら凄い簡単で、実際20分ほどでできました~。

写真撮ったり、コードの長さ問題がなければ、10分ぐらいでできたと思います。

ということで、弟に「iPhone5直ったよ~」と返すことができました♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品:iPhone バッテリー交換

1380円~
レビュー(1400件)
楽天ウェブサービスセンター